神社3
神社1

星読みヒーラー・yujiと、セルフケア美容家・本島彩帆里に聞く【神社を訪れる際に気をつけること】 Travel 2022.12.31

自分とご縁のある神社を見つけたり、神様からの後押しをいただくために、気をつけておきたいことや心構えとは? ちょっとした意識の違いで、神様からのサインにもっと気づきやすくなるかも。

Keep in mind #1|自分軸の感覚を研ぎ澄ます。

神社3

yuji:神社を訪れる際に気をつけることというか、生き方にも当てはまってくるんだけど、外の情報を取り入れるのはいいけれど、振り回されないようにしてほしい。

本島:自分軸をしっかり持つということですね。

yuji:そう。例えば「ここの神社がいい」とか「ここがパワースポット」だと誰かに聞いて、盲信的にそこだけに行くのも悪いことではないけれど、何社か巡るようになると、「ここは好き」とか「ここは違うな」「ここは特別なときに行きたい」など感覚的にわかるようになる。この感覚を育てるためには、10社とか20社とか代表的な神社を回ってみることが大事。

本島:ご縁がある神社はひとつとは限らないですもんね。あと、相性もそれぞれ違いますし。

yuji:ファッションや食の好みが変わるように、自分の波動も変化する場合もある。その自分自身の変化にも敏感にならないといけない。

本島:感度を上げるって大事ですね。

yuji:本島さんみたいに、神社に行って自然と泣けてくるほど感度の高い人はなかなかいませんが……。

本島:(笑)。

yuji:外の世界ばかり追いかけたり、誰かの意見に振り回されてしまうと、感度はどんどん鈍くなってしまう。自分のパッケージと自分の心や魂が相思相愛でないのに、社会といくら相思相愛になろうとしても、そこにギャップが生まれてしまうのは当然なんですよ。まずは自分と自分がシンクロするレベルを上げることを意識してみてください。

本島:自分は本当に何が好きで、何を心から望むのかを知らなければいけませんね。

yuji:意外とわからない人って多いんです。自分自身を知ることは、自分軸の感覚を取り戻すことに繋がる。そうすれば、神社もそうだし、カフェや公園、人付き合いだって、本当に心地のいいところが見えてくる。その感覚さえわかるようになれば、どこだってパワースポットになり得るんですよ。

Keep in mind #2|願掛けではなく宣言や感謝を述べる。

神社2

本島:私が参拝するときに意識しているのは、“願わない”こと。というのも、神社の拝殿には鏡が置いてあるから、自分を映す場所だなって思っていて、お願いごとをするよりも、心の中で宣言したり、感謝をしたりするようにしています。

yuji:ドンピシャ! 完璧だと思います。よく聞く話かもしれませんが、“かがみ”から真ん中の“が(我)”を抜くと、“かみ(神)”になるんですよ。つまり、鏡と自分という人間が正対するときに、我を取ることで、自分たちの中にある神性なるものを取り戻していく。そこを思い出す場所が神社なんですよ。

本島:奥深い~!

yuji:だから、必死に願掛けするのではなく、自分自身が神ってる存在なことを思い出す。そのぐらいの余裕を持てば、サラッと願いを引き寄せられるようになるんです。

Keep in mind #3|人様のおうちにお邪魔する感覚で。

神社1

本島:神社にお参りに行くときに気をつけるべきことってありますか?

yuji:参拝は、絶対的に午前中にしてほしい。遅くとも15時までが基本。

本島:以前、そのことをyujiさんに教えてもらってから、夕方は行かないように気をつけています。

yuji:16時ぐらいになると、波動が一気に入れ変わるんですよね。せっかく神社にお参りに行ったのに、変なものを憑けて帰ってきてもしょうがない。縁日などでない限りは避けた方がいいでしょう。

本島:服装とかはどうしています?

yuji:個人的に気をつけてるのは、短パンやタンクトップ、サンダルなどのラフな服装は避けるぐらいかな。神社は神様のおうちだから、人様のおうちにお邪魔するときに失礼がないように。あと、参拝後はそのままにせず、何かしらの御利益を感じたら、きちんとお礼参りも行きましょう。

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR