代官山 CLEANSING CAFE SALON
2020.10.08

コールドプレスジュースやヘルシーフードも充実。 身体の内外から美しく!最短20分から気軽に通える、代官山のクイックフェイシャル〈CLEANSING CAFE SALON〉 。

免疫力UPが注目されている昨今。美と健康は、身体の外側からだけでなく体内からもセットで磨くのが効率的かもしれません。代官山の〈CLEANSING CAFE SALON〉では、美容室感覚で最短20分から気軽にクイックフェイシャルエステが体験でき、併設の〈CLEANSING CAFE〉では感度の高いヘルシーフードをチェックすることができます。

ヘルシーフードとセットで腸内からも美肌を目指す。

「AMAZAKE -甘酒 -」1,200円。
「AMAZAKE -甘酒 -」1,200円。

店内には、オーナーの今泉牧子さん&朋子さん姉妹がNYやLAのヘルシーフードシーンなどから着想を得た、美をサポートするオリジナルアイテムが並んでいます。クイックフェイシャルと合わせてトライすることで、腸内環境が整い、身体の中から美しくなれます。

エステとコールドプレスカフェが融合!
エステとコールドプレスカフェが融合!

どんなアイテムがあるのでしょうか? 例えば、原液100%の濃厚な「AMAZAKE -甘酒 -」は柚子ジンジャーを使い、添加物は一切不使用。柚子に含まれるリモネンは唾液や胃液の分泌を高めて消化を、生姜は身体を温め新陳代謝を促進させます。ヨーグルトに入れたり、炭酸水で割ったり、お好みの方法で楽しんで。

「SYNBIOTICS SOUP-シンバイオティクススープ-」1,180円(税込)/200g。「白ごまと生姜風味のホワイトスキンスープ」「トマトとミルクの濃厚ビューティースープ」など5種類。
「SYNBIOTICS SOUP-シンバイオティクススープ-」1,180円(税込)/200g。「白ごまと生姜風味のホワイトスキンスープ」「トマトとミルクの濃厚ビューティースープ」など5種類。

効率的に“腸内アンチエイジング”を狙うなら「SYNBIOTICS SOUP -シンバイオティクススープ-」がオススメ。善玉菌となるプロバイオティクスと、善玉菌を増やす餌となるプレバイオティクスを合わせたスープで、肌荒れや便秘の解消も期待できます。

免疫力が注目されているコロナ禍以降、注目を集めているのだとか。 3カ月間続けて腸内環境をしっかりと変化させるのが理想的。

「Dressing -ドレッシング-」1,200円。
「Dressing -ドレッシング-」1,200円。

甘酒や果物の甘みが美味しい「Dressing -ドレッシング-」は、生野菜はもちろん、甘すぎないのでパスタにかけてもGOOD。こちらも添加物は一切不使用。

「OKAYU -おかゆ-」。クレンジング粥は1,058円、デトックス粥、アンチエイジング粥、ティー粥、ソイミルク粥は1,080円。
「OKAYU -おかゆ-」。クレンジング粥は1,058円、デトックス粥、アンチエイジング粥、ティー粥、ソイミルク粥は1,080円。

特製の出汁と淡路島の藻塩のみで作られた「OKAYU -おかゆ-」は、白米や酵素玄米の旨味がつまった優しい味。夕食をこのお粥に置き換えるだけでも、ダイエット効果が期待できます。もし家で一から作るならば3日間玄米と小豆を炊き込まねばなりませんが、これなら袋からお鍋に入れて温めるだけで手軽に食べられます。

「Sex & Beauty -セックスアンドビューティー-」7,000円。薬に頼らず生理痛を緩和したい人にも人気。
「Sex & Beauty -セックスアンドビューティー-」7,000円。薬に頼らず生理痛を緩和したい人にも人気。

ホルモンバランスを整え、イライラやストレス、疲れを緩和してくれるといわれるパウダータイプのサプリメント。NYやLAで、コロナ禍をきっかけに人気が再燃したと言われる「天然ハーブアダプトゲン」が配合されています。パウダー状なので、コーヒーやアーモンドミルクに入れて飲みます。

「GREEN ROOIBOS TEA グリーンルイボスティー」1,200円。
「GREEN ROOIBOS TEA グリーンルイボスティー」1,200円。

未発酵の茶葉なので、栄養素がそのまま残っている「GREEN ROOIBOS TEA グリーンルイボスティー」。同じルイボスティーを飲むなら、グリーンを選んだほうがよりヘルシーなのだとか。

オーナの今泉朋子さん。「せっかくエステをしても、その後たくさん食べてしまうというお客様の声を聞いて、美肌は食生活から変えていかなきゃ!と思い、美をサポートするフードを開発することにしたんです」(今泉さん)。
オーナの今泉朋子さん。「せっかくエステをしても、その後たくさん食べてしまうというお客様の声を聞いて、美肌は食生活から変えていかなきゃ!と思い、美をサポートするフードを開発することにしたんです」(今泉さん)。

最短20分で「水素ピーリング」or「次世代ハイフ」を体験!

