tDMA-0217hnk_yasmin_0609_b-768x584
2019.02.08

体の内側からキレイに。 無添加グルメで美と健康をアシスト!【都内】自然派料理が楽しめる専門店3選

オーガニックやグルテンフリーなど、健康や美を意識した食事法を心がけたいお年頃。その中でも今回は、都内で見つけた無添加グルメが人気のおすすめ店をピックアップ!目指せ、健康美人!

1.ワインに合う中華〈ビストロシノワ YASMIN〉/西荻窪

DMA-0217hnk_yasmin_0587_b-768x584

〈銀座アスター〉出身の佐藤恭生さんと妻の真由子さんが開いた気鋭の中華ビストロ。4年前にオープンした下井草の店から移し、念願の西荻エリアへ。“体に負荷のかからない食事”を基本に、無添加・無化調にこだわり、ワインは全て自然派。料理にはイタリアンやフレンチのエッセンスを取り入れ、ジャンルを飛び越えたネオ中華を展開。

米油を使って軽い口当たりに仕上げた「山形豚の黒酢酢豚」1,200円、「プルーンと胡桃の揚げワンタン」500円。ポルトガルの辛口ロゼ「カルム・ロゼ」グラス650円
米油を使って軽い口当たりに仕上げた「山形豚の黒酢酢豚」1,200円、「プルーンと胡桃の揚げワンタン」500円。ポルトガルの辛口ロゼ「カルム・ロゼ」グラス650円

ロゼの甘いイメージとは一線を画す、しっかりした味わいが料理にもよく合う。グラスワインはスパークリング、白、ロゼ、赤を計8種用意し、気軽にオーダーできる。厨房全体も見渡せる開放的な空間で気分も軽く。

(Hanako1129号掲載/photo:Kayoko Aoki text:Yumiko Ikeda)

2.LAの洗練されたヘルシーフォー。〈Pho 321 Noodle bar〉/原宿

MG_0059-768x584

カリフォルニアのフォー文化に影響を受けながら、独自のアレンジを加えたベトナム麺を提案する食堂。化学調味料無添加のヘルスコンシャスなフォーを提供する。

「野菜のフォー」Sサイズ830円(Mは1,080円)
「野菜のフォー」Sサイズ830円(Mは1,080円)

鶏&牛フォーのほかに野菜や魚のブンなどもあり、契約農家から直送される旬の無農薬野菜が盛りだくさん。スープは鶏スープに昆布だしを加えたWスープ。食後の喉の渇きとは無縁。

(Hanako1140号掲載/photo : Kenya Abe, Yoichiro Kikuchi, Yuko Moriyama, Jiro Fujita text : Kimiko Yamada, Yumiko Ikeda, Mariko Uramoto)

3.カラフルな餃子は美人を作る!〈線條手打餃子専門店〉/池袋

eb12e0b2ad0a429da73c6cd73c4fcfd7-768x584
「薔薇餃子」3個680円
「薔薇餃子」3個680円

無添加・無着色、手作りでカラフルな色合いが目を引く餃子は、美と健康を願って皮に新鮮野菜やフルーツなど様々な有機食材を練り込んだ品。餡にはたっぷりの季節野菜も使われている。これを自家製薬膳タレでいただくと、どんどんイケる!ベジタリアン餃子も人気。

(Hanako1146号P46.47掲載/photo : Kanako Nakamura text : Kimiko Yamada)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る