濃厚デミグラスソースがたまらない!東京・横浜のハンバーグの名店3軒
2018.10.21

溢れ出す肉汁… 濃厚デミグラスソースがたまらない!東京・横浜のハンバーグの名店3軒

いくつになってもご馳走の代名詞であり続ける、ハンバーグ。今回はデミグラスソースがたっぷりかかったご馳走ハンバーグが食べられる東京・横浜の名店をご紹介。おひとりさまで味わうもよし、デートで楽しむもよしの3軒です。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

1.煮込み料理専門店の絶品煮込みハンバーグ。〈七面坂 Necojitaya〉/日暮里

0000a3a3166fe404e118e82c3aaaf42d

猫舌でも通いつめたくなる熱々煮込み料理専門のワインバル。

12e62d5e8a03e3fa382fdad375bef6d1

ワインもつけて1,200円の手造り煮込みハンバーグなどのランチメニューも充実し、通し営業なので夕暮れ前に赤ワインモツ煮込みをつつきながら軽く一杯、なんて贅沢なひとときも過ごせるのが○

(Hanako1144号掲載/photo : MEGUMI (DOUBLE ONE) text & edit : Noriko Maniwa)

2.長年愛されてきた、老舗のふっくらハンバーグ。〈洋食キムラ 野毛店〉/横浜

180725hn_0609atari

創業80年を迎えた洋食店の看板メニューは、ふっくらと軟らかな食感のハンバーグ。

180725hn_0575atari
ハンバーグセット1,320円(税込)。サラダ、パンかライス付き。

仮焼き後にひと晩味をなじませ、注文後に焼き上げる先代のレシピを引き継ぎ、2代目と3代目が守る味は、長年通うファンも。

(Hanako1163号掲載/photo : Akiko Mizuno text : Yumiko Ikeda)

3.肉食フードライター・小寺慶子さんリコメンド!〈鉄板焼きハンバーグの店 モンブラン 浅草店〉のハンバーグ/浅草

鉄板焼きハンバーグの店 モンブラン 浅草店
鉄板焼きハンバーグの店 モンブラン 浅草店
1日500食売れるハンバーグはデミソースのロシア風など計8種類(各880円)

1日500食売れるハンバーグはデミソースのロシア風など計8種類(各880円)。肉は脂がのりつつ硬さもある国産牛肩ロース100%。

鉄板焼きハンバーグの店 モンブラン 浅草店

店名にちなんだ4.8センチの“標高”に仕上げる秘密は、フライパンで焼いてからオーブンで火を通し、肉汁を循環させ膨らませる独自の調理法だ。「初体験は雑誌の取材でした。注文が入ってから成型するのでフレッシュだしコスパも高い」(肉食フードライター・小寺慶子)

(Hanako1144号掲載/photo : Yoichiro Kikuchi Shoji text : Hiroko Yabuki)

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。

今月のスペシャル

定番からトレンドもわかる!『愛され手土産』特集定番からトレンドもわかる!『愛され手土産』特集
TOPに戻る