仕事終わりのサク飲みスポットが充実!八重洲・京橋・八丁堀エリアのおすすめバル・居酒屋4軒
2019.04.06

毎日通いたくなるコスパの良さも魅力。 仕事終わりのサク飲みスポットが充実!八重洲・京橋・八丁堀エリアのおすすめバル・居酒屋4軒

オフィスビルが立ち並ぶ八重洲・京橋・八丁堀では、軽く飲んで食べて、元気をチャージして帰れる店がたくさん。毎日通える居心地の良さとコスパ具合も最高です。Hanako『ふだんづかいの大銀座』「気軽に寄って、サクッと飲んで。仕事帰りの、立ち飲み&バール天国。」より、おすすめバル・居酒屋4軒をご紹介します。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

1.〈伊勢角屋麦酒 八重洲店〉国産クラフトビールと伊勢料理で乾杯。

ウッド調で明るい店内。

1997年に醸造開始して以来、国内外で数々のビールアワードを受賞してきた〈伊勢角屋麦酒〉。2018年8月に初の東京旗艦店をオープンしたのが、ここ八重洲だった。

春のメニュー「尾鷲マグロのタルタルとちち豆腐 伊勢角屋醤油の泡っ」(880円)、ビールは左「Brand New Day IPA」(650円)、右「ペールエール」(700円)(共にハーフパイント)

樽生クラフトビールはタップに13種類並び、定番以外に季節限定のものも多数。さらに、毎日2~3タップの入れ替えがあるという楽しさだ。サーバーを目の前にしたカウンター席で1人飲みもよし、テーブル席で仲間と一緒に飲み比べもよし。味噌や醤油を造る〈伊勢角屋〉から始まったブルワリーとあり、料理にはその木樽仕込みの味噌と醤油を使用。

「伊勢うどん」はシメに。(500円)

郷土料理も織り交ぜながらビールを飲めば、伊勢旅行の気分を味わえるかも。

〈伊勢角屋麦酒 八重洲店〉
伊勢赤鶏など三重の食材も豊富。
■東京都中央区八重洲1-4-16 東京建物八重洲ビルB1
■03-3281-2300
■11:30~14:30LO、17:30~23:00LO(土17:00~22:30LO) 日祝休 
■39席(テラス席あり)/禁煙

伊勢角屋麦酒 八重洲店

伊勢角屋麦酒 八重洲店

  • ビアバー/ビアホール
  • 日本橋駅

2.〈日東コーナー〉銀座の老舗が使いやすくリニューアル。

アンティークのインテリアは受け継いでいる。

歌舞伎座の傍らで営業を続けた〈日東コーナー〉が創業70年の節目に移転。代々受け継ぐ中で洋食屋や居酒屋などに変化してきたが、炭の貿易商だった初代に思いを馳せて、炭火焼きが中心のレストランバーに生まれ変わった。老舗ワインショップ〈あたご小西〉や独自に仕入れるオセアニアワインがグラス500円で飲めるコスパには驚き。

炭火串焼きは手前から牛(350円)、ラム(350円)、豚(300円)、鶏(300円)の4種類。
低温調理して炭火焼きした「ローストビーフ」2,480円は1日4食限定。

〈日東コーナー〉
串焼き2本とドリンク1杯で980円のハッピーアワーあり。
■東京都中央区銀座1-27-10
■03-3535-6567
■11:30~14:00LO、17:30~23:30LO 日休 
■40席/禁煙

日東コーナー

日東コーナー

  • ワインバー/洋食
  • 宝町駅

3.〈フクロウ〉おでんと瓶ビールで東京らしい夜を。

外のベンチでも飲める。

「眠っている場合ではない」がコンセプトのホステル〈WISE OWL HOSTELS TOKYO〉に併設した居酒屋。

酒ダシにははんぺん(400円)、醤油ダシには大根(350円)、塩ダシにはロールキャベツ(580円)やトマト(580円)がオススメ。瓶ビールは580円~。

海外のお客さんに和食のダシのおいしさを伝えるため、3種のダシを味わえるおでんが看板メニューだ。小さなコップに注いで飲む日本の瓶ビールの楽しさも紹介したいと、ダシに合う4ブランドをそろえた。

「出汁巻き玉子」(880円)

〈フクロウ〉
■東京都中央区八丁堀3-22-9〈WISE OWL HOSTELS TOKYO〉1F
■03-6222-8453
■11:30~14:00、17:30~22:30LO(土17:00~21:00LO) 日祝休 
■40席/禁煙 

フクロウ

フクロウ

  • おでん/和食
  • 八丁堀駅

4.〈STANDBAR MARU〉酒を知り尽くした酒屋の人気スタンドバー。

酒屋と入口は同じ。2、3階ではそれぞれレストランも営業。

八丁堀に川が流れ、問屋街だった江戸時代から続く老舗の酒屋〈宮田屋〉。スペインや南米の魅力にハマった先代が始めたスタンドバーは、当時大流行となった。

「ハイボール」(300円)、「串カツ」1本(250円)、「自家製牡蠣のオイル漬け」(380円)

開店当初から通い続ける常連たちにも「安すぎる」と言われる料理のメニューは、いまやどんな酒にも合うジャンルレスのラインナップ。クイックメニューはカウンターに。

「勝浦産金目鯛の煮付け」(980円)

隣の酒屋から持ち込めるのも一興だ。

〈STANDBAR MARU〉
酒屋からの持ち込みは1本500円~。
■東京都中央区八丁堀3-22-10 
■16:30~23:00 土日祝休 
■立ち席のみ約50人分/禁煙 

STANDBAR MARU

STANDBAR MARU

  • スペイン料理/立ち飲み
  • 八丁堀駅

Hanako『ふだんづかいの大銀座』特集では、おいしい銀座のお店を多数ご紹介しています。

(Hanako『ふだんづかいの大銀座』掲載/photo : MEGUMI (DOUBLE ONE), Yuko Moriyama text : Kahoko Nishimura)

編集部

Hanakoをはじめマガジンハウスの雑誌はこちら。https://magazineworld.jp/hanako/

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
yokoyoko_sidebar
TOPに戻る