代官山 CLEANSING CAFE SALON

通常のエステは、着替えや美容パックなどを含めると短くても1時間程度はかかるもの。しかし、〈CLEANSING CAFE SALON〉は、最短20分からフェイシャルエステの「水素ピーリング」と「次世代ハイフ」のどちらかを体験することができます。

さらに、時間の都合や好みに合わせてオプションの美容メニューを追加可能。納得感をもって自分でフェイシャルメニューをカスタマイズできる点が好評です。オプションメニューは、「ガルバ
ニックリフトアップ+美容液導入」(10分/ビジター4,400円、メンバー1,650円)や、「水素ヘッドケア」(15分/ビジター4,400円、メンバー3,300円)など計7種類から好きなだけ選べます。

無駄と費用を抑えたフェイシャルエステをセルフカスタマイズ。

水素を発生させながら施術する肌に優しい「水素ピーリング」ビジター7,000円、メンバー5,000円(※別途メンバー向け回数チケットを購入。メンバーチケットは5回分19,000円)。
水素を発生させながら施術する肌に優しい「水素ピーリング」ビジター7,000円、メンバー5,000円(※別途メンバー向け回数チケットを購入。メンバーチケットは5回分19,000円)。

つまり、どんなフェイシャルエステをするか自分の好みと時間の都合に合わせてセルフカスタマイズできるということ。「このコースに組み込まれている“美容パック”って、本当は必要ないかも?」といった無駄を抑えて、自分が本当に欲しい施術を選べるのでミニマム&ハイコスパ。お財布に優しいので美容室感覚で定期的に通う人も多いのだとか!

ベーシックメニューの「水素ピーリング」は、肌をめくるというより掃除機で毛穴の汚れを吸い取るイメージ。小鼻の汚れが1回の施術で面白いほど取れると人気だそう。肌が赤くなることも、ダウンタイムもありません。

「次世代ハイフ」ビジター7,700円、メンバー5,500円(※別途メンバー向け回数チケットを購入。メンバーチケットは5回分19,000円)。
「次世代ハイフ」ビジター7,700円、メンバー5,500円(※別途メンバー向け回数チケットを購入。メンバーチケットは5回分19,000円)。

もう一つのベーシックメニュー「次世代ハイフ」は、あえて顔の細胞を傷つけることで肌の再生力を高める施術です。10MHzの高密度周波で肌を刺激することで痛みはなく、心地よい温かみを感じます。赤みや、ダウンタイムもありません。肌の保湿、リフトアップ効果、たるみ、ニキビ、アトピーの解消に効果が期待できるそう。

「定期的に肌の汚れを除去することで、たとえ高い化粧品でなくても、その美容効果がよりUPします」(オーナーの今泉牧子さん)。
「定期的に肌の汚れを除去することで、たとえ高い化粧品でなくても、その美容効果がよりUPします」(オーナーの今泉牧子さん)。

気になる料金ですが、メンバーになれば、ベースメニューは5,500円、オプションメニューは1,600円からと比較的安価なので、定期的に通いやすく、エステデビューの高校生や、美を知り尽くした大人の女性まで、幅広い層に支持されています。

エステの後は、コールドプレスジュースも飲める!

「コールドプレスジュース」1本1,230円、5本セット6,150円。各500ml。
「コールドプレスジュース」1本1,230円、5本セット6,150円。各500ml。

サロン内にはコールドプレスのテイクアウトカフェ〈CLEANSING CAFE Daikanyama〉が併設されています。熱や水を一切加えないコールドプレス製法で、オーダーを受けてから作り始めるフレッシュさが自慢。普通のジューサーで絞ったものより何倍も多くの栄養素を飲むことができるそう。

作りたてのコールドプレスジュースはUber EATSでも注文できます。
作りたてのコールドプレスジュースはUber EATSでも注文できます。

個室ではない開かれた店内で短時間のうちにサッと施術を済ませられるクイックフェイシャルは、いまの時代にもフィットするはず!

〈CLEANSING CAFE SALON〉
■東京都渋谷区猿楽町9-8 アーバンパークⅡ 212
■03-6277-5336
■10:00〜17:00
■不定休
公式サイト

城 リユア
城 リユア / ライター&エディター

「旅やライフスタイルを中心に執筆@東京。動画制作やニュースメディアでのノンフィクション取材も。ベトナムでCG&VFX&動画スタジオ〈No.1 Graphics〉を経営中。」

城 リユアさんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る