main1
2019.02.06

時代を超えて愛される。 昔ながらのメニューにホッと!都内で見つけたおいしい喫茶グルメ

コーヒーに合うおなじみの軽食メニューには、わざわざ通いたくなる理由がいっぱい。カレーやナポリタン、オムライスなど。今回は、オリジナリティに溢れた王道の喫茶グルメ4選をご紹介します。

1.パンダも元気になった〈珈琲 王城〉の「薬膳キーマカレー」/上野

「薬膳キーマカレー」980円
「薬膳キーマカレー」980円

〈王城〉を営む玉山家は、漢方の診療所も代々受け継ぎ、過去にはパンダの風邪を治したという上野らしいエピソードも。3代目の珉碩(たみひろ)さんは、新たに「かんぽう×美」シリーズ「薬膳キーマカレー」や「なつめミルク」など生薬を取り入れたヘルシーメニューを展開。ゴブラン織りのソファや豪華なランプ、従来のメニューも健在だが、進化を続けている店なのだ。

OU-6616_atari2-768x512

(Hanako1150号掲載/photo : Yoko Tajiri text : Kahoko Nishimura)

2.帝国劇場出演者やファンが通う昔ながらの喫茶店。〈蘭〉/有楽町

DMA-_G4A5561-768x584

帝国劇場地下にある創業50年以上の老舗。帝国劇場出演者やファンの常連客も多いとか。ナポリタン880円(税込、コーヒーまたは紅茶のドリンクセット)は、麺は太めのモチモチで、野菜のボリュームたっぷりの昔ながらの味。

DMA-_G4A5532-768x584

(Hanako1153号掲載:photo : Shinji Serizawa text : Masako Serizawa)

3.創業50年以上!開放感あふれるテラスも人気。〈喫茶 ジュン〉/有楽町

DMA-_G4A5267-768x584

東京交通会館完成と同時にオープン。エビやマッシュルームを混ぜ合わせてふんわり焼いたびっくりオムライス930円(税込、平日限定)。他には、渦巻きのソフトがのったいちごミルクフロート800円(税込)などキャッチーなメニューも。

DMA-_G4A5246-768x584

(Hanako1153号掲載:photo : Shinji Serizawa text : Masako Serizawa)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る