縁結びの神様〈出雲大社〉へ。結びの地でいただく出雲グルメ3選!
2019.01.08

「縁」をいただこう。 縁結びの神様〈出雲大社〉へ。結びの地でいただく出雲グルメ3選!

たまには遠出して、幸せに繋げる良い「ご縁」をいただきに、長い歴史を持つ〈出雲大社〉へ足を延ばすのはいかがでしょうか。今回は、出雲エリアでいただける絶品グルメをご紹介します!
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

島根の〈出雲大社〉とは?

島根 出雲大社

縁結びの神様として有名な大国主大神を祀る。

島根 出雲大社
%28%7B%20atariName%3A%20%22_W5A7727.jpg%22%2C%20saveFileRef%3A%20new%20File%28%22%7E/Desktop/036-037/_W5A7727.eps%22%29%7D%29

神楽殿の大注連縄は長さ13.5メートル、重さ4.4トンと日本最大級!

【出雲名物】

1.参拝後のランチはここで決まり!店主がこだわりぬく出雲そば。/そば処田中屋

出雲大社のすぐ目の前にあるお店。

島根 そば処田中屋
%28%7B%20atariName%3A%20%22_W5A8518.jpg%22%2C%20saveFileRef%3A%20new%20File%28%22%7E/Desktop/036-037/%25E3%2582%25AD%25E3%2583%25AA%25E3%2583%258C%25E3%2582%25AD%25E7%2594%25BB%25E5%2583%258F/_W5A8518.eps%22%29%7D%29

そばを殻ごと挽いた、風味豊かな手打ちそばが丸い容器に入った「三色割子そば」1,000円は、野外でそばを食べるため、弁当の重箱にそばを入れていた名残りなのだとか。寒い時季は「釜あげそば」720円もおすすめ。もっちりした食感が特徴。また、木の温もりを感じる店内の雰囲気も魅力的だ。

2.創業129年。松江で愛される寿司屋の看板メニューは世にも珍しい蒸した寿司。/浪花寿司

島根 浪花寿司
%28%7B%20atariName%3A%20%22_W5A7445.jpg%22%2C%20saveFileRef%3A%20new%20File%28%22%7E/Desktop/036-037/%25E3%2582%25AD%25E3%2583%25AA%25E3%2583%258C%25E3%2582%25AD%25E7%2594%25BB%25E5%2583%258F/_W5A7445.eps%22%29%7D%29

「蒸し寿司」(あら汁付き)1,100円は、その名の通り、ちらし寿司をせいろで蒸したもの。せいろを開けるとふわりと漂う酢の香りが食をそそる。寒さ厳しい冬の松江で寿司を温めてもてなしたい心遣いから生まれたメニューだ。「創業から同じ味を守っています」と五代目の坂本幸枝さん。

3.古から神在月のときに振る舞われていた歴史ある出雲名物スイーツ。/〈出雲ぜんざい餅〉

島根 出雲ぜんざい餅
%28%7B%20atariName%3A%20%22_W5A8042.jpg%22%2C%20saveFileRef%3A%20new%20File%28%22%7E/Desktop/036-037/%25E3%2582%25AD%25E3%2583%25AA%25E3%2583%258C%25E3%2582%25AD%25E7%2594%25BB%25E5%2583%258F/_W5A8042.eps%22%29%7D%29

出雲老舗和菓子屋〈坂根屋〉が作った「出雲ぜんざい」500円は、ほっこりあたたまる甘さが優しいスイーツ。甘すぎないあずきと、軟らかいおもちがうれしい。ぜんざいは、出雲地方の「神じんざいもち在餅」が出雲弁で訛って「ずんざい」、さらには「ぜんざい」となって京都に伝わったという逸話も。

(Hanako1125号掲載/photo:YoichiNaganotext:AsamiAsai,ChihiroYamamoto)

今月のスペシャル

おこもりホテル特集!【Hanako特別プラン】で泊まれるホテルも!…知っておきたいお得情報が満載。おこもりホテル特集!【Hanako特別プラン】で泊まれるホテルも!…知っておきたいお得情報が満載。
TOPに戻る