t1V8A5594
2019.02.04

こだわりのクーベルチュールにも注目。 等々力の人気パティスリーの新店〈ASAKO IWAYANAGI PLUS〉、待望のオープン。

アーティスティックなパフェで人気な〈PÂTISSERIE ASAKO IWAYANAGI〉の隣にオープンした〈ASAKO IWAYANAGI PLUS〉。ショコラやジェラートのラボを兼ね備え、より気軽に楽しめるようになった新店の気になる様子を、Hanako『チョコレートと冬の男。』「心地のいい店で過ごすチョコレートの時間。」よりお届けします。

かろやかに楽しめる、岩柳シェフの新たな世界。

ブラウニーやサブレなど、日持ちのする焼き菓子が壁一面に。
ブラウニーやサブレなど、日持ちのする焼き菓子が壁一面に。
「ショコラ」や「抹茶ショコラ」、季節のフルーツなど(各450円~)
「ショコラ」や「抹茶ショコラ」、季節のフルーツなど(各450円~)

〈パティスリィ アサコ イワヤナギ〉では1種だった焼きタルトをバリエーション豊富に。

「自宅用や手土産にも使っていただけるように」と始めたテイクアウトのアンポルテ「チョコレート」900円。ジェラートとフルーツトッピング(+400円)で完璧な組み合わせに。写真はピスタチオジェラートとグリオット。
「自宅用や手土産にも使っていただけるように」と始めたテイクアウトのアンポルテ「チョコレート」900円。ジェラートとフルーツトッピング(+400円)で完璧な組み合わせに。写真はピスタチオジェラートとグリオット。

大きなL字型カウンターにショコラ、タルト、アンポルテ……とお菓子が並ぶ様子は、まるでブティックのよう。〈PÂTISSERIE ASAKO IWAYANAGI〉の隣に誕生した〈ASAKO IWAYANAGI PLUS〉では、すべての要素が専門店レベルのクオリティを発揮している。

〈アサコ イワヤナギ〉のセカンドステージが開幕。

カウンターの奥には焼き菓子やジェラートの工房が。
カウンターの奥には焼き菓子やジェラートの工房が。

「パティスリーでは温度管理が難しかったショコラやジェラートを仕込むラボとして、また、『もっと気軽に買ってもらいたい』との願いで、新しく店を開きました」とは、岩柳麻子シェフの夫でオーナーの宿澤巧さん。ここまで二人三脚で理想を形にしてきた。

チョコレートボンボンは洋梨や柿といったフルーツのほか味噌など和の素材にも注目。1粒250円~。
チョコレートボンボンは洋梨や柿といったフルーツのほか味噌など和の素材にも注目。1粒250円~。

「特にクーベルチュールは独自性を高めたくて試行錯誤。雑味と苦味を抑え、サラッとなめらかな口当たりを追求しました。パリのチョコレートブランド〈カカオバリー〉でオリジナルのブレンドを作ってもらっています」。パートドフリュイやドライフルーツにも合わせる予定だ。

夢の計画はいまも進行中。今年もさまざまな驚きを与えてくれそう。

スタンド式の小窓からはパリ風本格クレープも。
スタンド式の小窓からはパリ風本格クレープも。

〈ASAKO IWAYANAGI PLUS〉

1V8A5652

テイクアウトが基本だが、テラスでイートインできる。
■東京都世田谷区等々力4-4-5 
■03-6809-8355 
■10:00~19:00 月休(祝の場合は翌休)
■テラス6席/禁煙

Hanako『チョコレートと冬の男。』特集では、おすすめのチョコレートを多数ご紹介しています。

Hanako『チョコレートと冬の男。』

(Hanako1169号掲載/photo : Yoichi Nagano, MEGUMI (DOUBLE ONE), Makoto Ito text : Kahoko Nishimura, Ai Kiyabu)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る