419B9130-71AD-41C3-96D3-6CDEBBFF20FC
419B9130-71AD-41C3-96D3-6CDEBBFF20FC

スモールラグジュアリーなホテルにステイ。 【名古屋】重要文化財に触れる、泊まる〈THE TOWER HOTEL NAGOYA〉。 Travel 2022.12.15

1954年に日本で最初に完成した高さ180メートルの集約電波塔「名古屋テレビ塔」は、名古屋のシンボルとして約半世紀以上、 地元の人々に愛されてきました。そんな歴史あるテレビ塔の中に、都市型オーベルジュとしてローカライズされた ホテル〈THE TOWER HOTEL NAGOYA〉が誕生。「世界初の泊まれるテレビ塔」として話題のホテルをレポートします。

名古屋のランドマークタワー〈THE TOWER HOTEL NAGOYA〉。

名古屋〈THE TOWER HOTEL NAGOYA〉
〈THE TOWER HOTEL NAGOYA〉のコンセプトは「ローカライジング」。
〈THE TOWER HOTEL NAGOYA〉のコンセプトは「ローカライジング」。

名古屋が誇る繁華街、栄エリアにある〈THE TOWER HOTEL NAGOYA〉(重要文化財)は、「名古屋テレビ塔」の一部を改装し、2020年10月1日にレストランを兼ね備えたスモールラグジュアリーなホテルとしてオープンしました。

カフェ〈Farm&〉。
カフェ〈Farm&〉。
名古屋〈THE TOWER HOTEL NAGOYA〉

1階はカフェ〈Farm&〉、2階はランチやアフタヌーンティーを楽しめるレストラン&バンケット〈lily〉、4階と5階は〈THE TOWER HOTEL NGOYA〉のゲストルームとディナーを楽しめるレストラン〈glycine〉となっており、名古屋近郊で育まれた伝統文化、アートやクラフト、地産地消の食材などを国内外に発信。世界のセレブお墨付きの「スモール・ラグジュアリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールド」に選ばれており、一度は泊まってみたい憧れのホテルとして人気が高まっています。

地域で育まれた文化・伝統・食材・アート・クラフトなども世界に発信。

フロントには杉戸 洋氏によるモザイクタイルのアートが。焼き物やタイルが有名な名古屋ならでは。
フロントには杉戸 洋氏によるモザイクタイルのアートが。焼き物やタイルが有名な名古屋ならでは。
「スモール・ラグジュアリー・ホテル・オブ・ザ・ワールド」の称号を受賞したホテル。
「スモール・ラグジュアリー・ホテル・オブ・ザ・ワールド」の称号を受賞したホテル。
常滑焼などここでしか買えないアート作品もある。
常滑焼などここでしか買えないアート作品もある。

エレベーターに乗って4階へ。同フロアには、レセプションとレストラン〈glycine〉があります。ロビーにはタワーのオブジェや地元アーティストによる、アート雑貨やオリジナルのタワーグッズを販売。

鷲尾 友公氏デザインのグラス。
鷲尾 友公氏デザインのグラス。
オリジナルキーホルダー。
オリジナルキーホルダー。
オリジナルエコバッグ。
オリジナルエコバッグ。
ブルーが美しい常滑焼。
ブルーが美しい常滑焼。

地産地消の滋味が溶け合う郷土料理が味わえるレストラン〈glycine〉。

名古屋〈THE TOWER HOTEL NAGOYA〉
愛知県の伝統工芸、水引きで飾られている。
愛知県の伝統工芸、水引きで飾られている。
名古屋〈THE TOWER HOTEL NAGOYA〉

フロントと同じフロアにある〈glycine〉は、東海三県の海山川の恵みを贅沢に用い、郷土の歴史・文化も取り入れた「レジョナール・キュイジーヌ」が味わえるレストランです。地元作家のテーブルウェアやインテリアが彩る上質な空間は、特別な日はもちろん、普段の日でも来たくなるような温もりを感じます。

