あの〈渋谷PARCO〉が帰ってきた!遊び心たっぷりの193ショップが大集合。
【PR】 2019.11.28

11月22日グランドオープン! あの〈渋谷PARCO〉が帰ってきた!遊び心たっぷりの193ショップが大集合。

バラエティに富んだ料理にスイーツ、雑貨、お酒...この2ページにたくさん並ぶモノや人に出会える場所、それが3年の充電期間を経て生まれ変わった〈渋谷PARCO〉。11月22日にグランドオープンしたばかりの驚きの“ニュース”がたっぷり詰まった新生〈渋谷PARCO〉は、開発目覚ましい渋谷の街のカルチャーを大きく変える存在。その魅力を、食と雑貨のカテゴリーに絞ってご紹介!

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

遊び心たっぷりに編集された193のショップが大集合!

渋谷・公園通りのシンボルでもある〈渋谷パルコ〉は、建て替え工事のため約3年間のクローズ期間を経て、11月22日、満を持してグランドオープンした。〝次世代型商業施設〞といわれる新生渋谷パルコは、一体何がおもしろいのか。多国籍なエッセンスが縦横無尽にミックスされた食&雑貨ショップをクローズアップ!

...と、その前に、ちょっとだけ〝歴史〞のおさらいを。
渋谷パルコがオープンしたのは1973年。駅から離れた坂道という立地を逆手にとり、街全体を巻き込みながら常に新しい文化を生み出してきた。中でも、刺激的な作品をプロデュース、上演してきたパルコ劇場や、アートディレクター石岡瑛子氏を筆頭に気鋭スタッフで新たな時代の価値観を鮮烈に表現したパルコの広告、サブカルチャー誌『ビックリハウス』の発行、個性的で良質な映画を上映し続けてきたミニシアター「シネクイント」など、数々の伝説を残してきた商業施設なのだ。

あの頃のようなクールで遊び心あふれるパルコのを受け継いだ、驚きと発見に満ちた空間が広がる新生渋谷パルコ。その魅力を食と雑貨に関するトピックスでお届け!

「タイ料理=スパイシー」だけじゃない〈chompoo〉オーナーシェフ・森枝幹さんの新しい提案って!?

巷のエスニック料理店では味わえない、ハーブたっぷりのタイ料理に出合える〈chompoo〉。グリーンカレー、ピンクヌードルなど、彩り豊かなメニューは、おいしいだけでなく写真映えもばっちり。

オーナーシェフを務めるのは、下北沢のビストロ〈Salmon&Trout〉やゴールデン街のレモンサワー専門店〈The OPEN BOOK〉の仕掛人・森枝幹さん。
「東南アジアの食文化を研究していた父から話を聞いたり、僕自身もここ数年タイに通いながら現地のシェフと交流したり、山奥で貴重な食材に触れ、気づけばタイの食に魅了されていました。東京のタイ料理屋は、どこも割と似通った王道のメニューを出している気がして、渋谷パルコでしか食べられないタイ料理の店があればおもしろいなと思ったんです」。

ちなみに、店名のchompoo(チョンプー)はタイのフルーツの名前からとったそう。電球の照明や愛らしいタイルアート、タイ音楽のBGMなど、楽しさと心地よさを感じる演出にも注目したい。

〈chompoo(チョンブー)〉
ランチ1,000円〜、ディナーはアラカルトもコースもあり。ワインやカクテルも豊富にそろう。
■03-6455-0396 4F
■11:00〜23:00(22:30LO)不定休
■42席(個室は8名席)

本日のメインの付け合わせは、 アート&カルチャーです。

第一弾は平野紗季子がプロデュースするフードブランドのスペシャルストアが開催された。

ギャラリーとミニキッチンを併設した食のニュースタンド〈COMINGSOON〉では、様々な分野のクリエイターや企業と組んだ限定ショップでユニークな「食」体験ができる。

来年1月にはベトナムセレクトショップ〈333〉の企画でホットチェーを販売予定。

〈COMINGSOON〉
プロデュースは表参道のギャラリー〈ROCKET〉。ファッション、アート、音楽など、カルチャーと「食」を横断するショップを企画中。
■03-6809-0964 1F
■10:00〜21:00 不定休

昼はフラワーショップ、 夜はワインバーに変わる名店が登場。

原宿の〈THE LITTLE SHOP OF FLOWERS〉が渋谷へ。昼はインテリアに彩りを添える生花や季節のお菓子の販売、 夜になると不定期でワインスタンドに変身する。

〈THE LITTLE BAR OF FLOWERS〉
季節や目的に沿ったフラワーブーケの相談、オーダーが可能。リースやお菓子などギフトにふさわしいアイテムもそろう。
■03-6455-0539 1F
■10:00〜19:00(フラワーショップ)、19:00〜24:00(ワインショップ※不定期)不定休

外国人も日本人も楽しめるレストランが7階に集結

寿司や天ぷらで和を楽しむもよし、リッチな焼肉で記念日を祝うもよし、気軽なイタリアンのランチもよし。7階レストランは外国人も満足、日本人も納得の味がそろっている。

ヘルシーな食材でお腹いっぱいになれるヴィーガン料理専門店。お好みの野菜とソースを選ぶファラフェルサンドウィッチやファラフェルサラダボウルに加え、ヘルシーなヴィーガンケーキも。

〈FALAFEL BROTHERS(ファラーフェルブラザーズ)〉
■03-5422-3188
■11:00〜23:00 不定休
■22席

厳選食材を使った天ぷらを1つから注文できる、福岡発の天ぷら専門店。サクサクな食感の天ぷらには、塩・天つゆをお好みで。昆布明太、自家製浅漬け、黒烏龍茶が無料サービスなのもうれしい。

