一度は泊まりたい“東京のホテル”4選!記念日や特別な日のプレゼントにおすすめ。
2020.07.12

誰もが知る御三家ホテルから、文豪から愛された老舗も。 一度は泊まりたい“東京のホテル”4選!記念日や特別な日のプレゼントにおすすめ。

プチ贅沢がしたい時も、記念日や誕生日などの特別な日にも。一度は泊まってみたい東京ホテルをチェックしてみませんか?東京「御三家」ホテルから、重要文化財に泊まれるホテルまで。インスタグラマー もろんのんさんの連載コラム「Hanako_Hotelgram」でこれまで紹介した、非日常感を楽しめる4軒をご紹介します。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

1.歴史ある“日本の迎賓館”〈帝国ホテル〉

3BB306D8-956D-48C3-8B27-EC6F81055EFE-768x764
#歴史ある雰囲気 #バラのようなシャンデリア
CEBA9698-B965-4F9A-8CFC-D19F025CC5C2-768x764
3DEB674A-3700-4B9F-AA89-141555381EEB-768x764
37323145-191B-4B76-A21A-40AF5636DFF5-768x764
BEFA993D-0F4A-4564-B5DD-4A04666AFB1C-768x765

日比谷駅から徒歩1分のこちらのホテルには、大切な人の誕生日や記念日にランチやディナーを贅沢しに来る方も多いそう。到着したのはお昼頃。インペリアルラウンジ 〈アクア〉で限定10食のランチメニュー「BENTO」をお願いしました。四季によって内容が変わるそう。
遠方からこちらを目当てに予約される方もいるというのも納得です。宿泊したお部屋は「デラックスルーム」。アメニティも可愛くてテンションが上がります!

45E8AB1F-5AA0-493C-9919-ED916904CED7-768x764
C31084FD-C812-4FBB-AD8C-D5791A4C2066-768x764
51DFB31E-689B-40ED-B648-6FB759A6401C-768x772
E5F928A6-4201-4365-9108-F662525C390B-768x764
7B60591D-7531-444A-AD21-0F063EAF2850-768x764
1A1E0583-0DD0-4135-A166-2AE149DBF3BE-768x764

ディナーは地下一階にあるトラディショナルダイニング〈ラ ブラスリー〉へ。オープン時からあるミュシャのタイルに目を引かれます。〈ラ ブラスリー〉では、帝国ホテル伝統のフランス料理を楽しむことができます。大切な記念日や誕生日などに会話が弾むことまちがいないのでオススメです。翌朝は本館1階のオールデイダイニング〈パークサイトダイナー〉で朝食。一点の曇りもない綺麗なパンケーキに心踊りました!

〈帝国ホテル〉
■〒100-8558 東京都千代田区内幸町1-1-1
■03-3504-1111

2.六本木ヒルズに位置する〈グランド ハイアット 東京〉

717b6afb478658d088715eebd76af853-768x769
53e3661b928e8469a33698ba82a5dd3f-768x768
731d765abe13dd4b9d4ef985faa2b2ca-768x768
1af03269f31e0c57a2413ee28c22ed50-768x576
17eef1bbe94ea986f4de328699ccc01f-768x769

日曜日の昼過ぎに、ホテルへ到着。まずはスパへ!予約をしていた、5F〈Nagomiスパ アンド フィットネス〉。実は私、しっかりしたスパを国内で体験するのは初めて。ウッドデッキに囲まれた、2人で利用出来る「Nagomiスイート」です。お母様と娘様の親子や、カップルでの利用が多いらしいです。宿泊をするのは、「グランド エグゼクティブ スイート ツイン」。

0670333dda1b3e8af5c0e3cd6e949535_censored-768x769
42969fd4f14ba47dfad87673e6a1630a-768x767
6dd9e6b0557ca7b7f34fb543dc6d13fe-768x769
8dd0d134de950cd2b73f89c1ac432fb6-768x769
9545d3e417babe7e9ce4ac7371db3802-768x769
5ba6b6ea7364ead6bd6bc040a97ad9dd-768x769

ディナーはステーキハウス〈オークドア〉にて「アメリカン ビアガーデン」で乾杯!サラダなどの後に出てきたのは、スモークドームのメインフラッター。話し足りなかったので、そのまま〈オークドア〉のバーへ移動。木のぬくもりを感じる店内。スタッフの方もあたたかみのある接客でした。仲がいい友達と来ると気分が盛り上がりそう。ラストオーダーは0:30なので、仕事帰りにこちらのオープンなバーに立ち寄るのも素敵そう。翌朝は少し早起きして〈フレンチ キッチン〉の朝食ビュッフェへ。

