福岡飲みの定番「屋台」が進化中!女子もハシゴしたくなる個性派屋台5選
2019.06.03

創作フレンチや本格ジビエも。 福岡飲みの定番「屋台」が進化中!女子もハシゴしたくなる個性派屋台5選

福岡の夜の名物といえば屋台。最近ではラーメンや焼鳥以外を提供する“ネオ屋台”が増えている。女性が多く屋台初心者でも入りやすい、料理の個性がきらりと光る店ばかりだ。Hanako『福岡シティガイド』「女子でも楽しめる、個性派屋台が知りたい。」より、おすすめ屋台5軒をご紹介します。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

1.〈telas & mico〉名店仕込みのテクニックで福岡の食材を味わう。/渡辺通

〈Zuma〉や〈NOBU〉といった海外のミシュラン掲載レストランで修業を積んだ久保田鎌介さんが営む多国籍料理屋台。

「鉄串三種セット」(900円)

福岡産華味鳥のタンドリーチキン、福岡産真鯛・ズッキーニ・ミニトマト、九州産マッシュルームの串。

「糸島豚の手づくりソーセージ」2P (950円)

福岡の糸島豚を使ったソーセージは肉汁がジューシー。イギリス流マッシュポテト、焼き野菜と共に。屋台では珍しいスタンディング席があり、「シメにスイーツとコーヒーを」と訪れる客も多い。

〈telas & mico〉
■福岡県福岡市中央区渡辺通4 天神ロフト前
■092-731-4917(春吉本店)
■18:45~24:00 日月、雨天時休(不定休あり) 
■12席/禁煙 

telas & mico

telas & mico

  • ダイニングバー/寿司
  • 福岡県

2.〈レミさんち〉盛り上げ上手なレミさんの福岡流フレンチ。/渡辺通

「ボンソワー!」と明るく声をかけてくれる、フランス・ノルマンディー出身のレミさん。ここでは、家庭的なフランス料理を手頃に楽しめる。

「絶品!エスカルゴ」(700円)

パセリやにんにくを混ぜた特製バターをたっぷり使う一品。最後はソースにパンをひたしてどうぞ。

「本日のキッシュ」(500円)

パイ生地が香ばしい、季節の野菜がふんだんに入ったキッシュ。内容は日替わりで、常時5~6種が入る。市場で仕入れた素材を使い、パンは自家製。フランスの伝統と福岡の食材が出会うフレンチだ。

〈レミさんち〉
■福岡県福岡市中央区渡辺通4 天神ロフト前 
■092-986-2117(メルシー博多)
■18:30~売り切れ次第終了 日月、荒天時休 
■12席/禁煙 

レミさんち

レミさんち

  • バル/フレンチ
  • 福岡県

3.〈情熱の千鳥足〉専門店ならではの味わい。ジビエの魅力に開眼。/渡辺通

フランスでは高級食材のジビエを驚くほど手頃に味わえる専門店。和食やイタリアンなどで20年近く修業した高橋義人さんが、主に熊本から取り寄せる鹿や鴨、猪を華麗な手さばきで料理する。

「合鴨の炙り」(1,000円)

涼しげに泳ぐ金魚をイメージして盛り付けられた一皿。バルサミコ酢を使ったソースで。

「鹿肉の薫製の炙り」(1,500円)

高タンパクで低カロリーな鹿肉を一度薫製にし、さらに鉄板で炙り焼きした香り高い一品。串焼きやおでんなどもあり、屋台らしい楽しみ方もできる。

〈情熱の千鳥足〉
■福岡県福岡市中央区渡辺通4 天神ロフト前
■090-5690-6855
■18:30~1:00 不定休 
■12席/喫煙

情熱の千鳥足

情熱の千鳥足

  • イタリアン/バル
  • 福岡県

4.〈ふぐちゃん亭〉とれたての肉厚なふぐを思いっきり味わう。/天神

高級食材のふぐを気軽に味わえるのは、食品会社を経営していたオーナーの経験と目利きがあるからこそ。

「ふぐの唐揚げ」(550円)

身の厚いふぐをカラッと揚げた人気商品。衣の隠し味にはにんにくを使い、香ばしさにビールが進む。福岡と山口で仕入れたふぐは、まずは天ぷらや唐揚げ、一夜干しを。

「ふぐ雑炊」(650円)

シメは旨味がたっぷりしみたうどんや雑炊がおすすめだ。ぷりぷりのふぐの切り身を贅沢に使った雑炊。だしにふぐの旨味が加わり、優しく奥深い味わいだ。

〈ふぐちゃん亭〉
■福岡県福岡市中央区天神2-13-1 福岡銀行本店前 昭和通り側 
■090-3415-5441
■18:50~24:30頃 不定休 
■10席/喫煙

ふぐちゃん亭

ふぐちゃん亭

  • 魚介・海鮮料理
  • 福岡県

5.〈あごだし亭 きさいち〉福岡といえば「あごだし」。料理を格上げする旨味の虜。/天神

長崎から直送される高級焼きあごでとっただしを料理に使う。オーナーの私市(きさいち)佳太さんは旅行で福岡を訪れ、独自のだし文化と屋台の雰囲気に感激してこの店を始めた。のれんのないコの字カウンターは、一見でも入りやすくて話が盛り上がる。

「あごだし山芋鉄板」(650円)

山芋を鉄板でふわふわに焼き上げ、仕上げにだしをまわしかける。明太子やチーズのトッピングも可能。

「牛すじ煮込み豆腐」(600円)

福岡の台所、柳橋連合市場にある老舗精肉店から仕入れた和牛のすじ肉を、じっくりと煮込んだ一品。

〈あごだし亭 きさいち〉
■福岡県福岡市中央区天神2-13-1
■080-4694-9187
■18:30~1:00 月、荒天時休 
■14席/喫煙

あごだし亭 きさいち

あごだし亭 きさいち

  • うどん/居酒屋
  • 福岡県

屋台を楽しむ5カ条

1.隣の人と一緒にカンパイ!
2.混んできたら席を詰めて譲り合い。
3.話しかけられたらおしゃべりを
4.トイレの場所は事前にチェック。
5.雨で臨時休業でも気にしない。

屋台デビューやハシゴにおすすめ「屋台きっぷ」。

市内の屋台13店で利用できるお得なチケット。1枚1,050円(税込)でドリンク1杯とその店のおすすめメニュー1品が楽しめる。販売場所など詳細はHPで。

Hanako『福岡シティガイド』特集では、福岡の楽しみ方を多数ご紹介しています!

(Hanako1173号掲載/photo : Kenta Kawasaki text : Chie Okunaga (Chikara) edit : Chikara)

編集部

Hanakoをはじめマガジンハウスの雑誌はこちら。https://magazineworld.jp/hanako/

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
seibu_sidebar
TOPに戻る