ディープな雰囲気と確かなグルメ!都内路地裏にたたずむ隠れ家的お店3軒
2019.03.12

本物志向のお店を探すなら。 ディープな雰囲気と確かなグルメ!都内路地裏にたたずむ隠れ家的お店3軒

その店を目指して訪れる根強いファンがいるお店は、いつも路地裏にある。今回は、そんな「名店は路地裏にあり!」の法則で見つけたディープなお店3軒をご紹介します。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

1.ボリューム満点、コスパ最高の焼鳥の虜。〈炭火焼鳥 太美屋〉/自由が丘

ひと串のサイズがとにかくビッグ!

〝太くて美しい〟という店名は、佐瀬匠さんが毎日串打ちをして焼く串そのもの。「大きい方がふっくらと焼けて、鶏肉のうまみをしっかり味わえる」。初めて来た人はそのボリュームに驚くこと必至。炭火の焼き台からはみ出さないように、斜めに串を並べるのが〈太美屋〉スタイルだ。

串は手前から、つくね200円、レバー180円、ササミパクチー250円。1本から注文可。チリコンカン500円、生すだちサワー420円。

もも、せせり、やげん軟骨などをミンチにして、ゴルフボール大の団子を3個刺した「つくね」、レアに仕上げる「レバー」は必ず注文を。「ササミパクチー串」は自家製パクチーソースと葉がどっさり。

(Hanako1143号掲載/photo : Kayoko Aoki text : Yumiko Ikeda)

炭火焼鳥 太美屋 

炭火焼鳥 太美屋 

  • 居酒屋/焼き鳥
  • 奥沢駅

2.これぞ昭和!なガード下の居酒屋で軽く一杯。〈登運とん〉/有楽町

とり串焼きは160円〜。ビール540円。

銀座からも歩いてすぐのJR線の高架下。飲み屋が軒を連ねる一角にて、昭和28年の創業以来変わらず営業を続ける小さな居酒屋。「サクッと飲んで、つまむのが基本だよ」と店主が話すとおり、焼き鳥や枝豆、ポテトサラダなどメニューは旅行者ウケのいいIZAKAYAの定番メニューがズラリ。思わずビールが進む。

この昭和館!有楽町駅から徒歩3分ほど。

(Hanako1146号掲載:photo:Michi Murakami,Yoko Tajiri)

登運とん

登運とん

  • 居酒屋/焼き鳥
  • 有楽町駅

3.浅草で母と娘が守る、おばあちゃんの本格タイ料理。〈タイ屋台メシ MONTEE 13〉/吾妻橋

辛さと旨味満点の料理はビールなどと相性抜群。

野菜たっぷりの油ソバや自家製発酵ソーセージ、揚げ青パパイヤ、グリーンカレーなど、本国さながらに辛ーくて甘いタイの屋台料理をスコタイ出身の母娘が供す。注文を受けてから作る料理はフレッシュ&ヘルシー。

おばあちゃんの味を受け継ぐヤーイお母さんの料理とその娘ターサンさんのサービスが心地いい。

(Hanako1144号掲載/photo : Shinichi Yokoyama text : Chiyo Sagae)

編集部

こんなお店を知っていたら、カッコイイ!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
yokoyoko_sidebar
TOPに戻る