クローゼットルームとは対照的に、モザイクタイル張りのキッチンカウンターやナラ材の床など、ナチュラルテイストのリビングダイニング。壁際の収納の上には、日常で使う家電は出さずに好きなアートを飾る。
2022.06.03

優しい気持ちを作る、理想の部屋づくり。 センスのいい人に学ぶ、心地よい部屋の工夫|カフェ運営会社勤務・ごとうゆうこ『ナチュラルもシンプルも、好きなものミックスの家』

物件そのものの良さだけでなく、素敵な部屋には家主の持つさまざまな“工夫”がちりばめられています。実例をお手本に、センスアップのヒントを学びます。今回は、カフェ運営会社勤務・ごとうゆうこさんのお部屋をご紹介します。5月27日(金)発売Hanako1209号「優しい気持ちを作る、理想の部屋づくり。」よりお届け。

玄関を開けると、そこはいきなりクローゼット。まるでブティックに来たような。しかも真っ先に洗面台が目に入る。その奥にはカフェのような明るいリビング。好きなものを存分に楽しむために、「やりたいことを全部詰め込みました」という。

右ページのリビングダイニングから、クローゼットルームを見る。吊るす、畳む、並べるなど、衣類はすべてインテリアとして見せている。バーの高さや照明の当て方など、アパレルの店舗を参考に研究。床は絨毯。
右ページのリビングダイニングから、クローゼットルームを見る。吊るす、畳む、並べるなど、衣類はすべてインテリアとして見せている。バーの高さや照明の当て方など、アパレルの店舗を参考に研究。床は絨毯。
クローゼットルームとは対照的に、モザイクタイル張りのキッチンカウンターやナラ材の床など、ナチュラルテイストのリビングダイニング。壁際の収納の上には、日常で使う家電は出さずに好きなアートを飾る。
クローゼットルームとは対照的に、モザイクタイル張りのキッチンカウンターやナラ材の床など、ナチュラルテイストのリビングダイニング。壁際の収納の上には、日常で使う家電は出さずに好きなアートを飾る。
右ページのリビングダイニングから、クローゼットルームを見る。吊るす、畳む、並べるなど、衣類はすべてインテリアとして見せている。バーの高さや照明の当て方など、アパレルの店舗を参考に研究。床は絨毯。
クローゼットルームとは対照的に、モザイクタイル張りのキッチンカウンターやナラ材の床など、ナチュラルテイストのリビングダイニング。壁際の収納の上には、日常で使う家電は出さずに好きなアートを飾る。

「服はもともと好きでしたけど、より楽しめるようになりましたね。着なくなっていた服も、また着るようになりました」とごとうゆうこさん。52㎡あるマンションの、半分をクローゼットが占めるという斬新な間取り。オープンキッチンならぬ、オープンクローゼットだ。住み始めたのは昨年8月のこと。

【POINT 1】『見せるもの/しまうもののメリハリをつける。』キッチンカウンターの上には、ものを出しっ放しにしないと決めている。リモートで仕事をするときはパソコンや資料も広げるし、食事もここでとるけれど、片付けはすみやかに。炊飯器などは収納棚へ。
【POINT 1】『見せるもの/しまうもののメリハリをつける。』キッチンカウンターの上には、ものを出しっ放しにしないと決めている。リモートで仕事をするときはパソコンや資料も広げるし、食事もここでとるけれど、片付けはすみやかに。炊飯器などは収納棚へ。
【POINT 2】『仕切りの壁をつくらない。』もともと3LDKだったところを、スケルトンにして改装。キッチンとクローゼットは分けたいが、壁で仕切るのではなく、ガラスの引き戸で開閉自在にしている。閉めても見通しがきき、光も届く。
【POINT 2】『仕切りの壁をつくらない。』もともと3LDKだったところを、スケルトンにして改装。キッチンとクローゼットは分けたいが、壁で仕切るのではなく、ガラスの引き戸で開閉自在にしている。閉めても見通しがきき、光も届く。
【POINT 3】『好きなものを主役にした場所をつくる。』〈GUBI〉の鏡ありきで、洗面台を玄関脇にしつらえた。本来は壁に掛けて使うものだが、天井から吊って、揺れないように脇からスチールの棒で支えている。まるで床の間の軸のような存在感。
【POINT 3】『好きなものを主役にした場所をつくる。』〈GUBI〉の鏡ありきで、洗面台を玄関脇にしつらえた。本来は壁に掛けて使うものだが、天井から吊って、揺れないように脇からスチールの棒で支えている。まるで床の間の軸のような存在感。
【POINT 1】『見せるもの/しまうもののメリハリをつける。』キッチンカウンターの上には、ものを出しっ放しにしないと決めている。リモートで仕事をするときはパソコンや資料も広げるし、食事もここでとるけれど、片付けはすみやかに。炊飯器などは収納棚へ。
【POINT 2】『仕切りの壁をつくらない。』もともと3LDKだったところを、スケルトンにして改装。キッチンとクローゼットは分けたいが、壁で仕切るのではなく、ガラスの引き戸で開閉自在にしている。閉めても見通しがきき、光も届く。
【POINT 3】『好きなものを主役にした場所をつくる。』〈GUBI〉の鏡ありきで、洗面台を玄関脇にしつらえた。本来は壁に掛けて使うものだが、天井から吊って、揺れないように脇からスチールの棒で支えている。まるで床の間の軸のような存在感。

