tART168atari
2018.11.06

香港でアート巡り! 香港の注目アートエリア・南区!現代アートが楽しめるおすすめギャラリーとは?

アジア最大級のアートフェア「アートバーゼル香港」も開催される香港で欠かせないものといったら、アート巡り。Hanako『香港 すべてが叶う街』「アートを体で感じたい!」より、注目エリア・南区の現代アートが楽しめるおすすめギャラリーをご紹介します。

南区の雑居ビルに潜むロンドン生まれのギャラリー〈ROSSI & ROSSI〉

ART176atari

MTRの開通によって工業地帯の南区(サザン・ディストリクト)へのアクセスが良くなり、近年ギャラリーが続々とオープン。1985年にロンドンで開業したアーティストエージェント兼ギャラリー〈ROSSI & ROSSI〉もそのひとつで、1~2カ月周期で西洋とアジアの現代アートの作品を展示している。

ART172atari

海も近く中環のギャラリーに比べてのんびりとしたムードなので、時間をかけてアートと向き合うことができる。

〈ROSSI & ROSSI(ロッシ アンド ロッシ)〉
ここをはじめ南区のギャラリーはたいてい倉庫や雑居ビルの中にあるので、入り口がわかりにくい。アート関係者向けセミナーも定期的に開催。
■黃竹坑業發街6號益年工業大廈 3C
■3575-9417
■11:00~18:00 日月祝休

〈Art Projects〉アジアの気鋭作家の作品をたっぷり楽しめる空間。

ART162atari

以前は中環の施設内でギャラリーを運営するも、スペースが小さいと感じ、MTR開通と同時に南区へ移転オープン。家賃が安い分広い空間で展示できることや、多くの作品を保管できるメリットがあるという。

ART169atari

主に中国や日本、シンガポールなどアジアの作家が中心。若手から大御所まで広くキュレーションしている。

石のモチーフを描き続けている鄭木彰の作品。
石のモチーフを描き続けている鄭木彰の作品。

〈Art Projects(アート プロジェクツ)〉
入り口はコンパクトでも、中の展示空間は広々。ここでしか見られない若手作家の作品も多いので、新しいもの好きの人はチェックを。
■黃竹坑道43號 偉晉中心二期17樓17 A室
■2523-5688
■11:00~18:00 日月祝休

Hanako『香港 すべてが叶う街』特集では、香港のおすすめアートスポットを多数ご紹介しています。

HANAKO201812_001

(Hanako1166号掲載/photo : Natsumi Kakuto illustration : Bob Foundation text : Satoko Muroga coordination : Joyce Wan)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る