■東京都港区六本木6-10-3
■03-4333-1234

3.都庁駅から徒歩1分の〈ハイアット リージェンシー 東京〉

shinjuku_hyatt-25-768x768
shinjuku_hyatt-43-768x768
shinjuku_hyatt-39-768x768
shinjuku_hyatt-41-768x768
shinjuku_hyatt-42-768x768

〈ハイアット リージェンシー 東京〉の「アトリウムロビー」の特徴は何と言ってもこちらのシャンデリア。ホテルを象徴するものの一つです。シースルーのエレベーターからだと、写真のようにシャンデリアを上から見下ろすことができます。まるで舞踏会が開催されそうな、素敵なロビー。お部屋は「リージェンシークラブルーム」。シンプルでモダンな日本らしいデザインで、「和」が感じられるお部屋。びっくりしたのは、バスルームの隣にある、扉。なんの扉かなと思い開けてみると、ミニバーやクローゼットが隠れていました。お部屋が広く感じられる造りです。

shinjuku_hyatt-37-768x768
shinjuku_hyatt-31-768x768
shinjuku_hyatt-47-768x768
shinjuku_hyatt-50-768x768
shinjuku_hyatt-63-768x768

翌朝は日本料理「佳香」にて和朝食ブッフェ。2018年8月21日にリニューアルされたばかりの〈佳香〉。座敷だった個室はテーブル席にして、着席を楽にしたそうです。朝食メニューも変わってビュッフェスタイルに。こちらの目玉は何と言っても、おひとり様ごとに用意される炊き立ての「釜炊きご飯」です。ブッフェを選んでいる間に、炊きたてのお米がお席に用意されています。

〈スパ&ウェルネス「ジュール」〉では、スパやジムを楽しむことが出来ます。コンセプトは新宿という立地ならではの、ストレスフルな現代の疲れた身体を癒し、エネルギーをチャージできるようにという想いを込めて「ジュール」という店名なのだそう。

〈ハイアット リージェンシー 東京〉
■160-0023 東京都新宿区西新宿2-7-2
■03-3348-1234

4.重要文化財に泊まれる〈東京ステーションホテル〉

IMG_2421-768x768
IMG_2398-768x768
IMG_2386-768x769
B8338119-46F3-4FAE-98A2-4E0F3563F438-768x764
0869A7FB-06A0-4EAD-93DC-1FF73C8DA16D-768x764
D5593CA7-A96C-4408-A063-D5F81EDCE15A-768x764

2007年から東京駅丸の内駅舎の保存・復原工事を行って、2012年に完成した際に、リニューアルオープンした東京ステーションホテル。駅舎のうち半分くらいが、ホテルなんだそう。東京タワーより長い廊下。まるで電車の中にいるようなデザインです。ディナーをしに2階のカジュアルバー&カフェ「カメリア」へ。人気のカツサンドは、和牛がとろけるように美味しい!プランの名前と同じの「Marunouchi-Jikan」というカクテルも合わせていただきます。窓の外に、丸の内の明かりがついて見えるのでロマンチックです。

駅舎の工事とともにホテルもリニューアルを行い、2012年に再開業をした際は、客室が58室から150室に増えたそうです。この窓の外側は、国の重要文化財となっていて、国内唯一の「泊まれる重要文化財」なんだそう。

213ECFB7-6965-424D-B6BD-6E7D336D16A6-768x767
E7EE32B3-155B-47A2-B862-9589562A0E30-768x767
5EDA4241-1695-4A45-B221-FBF5354449F4-768x768
30AF8EC4-E422-491A-B334-23410CB4DC9B-768x767
IMG_2397-768x768

東京駅の丸の内南・北口を出ると見ることができる、駅舎ドームレリーフを一番近くで眺められる場所です。実は、こちらの修復された色は、正確な資料は残っておらず、文章であった内容を想定して色を再現したものなんだそうです。

朝食は、宿泊者限定で食べられるホテル4階の「アトリウム」でモーニングバイキングへ。アトリウムは、駅舎の中央最上階の屋根の部分に位置します。駅舎を支えている100年前の赤レンガが一部むき出しに、なっており「使い続ける文化遺産」を象徴しています。「エッグベネティクト」など、その場で調理してくれる人気料理。東京駅「丸の内南口改札」から徒歩30歩という、東京の中心に位置しつつ100年の歴史を感じる空間でした。

〈東京ステーションホテル〉
■〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-9-1
■TEL 03-5220-1111

インスタグラマー もろんのんの「Hanako_Hotelgram」コラム一覧は画像をクリック!
Hanako_Hotelgram

今月のスペシャル

いまこそ免疫UP!働く女子こそ知っておきたい“腸活”特集いまこそ免疫UP!働く女子こそ知っておきたい“腸活”特集
TOPに戻る