119
2018.09.27

京都の「地元ごはん」は麺にあり! あなたはさっぱりネギ派?とろ〜り、あんかけ派?最新・京都で食べるべき美味しい麺グルメはコレ!

京都で今食べるべき麺とは?上品かつ深みのあるスープと、繊細な麺の組み合わせが特徴的な京都麺の魅力。さっぱりな気分の時も、濃厚な味わいを楽しみたい時にもぴったりな、おすすめ京都麺をご紹介します。

1.究極にシンプルだからこそ、素材を厳選。〈甘味と和食 香穂〉/七条川端

DSC2957

カジュアルモダンな和食店の看板メニュー。たっぷりの京都産九条ねぎ、のど越しのいい素麺に隠れた陰の主役は利尻昆布と花かつおでひいただし。

DSC3016

だしを引き立てる最高ランクの素麺。「九条ねぎと生姜のシンプルにゅう麺」880円

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

吉野葛入り三輪素麺が、風味豊かなだしを抱き込む。

〈甘味と和食 香穂〉
■京都府京都市東山区七条通川端東入ル下堀詰町234
■12:00~15:30LO(夜は前日までに要予約の会席のみ)
■075-744-6611/月休、ほか不定休 
■17席/禁煙

2.おなかも心もほっこり温かに。京都人が愛するあんかけの名作。〈権兵衛〉/祇園

DSC28671

1927(昭和2)年創業のそば店。溶いた卵をあんでとじた“けいらん”は、ふわふわの食感がクセになる京都の定番。

DSC2903_atari

添えたショウガが風味を引き締める。あんの下には、コシのある細めのそばが潜んでいる。「けいらんそば」1,000円(税込)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

歴史を感じる店内も京都らしくて落ち着ける。同じ仕立てのうどんも人気。

〈権兵衛〉
■京都府京都市東山区祇園町北側254
■075-561-3350
■11:30~20:00/木休
■50席/禁煙

(Hanako1154号掲載:photo : Harry Nakanishi text : Aya Honjo)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る