テイクアウトができるお店も!名物「贅沢丼」をお目当てに訪れたい都内の人気店とは?
2018.11.01

老舗の貫禄あり。 テイクアウトができるお店も!名物「贅沢丼」をお目当てに訪れたい都内の人気店とは?

特別な記念日やお祝いの日にしか味わえない贅沢料理。たまにはがんばっている自分へのご褒美として、「贅沢丼」を楽しんでみてはいかがですか?口に入れた瞬間、美味しさで笑顔がこぼれること間違いなしの逸品です。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

1.愛され続ける老舗の味。〈鳥料理 玉ひで〉/人形町

DMA-161214_125258

江戸時代創業、老舗店のランチ「元祖親子丼」は女性が親しみやすい味。並ばずに食べたいなら、「元祖親子昼膳」3,300円の予約がオススメ。

(Hanako1125号掲載/photo:Maki Ogasawara,Hiro Nagoya text:MARIKO Chihiro Yamamoto)

2.ごはんを覆い隠すズワイガニ。3段階の食べ方で満喫。〈日本橋 かに福 本店〉/日本橋

日本橋 かに福 本店

創業以来、海の幸を使った多彩な料理を披露してきた店。御かにめし以外にも、かにクリームコロッケなど、カニ好きにはたまらないメニューがそろう。〈コレド室町1〉にも姉妹店が。

日本橋 かに福 本店
名物の「御かにめし」(普通)1,700円は、和風だしが効いたご飯の上に、ズワイガニのほぐし身と魚卵をふんだんにちらしたカニ重。

名物の「御かにめし」(普通)1,700円は、和風だしが効いたご飯の上に、ズワイガニのほぐし身と魚卵をふんだんにちらしたカニ重。まずはそのまま、次にアツアツのだしをかけて上品に。さらにカニ味噌をだしに溶いていただくと、濃厚な風味と味わいが際立つ。

(Hanako1142号掲載/photo:Michi Murakami text:Emi Suzuki)

3.テイクアウト可能。ふっくらカリッがたまらない!〈八ツ目や にしむら 目黒店〉/目黒

〈八ツ目や にしむら 目黒店〉

店頭でうなぎを焼く威勢のいい姿と甘じょっぱい香りにつられ、足を止める人続々。

〈八ツ目や にしむら 目黒店〉

うな重定食(中)2,800円(税込)は、ふっくらと蒸した身を注ぎ足しのタレにくぐらせ、炭火でカリッと焼いた絶品。

(Hanako1125号掲載/photo:Michi murakami text:Nami Hotehama)

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。

今月のスペシャル

定番からトレンドもわかる!『愛され手土産』特集定番からトレンドもわかる!『愛され手土産』特集
TOPに戻る