「うれしくて、引っ越した当初はクローゼットで飲んだりしていました。〈knof(ノフ)〉さんの設計のおかげです」という。何度となく引っ越しをしながら賃貸で暮らしてきたけれど、元同僚で友人の建築家、菊嶋かおりさんと永澤一輝さん(一級建築士事務所knof)に物件探しから相談して、3LDKの中古マンションを購入。ほぼ全面改装した。玄関側にクローゼットルーム、その向こうの窓側にリビングダイニングと寝室を兼ねたスペースが広がる。大きく2つの部屋に分かれているが、考え方としては大きなワンルーム。部屋を壁ではなくガラスの引き戸で仕切るようにして、開放感を大事にした。

「服が多いので大きめのウォークインクローゼットが欲しいと言ったら、隠すのはもったいない、全部見渡せるようにしましょう、と提案されて。何案もつくってくれたなかから、このプランに落ち着きました」。ほかにも、以前から憧れていたデンマークのブランド〈GUBI〉の革製の鏡を使いたいと伝えると、せっかくならいい場所にと、玄関脇に大理石の洗面台を据えて、その上から吊るすことに。これまた斬新なディスプレイだ。こうしたシンプルでダークな色のインテリアが好きな一方で、ナチュラルテイストも好きなごとうさん。

【POINT 4】『収納ボックスはサイズ違いで揃える。』大中小とサイズ違いの収納ボックスは、以前から使っているもの。こまごましたものを入れて、帽子の収納ケースと一緒に棚の上に並べている。統一感が出て、眺めて楽しい収納になる。
【POINT 4】『収納ボックスはサイズ違いで揃える。』大中小とサイズ違いの収納ボックスは、以前から使っているもの。こまごましたものを入れて、帽子の収納ケースと一緒に棚の上に並べている。統一感が出て、眺めて楽しい収納になる。
【POINT 5】『同じ幅で畳んで、絵になるように積む。』ハンガーに掛けて吊るすだけでなく、トレーナーやデニムなどは均一に畳んで棚に並べて見せている。「おかげできれいに畳むようになりました」とごとうさん。好きな服を並べてみたら統一感が出た。
【POINT 5】『同じ幅で畳んで、絵になるように積む。』ハンガーに掛けて吊るすだけでなく、トレーナーやデニムなどは均一に畳んで棚に並べて見せている。「おかげできれいに畳むようになりました」とごとうさん。好きな服を並べてみたら統一感が出た。
【POINT 6】『シンプルな場に、ファブリックでスパイスを効かせる。』リビングダイニングはものを置かずシンプルな空間だが、ベッドやソファなどに〈ペンドルトン〉のブランケットを掛けてアクセントに。「いいなと思って買ってあったもの。ようやく出番が来ました」
【POINT 6】『シンプルな場に、ファブリックでスパイスを効かせる。』リビングダイニングはものを置かずシンプルな空間だが、ベッドやソファなどに〈ペンドルトン〉のブランケットを掛けてアクセントに。「いいなと思って買ってあったもの。ようやく出番が来ました」
【POINT 7】『主役になる個性派の照明を使う。』ナチュラルな質感でまとめたリビングダイニングには、あえてキラキラした照明器具を選んで華やかさをプラス。その存在感が、甘くなりすぎる雰囲気をほどよく引き締めてくれる。
【POINT 7】『主役になる個性派の照明を使う。』ナチュラルな質感でまとめたリビングダイニングには、あえてキラキラした照明器具を選んで華やかさをプラス。その存在感が、甘くなりすぎる雰囲気をほどよく引き締めてくれる。
【POINT 4】『収納ボックスはサイズ違いで揃える。』大中小とサイズ違いの収納ボックスは、以前から使っているもの。こまごましたものを入れて、帽子の収納ケースと一緒に棚の上に並べている。統一感が出て、眺めて楽しい収納になる。
【POINT 5】『同じ幅で畳んで、絵になるように積む。』ハンガーに掛けて吊るすだけでなく、トレーナーやデニムなどは均一に畳んで棚に並べて見せている。「おかげできれいに畳むようになりました」とごとうさん。好きな服を並べてみたら統一感が出た。
【POINT 6】『シンプルな場に、ファブリックでスパイスを効かせる。』リビングダイニングはものを置かずシンプルな空間だが、ベッドやソファなどに〈ペンドルトン〉のブランケットを掛けてアクセントに。「いいなと思って買ってあったもの。ようやく出番が来ました」
【POINT 7】『主役になる個性派の照明を使う。』ナチュラルな質感でまとめたリビングダイニングには、あえてキラキラした照明器具を選んで華やかさをプラス。その存在感が、甘くなりすぎる雰囲気をほどよく引き締めてくれる。

とはいえ、甘めのほっこり系にはしたくない。リビングダイニングはナラ材の床やモザイクタイルなど、あたたかみのある素材でまとめつつ、カーテンは使わず木製ブラインドにする、生活感の出る家電は収納棚に収める、飾るものはグラフィカルなアートに絞るなど、スッキリとシンプルに見える工夫が効いている。

室内に飾る植物は、花ではなく初心者でも扱いやすい観葉植物や乾いたグリーン系のもので統一。ともするとケンカしそうなスタイルも、ごとうさんの「好きなもの」という統一感で、空間すべてが心地よくまとまっている。

【DATA & PROFILE】ごとう・ゆうこ

DSCF0600

【PROFILE】
カフェ運営会社勤務。4年に一度は都内のいろんな場所に引っ越していた人生から、定住を決意。街が快適で、窓からの眺めがいいマンションを選んだ。

【DATA】
■広さ:52㎡
■所在地:東京23区 駅徒歩11分
■築年数:47年
■居住歴:1年

(Hanako1209号掲載/photo : Keisuke Fukamizu text : Yuka Sano)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る