ル・パルフェ
2020.07.12

フランスの老舗ブランドの保存瓶も。 保存食作りデビューに!機能性抜群のおしゃれな保存瓶4選

初夏は手仕事の季節。旬の素材をお取り寄せしてさらにおいしい保存食を作りませんか?今回はプロップスタイリスト・宮田桃子さんをお迎えして、キッチンや冷蔵庫に入れておいてもお洒落な瓶を集めてみました。

1.〈Borgonovo〉

〈Borgonovo〉

テーブルウェアから飲料のボトルまで幅広い硝子製品を製造している〈石塚硝子〉があつかうイタリアで人気の高いグラスメーカーの保存容器。機能性の高さに加え、レトロな風合いのファンも多い。フーディージャー角形500 800円。(0587-37-2024)

2.〈セラーメイト〉

〈セラーメイト〉

保存容器を代表する家庭用品ブランド。耐久性に優れており、金具はサビにくいステンレスを使用している。パッキンはシリコン製。口が広く出し入れしやすいのも使い勝手のよさの秘密。取手付密封びん2l1,650円。(03-5401-1746)

3.〈KINTO〉

〈KINTO〉

「妨げないデザイン」をコンセプトにしたシンプルで美しいグラスウェア。洗練されたフォルムが特徴で、そのままテーブルに並べてもお洒落。耐熱ガラス製で冷たいものから熱いものまで対応。キャニスター80×115mm 1,000円(税込)。(0120-34-7830)

4.〈ル・パルフェ〉

〈ル・パルフェ〉

世界中で愛用されているフランスの老舗ブランドがつくる保存瓶は、丸みがあるスクエアフォルムで広口なのが使いやすい。パッキンでしっかり密封できるため、果実酒やジャムなどの保存容器にもぴったり。ボーカルジャー250ml 800円。(0256-63-2710)

Navigator…宮田桃子(みやたももこ)

プロップスタイリスト。調理師専門学校を卒業し、西洋料理店で働いた後、もともと興味があったスタイリストの道へ。現在は雑誌やWebで、おもにフードや雑貨などのスタイリングを手がける。

(Hanako1186号掲載/photo:Norio Kidera styling:Momoko Miyata text:Keiko Kodera)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る