お米好き必見!炊きたてほっかほかの白米グルメが堪能できる都内おすすめ店3軒
2018.12.07

ご飯の旨みを最大限に。 お米好き必見!炊きたてほっかほかの白米グルメが堪能できる都内おすすめ店3軒

和食の醍醐味である「白米」。噛めば噛むほど甘みと旨みが感じられる美味しさがたまりません。今回は、そんな「白米」にこだわったお店をご紹介します。土鍋や本格窯で炊き上げるご飯を口に入れた瞬間に広がる幸せ、和食の美味しさを再発見できるはず。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

1.炊きたてご飯とおかず。シンプルな四季の和食を。〈否否三杯〉/青山

さまざまな国やスタイルの食事を選べる東京で、〝ご飯とおかず〞を気楽に食べられるお店を、とオープン。ランチは、汁物、自家製豆腐、おばんざいの小鉢、漬物が付く定食。「あじフライ定食」1,300円(税込)など。ランチのご飯は、おひつでサーブ。

つどつど炊き上げる「釡炊きご飯」850円。蓋を開けた時の甘い香りもごちそう。「お漬け物盛り合わせ」550円。昼は2升炊きの羽釡で、夜は注文ごとにテーブルで炊き上げるご飯は、京都の老舗米料亭〈八代目儀兵衛〉が季節ごとにブレンドするオリジナル。炊きたてだからこそのおいしさと、親しみやすい四季ごとのおかずが中心だ。

「秋鮭のみそ焼き」1,800円。甘くジューシーな身と味噌の風味にご飯が進む。例えば、旬魚のお造りや自家製豆腐から、いぶりがっこでアレンジしたポテトサラダやピリ辛の「手羽の白味噌辛揚げ」など。

「六歓 花」650円(90ml)など、全国の日本酒や国産ワイン、自家製の生姜レモネードなどドリンクも多彩。

〈否否三杯〉
■東京都港区北青山1-2-3 青山ビルヂングB1
■03-3470-1838 
■11:30~14:30(14:00LO)、17:30~23:00(22:30LO)/日祝休 
■40席/禁煙

(Hanako1165号掲載/photo : Yuko Moriyama text : Yumiko Ikeda)

2.ライブ感あるカウンター席で、極上ランチを味わう幸せ。〈ぎんざ一二岐〉/銀座

料理長が鈴木博道さんに替わり、昼は今まであった時間制限をなくしてコース料理のみと内容もリニューアル。

「鰹の藁焼き」ほのかな燻香をまとい旨味が凝縮した逸品。名物の、毎日高知から空輸される鰹を、食べる直前に目の前で炙る藁焼きと、土鍋で炊き上げる絶品ご飯はもちろん不動のラインナップ。

「土鍋ご飯」一文字ご飯は、炊きあがりにまだ誰も触れていないことを表しているそう。ダシ巻き玉子もその都度焼き上げる。おいしい料理の数々を堪能した後のご飯は、アルデンテからおコゲまで、4段階の味の違いを楽しませてくれる。魚のダシで作るダシ巻き玉子をはじめ、自家製のご飯のお供がどれも素晴らしい。

〈ぎんざ一二岐〉
ランチ3,800円〜、夜13,000円〜。要予約。
■東京都中央区銀座2-14-6第2松岡ビルB1
■03-6278-8110
■11:30〜12:30LO、18:00〜20:00LO 日、月昼休
■17席/禁煙

(Hanako1165号掲載/photo:Satoshi Nagare text:Riko Saito)

3.夕食は、手間暇かかった家庭料理でほっこり〈emma.〉/代々木公園

江間瞳さんが切り盛りする隠れ家的和食バル。店内には長いカウンターがあり、一つの食卓を囲むように食事が楽しめるアットホーム感が新しい。

手間暇かけて仕込んだ家庭料理は、野菜たっぷりで優しい味わいにほっこり。写真は「大根のことこと煮 肉みそのせ」650円と「しっとり鶏ハムサラダ仕立て」700円。

さらにほとんどのお客さんが注文するのが、「土鍋ごはん」半合500円。和食のおいしさを再認識できる一軒です。

(Hanako1123号掲載/photo:Michi Murakami, Kanako Nakamura text:Emi Suzuki)

emma.

emma.

  • その他日本料理/小料理屋
  • 代々木八幡駅/代々木公園駅
編集部

白米と合わせて食べるおかずの美味しさも倍増!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
yokoyoko_sidebar
TOPに戻る