おしゃれな隠れ家で二軒目にぴったり!都内人気エリアの雰囲気抜群なダイニング・居酒屋。
2018.11.09

完全保存版アドレス。 おしゃれな隠れ家で二軒目にぴったり!都内人気エリアの雰囲気抜群なダイニング・居酒屋。

二軒目の深夜飲みは、グッと大人な隠れ家で。今回ご紹介するお店は東京都内の二軒目にぴったりな隠れ家風酒場3軒。おしゃれで落ち着きのある内装は、大人な二人のデートにもってこい。お酒に合うおつまみの一手間もうれしい、とっておきのお店です。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

1.燻製とワインでまどろむ、隠れ家でのひと時。〈三軒茶屋燻製201号室〉/三軒茶屋

看板のない隠れ家的な燻製専門店。サクラのスモークウッドを使い、30℃以下にキープしながら、素材を4〜16時間以上かけて燻す冷燻法だから、たらこやサーモンなども生のままで旨味を凝縮、食材そのもののおいしさを堪能できる。

ふくよかな香りと旨味をまとった燻製焼きチーズは、「オヴェハ・ネグラ」などコクのあるワインと。グラスワイン680円〜。

(Hanako1120号P86掲載/Hanakophoto:Kenji Nakata text:Mikiko Okai, Momoka Ohba)

三軒茶屋燻製201号室

三軒茶屋燻製201号室

  • その他専門店/ダイニングバー
  • 三軒茶屋駅

2.アンティークな店内で、手の込んだ料理と日本酒を。〈メデ・イタシ〉/都立大学

大人の夜を堪能したい人におすすめなのが、都立大学駅にある〈メデ・イタシ〉。店名の由来は、おめでとうという意味の「メデタシ」から派生し、「愛甚(メデ・イタシ)」としたそう。メデタシまでの過程を楽しんでもらいたいという思いが込められている。明治〜昭和期のアンティークもので上品にしつらえ、こぢんまりとした店内では、看板メニューの煮付けをはじめ、丁寧な仕事ぶりが窺える料理が食べられる。

「真鯛の煮付け」2,400円は、純米酒と和三盆を使った上品な味わい。

〈メデ・イタシ〉
■03-6316-8372
■東京都目黒区平町1-26-6101
■17:30〜23:30(22:30LO) 日休
■16席/禁煙

(Hanakoシティガイド『気になる、自由が丘。』掲載/photo:Mina Soma, Junsuke Obi text:Satoko Kanai)

3.落ち着いた雰囲気と圧倒的なワイン数。最後の一杯をしっとりいただくなら。〈神泉 遠藤利三郎商店〉/神泉

お腹をしっかり満たしたところで、〆に上質なワインを求めてさらに旧山手通り方面へ下り、〈神泉 遠藤利三郎商店〉へ。

なかなか予約の取れない人気店だから、あえての深夜帯がおすすめ。しっとりと照明を落とした大人な空間で、最後の一杯を堪能しよう。

(Hanako1121号掲載/photo:Shinichiro Fujita text:Toyofumi Makino edit & text:Chisa Nishinoiri

編集部

Hanako推薦店だから、二軒目も心配ご無用!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
日比谷のまちを、おいしく生きる。
TOPに戻る