名古屋〈THE TOWER HOTEL NAGOYA〉

「一口のお楽しみ」は、スペシャリテ・フォアグラプリンと季節のアミューズ。揚げたてのチュロスはビーツを使用。さっくりもっちりとした食感が楽しめます。鱈のリエットに鱒子を添えたモナカ、そして鰤のタルタルを昆布のサブレーに乗せたもの。どれも小ぶりながらインパクトの強い味わい。

前菜は「カリフラワーの冷製スープ」。カリフラワーの他に、ロマネスコやオマール海老、天使の海老、伊勢赤鶏など、東海の食材を贅沢に使用したスープ。
前菜は「カリフラワーの冷製スープ」。カリフラワーの他に、ロマネスコやオマール海老、天使の海老、伊勢赤鶏など、東海の食材を贅沢に使用したスープ。
魚料理は「鱸のポワレ マイヤーレモン・ブロッコリーのギモーヴ」。
魚料理は「鱸のポワレ マイヤーレモン・ブロッコリーのギモーヴ」。
メインは「飛騨牛すね肉の赤ワイン煮込み 茸」。
メインは「飛騨牛すね肉の赤ワイン煮込み 茸」。
テラリウムのように美しいスープ。
テラリウムのように美しいスープ。
コンディメントは、バターとオリーブオイルの他にナッツやスパイスで作ったデュカも楽しめる。
コンディメントは、バターとオリーブオイルの他にナッツやスパイスで作ったデュカも楽しめる。
マイヤーレモンのフレッシュな酸味とほろ苦さが鱸とよく合う。
マイヤーレモンのフレッシュな酸味とほろ苦さが鱸とよく合う。
濃厚な味のワイン煮込みにフォームミルクが合わさってまろやかな味わい。
濃厚な味のワイン煮込みにフォームミルクが合わさってまろやかな味わい。
デザートは「テリーヌ・オ・ショコラ」。
デザートは「テリーヌ・オ・ショコラ」。
マカロンやマドレーヌ、フィナンシェ、メレンゲクッキーなど「ミニャルディーズ」を一皿分、好きなだけいただける。
マカロンやマドレーヌ、フィナンシェ、メレンゲクッキーなど「ミニャルディーズ」を一皿分、好きなだけいただける。

おいしい料理をいただいた後は、ワゴンで提供される「ミニャルディーズ」を好きなだけいただけます。ミニャルディーズとは“mignardises”と綴るフランス語で、食事の最後にお茶と一緒に出てくるミニサイズのお菓子のことです。食事が終わった後も幸福感に包まれて、ずっと笑顔でいられる素晴らしいレストランでした。

〈Glycine(グリッシーヌ)〉
■ 052-953-4454
■ 朝食 7:00〜10:00 (9:00LO)※宿泊者のみ、ディナー18:00〜22:00(19:30LO)

アートな空間の中で名古屋の街が一望できる「ゲストルーム」。

瀧本 幹也氏コラボアート「パークビューコーナースイート」。
瀧本 幹也氏コラボアート「パークビューコーナースイート」。

モルタルやタイル、そして構造材である鉄骨のあるゲストルームは、この場所でしか出会えない「歴史」の香りと、モダンテイストな空間の中で過ごせます。ベッドは地元愛知で誕生したエアウィーヴを採用。素材の高反発特性による寝返りの良さと、体圧分散により身体への負担が少なく心地よく眠れます。

「フォレストビューダブルルーム」からの景色。
「フォレストビューダブルルーム」からの景色。

ゲストルームにも鉄骨があることで、ここがタワーの中なのだということを常に感じて過ごせます。そして、窓の外は緑豊かなセントラルパーク。名古屋らしい景色が一望できます。