〈博多天ぷらたかお〉
■03-6455-2308
■11:00〜23:00 不定休
■39席

「じゅうじゅう」という音とふわっと上がる湯気。北海道のソウルフード・ジンギスカンは、おいしいだけではなく、楽しくてヘルシー。秘伝のタレに漬け込んだ良質なラム・マトンを召し上がれ。

〈松尾ジンギスカン〉
■03-3461-2985
■11:00〜23:00 不定休
■54席

のど黒、がすえび、ばい貝など、北陸以外ではなかなかお目にかかれない希少なネタも堪能できる回転寿司。新鮮なネタを1貫ずつ職人が心を込めて握った寿司は、大人も子供も大満足の味。

〈金沢まいもん寿司〉
■03-5784-1144
■11:00〜22:00 不定休
■52席

ビブグルマンから昆虫食まで、「地下1階」はまさに“カオス”!

「カオスキッチン」と名付けられた地下1階は、食、音楽、カルチャーをコンセプトに、国籍もジャンルも交ざり合うカオス空間。建築家の藤本壮介氏が手がけた空間演出にも注目して。

ミシュランガイドのビブグルマンに選ばれた〈Äta〉が新たに手がける“渋谷系ビストロ”。巨大オーブンで焼き上げるグラタンや自家製パンはやみつきになる味。テイクアウトも。

〈Äta’s(アタズ)〉
■03-5422-3170
■11:00〜23:00 不定休
■24席

難しそうな日本酒のイメージを一新するカジュアルな酒のセレクトショップ&立ち呑みスタンド。ファンが多い日本酒「久保田」の新しい楽しみ方を知れるBARも併設。

〈未来日本酒店&SAKE BAR〉
■03-6455-3975 B1F
■11:00〜23:30 不定休
■8席+スタンディング17席

ピンチョスや肉料理などの前菜から、がっつりのステーキまでリーズナブルに楽しめるスパニッシュイタリアン。ショーケースに並ぶ肉が目の前の鉄板で焼かれるライブ感も楽しめそう。

〈CARNICERIA(カルニセリア)〉
■03-5422-3158 B1F
■11:00〜23:00 不定休
■40席

深夜まで人が絶えない渋谷宮益坂のアメリカンダイナーが渋谷パルコに移転オープン。バンズにこだわったサンドイッチやシェイクなど、人気メニューも変わらず充実している。

〈ON THE CORNER shibuya(オンザコーナー シブヤ)〉
■03-5422-3153
■11:00〜23:30 不定休
■30席

和食ベースの食べやすいジビエ料理と、栄養価が高く環境負荷が低いエコな食材として注目される昆虫料理が主役の個性派レストラン。昆虫スイーツなどバグズカフェメニューも楽しめる

〈米とサーカス〉
■03-6416-5850
■11:00〜23:00 不定休
■24席

新宿2丁目発、年齢もセクシュアリティもボーダーレスなMIXバーが参上。陽気な女装ウエイトレスたちと楽しくお喋りしながら乾杯!キャッシュオンなので初心者のお客も安心。

〈Campy!bar(キャンビーバー)〉
■03-5422-3015
■18:00〜5:00 不定休
■16席

国内外で厳選された樽生クラフトビールが飲める。定番からレアものまで日替わりで10種をセレクト。旬の果実や国産レモンをキンミヤ焼酎に漬け込んだ自家製シャリキンもあり。

〈立飲みビールボーイ〉
■03-5422-3444
■11:00〜23:30 不定休
■スタンディング35席

食材にこだわった低カロリー&ヘルシーな天ぷらが食べられる立ち呑み天ぷら屋。揚げたての天ぷらで好きな日本酒やワインを1杯。仕事帰りに女性も気軽に立ち寄れそう。

〈立呑み天ぷらKIKU〉
■03-5422-3119
■11:00〜23:30 不定休
■スタンディング22席

大事な人へのプレゼントは、 個性が際立つアイテムを。

感謝の気持ちやお祝いなど、ふと贈り物を思い立ったとき、大人も満足できるギフトを買える場所を知っておきたい。渋谷パルコの注目すべき2ショップをご紹介。

左:スパイシーで上品な「ポプリボックス」右:王妃の水が別名の「オーデコロンサンタ・マリア・ノヴェッラ」。

世界最古の薬局として400年の歴史を誇る〈サンタ・マリア・ノヴェッラ〉のプロダクト。世界のセレブに愛されるオーデコロン、ポプリ、キャンドルなどユニセックスで使える香りのギフトが充実。

〈Santa Maria Novella(サンタマリアノヴェッラ)〉
■03-5422-3933 2F
■10:00〜21:00 不定休

左:独創的なセンスで貴石を組み合わせたジュエリー「DORETTE」。右:NY発のブレンドティー「BELLOCQ」。

パリ、NY、ベルリンなど世界各地でセレクトした個性豊かなインテリア雑貨、アクセサリーなど。ギフトでも、自分へのご褒美でも、暮らしに“アート”をプラスしてくれるアイテムが見つかるはず。

〈H.P.DECO アート感のある暮らし〉
■03-5422-3983 1F
■10:00〜21:00 不定休

〈渋谷PARCO〉

ファッション、アート、フードなど多岐にわたるジャンルの193のショップが集結。
■東京都渋谷区宇田川町15-1
■03-3464-5111(代表)
■10:00〜21:00(飲食店は11:00〜23:30_不定休
■全店禁煙

編集部

これからたくさん足を運ぶことまちがいなし!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
yokoyoko_sidebar
TOPに戻る