開放的なテラスで一杯。テラス席がある都内人気レストラン・ダイニングバー3軒
2019.05.08

いまの季節、グループでの食事なら。 開放的なテラスで一杯。テラス席がある都内人気レストラン・ダイニングバー3軒

テラス席が最高に気持ちいい、いまの季節。グループでの食事は、開放的なテラス席があるお店へ。カジュアルイタリアンからラグジュアリーなステーキハウスまで、都内の人気レストラン・ダイニングバー3軒をご紹介します。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

1.〈A16 TOKYO〉/丸の内

開放的な店内は、赤い炎が揺れるピザ窯と忙しく立ち働くシェフたちの姿で、活気にあふれている。カリフォルニア本店と同様、地元野菜を使い、素材を活かした南イタリアベースの料理は、シンプルかつしっかりした味わいが魅力。

左上・ピッツァ ズッカ1,700円。右上・チキンのミートボール(5ピース)1,750円。手前・パルマ産生ハムとサラミ、季節フルーツの盛り合わせ1,400円。

ナポリスタイルのピザはもちもちした食感が楽しめる。ソムリエでもあるオーナーの選ぶワインもコスパの高い逸品ぞろい!

(Hanako1165号掲載/ photo:Kanako Nakamura, Michi Murakami, Yoko Tajiri, Yumi Furuya text:Chie Baba, Seiko Kigawa, Yasushi Kaneyama)

A16 TOKYO

A16 TOKYO

  • イタリアン/パスタ/ピッツェリア
  • 二重橋前駅

2.〈NoMad Grill Lounge〉/永田町

日本の食材の良さを伝えるステーキハウス。

平日のランチタイム限定。黒毛和牛バーガーセット、ミニサラダとコーヒー付き、1,700円(税込)。

そのハンバーガーのパティは、なんと黒毛和牛100%!ステーキのようなジューシーさと濃い旨みをトマトやピクルスの酸味、淡路産玉ねぎの甘みがしっかりと受け止め、なんとも美味。フライドオニオンなどのトッピングも人気。

(Hanako1123号掲載/photo:Kenya Abe(McLean), Mariko Tosa text:Eri Tomoi)

NoMad Grill Lounge

NoMad Grill Lounge

  • ステーキ/バー
  • 永田町駅/赤坂見附駅

3.〈orangé〉/六本木

一昨年春、オープン10年を機に〈orangé〉がリニューアル。

東京らしい夜景。テラス席の予約可。

店先に並ぶテラス席は、歩道との境に緑を並べることで、歩行者の目を気にせず過ごせる空間に。以前と変わらず、夜風が心地よい時間を演出する。

「トリュフ・ローストビーフ・バーガー with トリュフ・フレンチフライ」1,580円、搾りたての国産オレンジを使用した「“orangé”ミモザ」1,250円。時期により品種が変わるので、味の変化も楽しめる。

フードは料理家の栗原友さんが監修し、日本の食材や世界のスパイスを使い、国境を超えた厚みのある品々に食指が動く。トリュフが香るローストビーフバーガーやフレンチフライは、シャンパンを合わせて楽しみたい。

(Hanako1133号掲載/photo : Shin-ichi Yokoyama text : Yumiko Ikeda)

orangé

orangé

  • ダイニングバー
  • 六本木駅
編集部

テラスといったらTWO ROOMSも好き!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
TOPに戻る