グラフィックの美しい仏発ブランドも。カフェ併設のおすすめ文房具ショップはここ!
2018.08.28

ゆったりお茶を飲みながら、とっておきの文房具を見つけて! グラフィックの美しい仏発ブランドも。カフェ併設のおすすめ文房具ショップはここ!

日常の作業が思わず楽しくなるとっておきのステーショナリーを、ゆったりとお茶を飲みながら見つけてみては?グラフィックが美しいフランス発ブランドの直営店など、カフェ併設のおすすめ文房具専門店をご紹介します。Hanako『横浜ロマンティック』Book in Book「GOOD GOOD STATIONERY GUIDE」よりお届け。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

〈PAPIER TIGRE〉

日本橋浜町は、オフィス街の中に下町らしい場所やお店が点在するエリア。元印刷工場だったこともある建物をリノベーションした開放的な店の中に、ゆったりとオリジナルのステーショナリーが並ぶ。

ピンク×ネイビーなど、色合わせを楽しむ鉛筆。1本350円。

「パピエ ティグル」はパリのマレ地区で2011年に活動を始めた、紙を中心にしたプロダクトブランド。大胆な柄のカバーが印象的なノートブックはシーズンごとに発表され、コレクターもいるほど。

A5サイズのノートブック1,600円。新作には12カ月のスケジュールが書き込めるページが追加。

中面も無地、グリッド、イラストなどノートごとに異なり、そんな遊び心を探すのも魅力のひとつ。基本的にメイド・イン・フランスだが、日本だけのアイテムやコラボ商品もあるのでチェックしてみて。

「クオバディス」とコラボレーションしたノート1,800円~。2019年のダイアリーも入荷。

日本茶サロンを併設しているので、和風なティータイムとともに。

3煎いただける煎茶やほうじ茶580円~。

〈PAPIER TIGRE〉
2017年9月オープン。東京メトロ水天宮前駅より徒歩約5分。
■東京都中央区日本橋浜町3-10-4 
■03-6875-0431 
■11:00~19:00(夏季、9月までは~20:00 ) 月火休(祝の場合は営業) 
■papiertigre.jp

〈THINK OF THINGS〉

文房具・オフィス家具の大手メーカー、コクヨが手がけるカフェ&ライフスタイルショップ。「ワークとライフの境界を超える」というテーマの下、文房具はもちろん、生活雑貨やファッションアイテムが混在する。通常のショップでは扱わない業務用のものやスタンパーのような専用文具、アーティストとコラボレーションした商品などがあるのもうれしい。

量り売りができるジャバラペーパー100g 270円(各税込)。

人気の測量野帳にはショップ限定色も。ここで名入れやバンド付けも可能。

カフェスペースにも文房具の展示が。

CAFEには〈OBSCURA COFFEE ROASTERS〉がプロデュースするコーヒー360円~や惣菜コッペパンが。あん&クリームチーズ250円。

ゆったりとした時間の中で、お茶を飲みながら、自分好みのスタイルを探したい。

〈THINK OF THINGS〉
2017年5月オープン。JR原宿駅竹下口より徒歩3分。
■東京都渋谷区千駄ヶ谷3-62-1 
■03-6447-1113 
■10:00~20:00 第2・4水休 
■think-of-things.com

Hanako『横浜ロマンティック』特集では、文房具ショップを多数ご紹介しています。

(Hanako1163号掲載/photo : Nobuki Kawaharazaki edit : Rie Nishikawa)

編集部

Hanakoをはじめマガジンハウスの雑誌はこちらへ。

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
TOPに戻る