n_MG_0442.atari_
2018.06.17

鎌倉のスイーツシーンはチョコレートがアツい! お土産にもおすすめ!鎌倉で人気のユニークなチョコレート専門店に注目!

ビーン・トゥ・バーブームの先駆け〈Dandelion Chocolate〉をはじめ、チョコレート専門店がひしめく鎌倉。Hanako『老舗も、新しい店も。ずっと、のこってほしい場所 鎌倉遺産。』「新しいチョコレート店の、鎌倉愛を感じる店づくり。」より、銀行をリノベーションしたカフェや、和菓子を取り入れたチョコレートなど、意外性溢れるニューフェイスをご紹介します。

1.〈CHOCOLATE BANK〉/御成

MG_0603.atari_

東日本銀行鎌倉支店の跡地に、今年1月オープン。銀行の面影をところどころに残し、鎌倉の生チョコレート専門店〈ca ca o〉が手がける店として生まれ変わった。店の外からも中からも覗ける厨房では、“チョコレートと魔法の世界へ”をコンセプトに、さまざまなプロダクトを作っている。たとえば、ショーケースに並ぶカラフルなクロワッサン。

MG_0538.atari_

クロワッサンはミニサイズ(300円~)も。

「チョコルネフランボワーズ」550円
「チョコルネフランボワーズ」550円
「チョコルネ バースデー」550円
「チョコルネ バースデー」550円
「チョコルネ クラシック」500円
「チョコルネ クラシック」500円

「チョコレート屋が作るクロワッサンって、どんなものだろう?」と思いをめぐらせ、パンからオリジナルで製作した。

「スーパーチョコレートパフェ」1,200円
「スーパーチョコレートパフェ」1,200円

チョコレートアイスやビター生チョコソフトのアクセントは、キャラメルクリームやキャラメリゼしたアーモンド。香ばしさがほどよい。

店内奥に残された金庫室では、お酒とチョコレートのペアリングバーが開かれる。

MG_0494

銀行時代の名残、金庫室でも自由に過ごすことができる。中には〈BACH〉が選書を務めるライブラリーがあり、チョコレートの本が並んでいる。

〈CHOCOLATE BANK〉
■神奈川県鎌倉市御成町11-8 
■0467-50-0172
■10:00~18:00(ペアリングバーは、通常は木金土の21:00~24:00) 月休 
■30席/禁煙 

2.〈Chocolaterie CALVA〉/北鎌倉

MG_1172.atari_

桐箱に入った、羊羹?ではなく、東京やフランスで研鑽を積んだ田中二朗シェフが鎌倉をイメージして作ったチョコレート。

MG_1149.atari_

イートインも可。手前から、「羊羹ショコラ」、「栗きんとんショコラ」、「テリーヌショコラ」をひと切れずつ楽しめる「門前スペシャル」1,000円は飲み物付き。桐箱入り羊羹ショコラは1本2,200円。

「栗きんとんショコラ」や「羊羹ショコラ」など、和菓子の要素とチョコレートを掛け合わせた独創的な品だ。

MG_1116.atari_

ショコラにも和素材を取り入れる。左上から、「ぶどう山椒」、「ほうじ茶」、「黒糖」各250円。

こだわりは店のしつらえにも。

MG_1206.atari_

軒先にはのれんが掛かり、床には大磯石の洗い出しが敷かれている。照明は提灯のように柔らかだ。和を意識した店作りは、シェフの鎌倉愛によるもの。寺院と飲食店、住宅が静かに並ぶ北鎌倉は、田中シェフが幼い頃から見てきた“本当の鎌倉”。「その風情を守ってきた地元の人のために」と作った、唯一無二の鎌倉土産が手に入る。

〈Chocolaterie CALVA〉
■神奈川県鎌倉市山ノ内407
■0467-38-6259
■10:00~18:00 火休 
■4席/禁煙

Hanako『鎌倉遺産。』特集では、鎌倉のスイーツを多数ご紹介しています。

HANAKO1158_001

(Hanako1158号掲載/photo : Kenya Abe text : Kahoko Nishimura)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る