森北 伸氏 コラボアート「フォレストビューツインルーム」。
森北 伸氏 コラボアート「フォレストビューツインルーム」。
白澤 真生氏コラボアート「フォレストビューダブルルーム」。
白澤 真生氏コラボアート「フォレストビューダブルルーム」。
渡部 裕子氏コラボアート「パークビューダブルルーム」。
渡部 裕子氏コラボアート「パークビューダブルルーム」。
「パークテラススイート」。
「パークテラススイート」。
名古屋〈THE TOWER HOTEL NAGOYA〉

感性に浸る、泊まれる「ギャラリールーム」は一日一室限定。
ホテルの一室をギャラリー化した、「美しいものたち」と対峙するためのシンプルな空間には、テレビもソファもありません。この部屋にあるのは、地元アーティスト達による作品と寝具、バス・サニタリー空間のみ。展示する作品は、ホテルのコンセプトに基づき、東海エリアに縁のあるアーティスト達が企画展を開催されるユニークなお部屋です。作品の世界観にどっぷりと浸りたい人にピッタリ。

壁面いっぱいに描かれたコラボアートに癒される「フォレストビューダブル」。

名古屋〈THE TOWER HOTEL NAGOYA〉
名古屋〈THE TOWER HOTEL NAGOYA〉
名古屋〈THE TOWER HOTEL NAGOYA〉
鷲尾友公さんのパズル。
鷲尾友公さんのパズル。
冷蔵庫の中には名古屋の地ビールやおしゃれなドリンクが。
冷蔵庫の中には名古屋の地ビールやおしゃれなドリンクが。
名古屋〈THE TOWER HOTEL NAGOYA〉

大きな女性の身体を山に見立てて描いた壁画は、鷲尾 友公氏のコラボルーム。子どものころ、実家の窓から見える山を眺めながら、山の向こうには何があるんだろうと不思議に思っていた記憶がモチーフ。ゆったりと流れる時間も感じられ、気がつくとふんわりと癒されてきます。

アーバンシックなモザイクタイルのシャワールーム。
アーバンシックなモザイクタイルのシャワールーム。
客室には、ナチュラルコスメが人気の〈Forganics〉とコラボした、100%天然由来のアメニティグッズ。
客室には、ナチュラルコスメが人気の〈Forganics〉とコラボした、100%天然由来のアメニティグッズ。
ステイに必要なアメニティが揃う。
ステイに必要なアメニティが揃う。
着心地にこだわったナイトウェア。
着心地にこだわったナイトウェア。
館内にはジムも備わっている。
館内にはジムも備わっている。
館内にはホテルゲスト専用の展望サロンがあり、久屋大通公園を眼下に見下ろし、栄の夜景を一望できる特別な空間で過ごせます。
館内にはホテルゲスト専用の展望サロンがあり、久屋大通公園を眼下に見下ろし、栄の夜景を一望できる特別な空間で過ごせます。
名古屋〈THE TOWER HOTEL NAGOYA〉

すべてのお部屋のプランに朝食がついています。朝の爽やかな景色が広がるパークビューのレストランで、東海三県の食材を使用した、贅沢な和朝食に舌鼓。ゆったりと流れる時間を最後まで満喫することができます。

ここでしか買えない「ミニャルディーズ缶」をお土産に。

名古屋〈THE TOWER HOTEL NAGOYA〉

同ホテルでは、「ミニャルディーズ」の詰め合わせ缶も販売しています。製造しているのは2021年に伏見区にオープンした本格フランス洋菓子店〈パティスリーパッシュ〉。新しい名古屋土産としてもおすすめ。

この地域で育まれた文化・伝統・食材・アート・クラフトなど、〈THE TOWER HOTEL NAGOYA〉でしか体験できない、五感を刺激されるラグジュアリーなステイを楽しんでみては?

〈THE TOWER HOTEL NAGOYA(ザ・タワーホテル ナゴヤ)〉
■ 愛知県名古屋市中区錦3-6−15先
■ 052-953-4450

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR