絶品中華に思わずリピート!四谷三丁目で出会える、こだわりメニューが自慢の中華料理店とは?
2018.09.24

知っておきたい逸品。 絶品中華に思わずリピート!四谷三丁目で出会える、こだわりメニューが自慢の中華料理店とは?

子どもから大人まで、幅広い層から人気を集める中華料理。いつもの味も美味しいけれど、ちょっとアレンジの効いた味やこだわりが詰まったものも人気!本場中国にはない、東京で独自の進化を遂げた、四谷三丁目で楽しみたい中華をご紹介します。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

1.パリッとした焼きあがりにもちもちとした食感の餃子が自慢。〈遊猿〉

8a893283afbf28c0c69a292a21c50a4d

〈シャンウェイ〉〈エンジン〉など人気店出身の大内誠也さんの中国料理店。

07f9713e596faafe8ad0f82bd4ad8d99
「鉄板大餃子」1個200円(売り切れ次第終了)

人気の大餃子は自家製の皮で包んだ餃子を注文ごとに蒸し、直後に鉄板でカリッと焼き上げる。前菜にも使用する自家製香味ソースも美味の決め手。おつまみ感覚のものが多い餃子だが、ここは1個でも食べ応えがあって、メインディッシュになる。

(Hanako1146号掲載:photo : Kanako Nakamura text : Kimiko Yamada comment:Asami Kumakura)

2.和の空間の中で堪能する中華。〈の弥七〉

の弥七1

数寄屋造りの店内はまるで高級割烹のよう。日本人の美意識に訴える和のしつらえ、空間、器、食材を使い、どこにもない味を生み出す山本眞也シェフの独創性が冴え渡る。

の弥七3

和食器に美しく盛られる料理も懐石風だが、食べればその根底にはしっかりとした中華の味わいが。白金豚バラ肉の四川蒸し(写真上)などはまさにその真骨頂。

の弥七2
先附の香箱蟹

先附の香箱蟹。上海蟹の紹興酒漬けベースのソースで。料理は全て16,000円のおまかせコースより。

(Hanako1146号掲載:photo : Kanako Nakamura text : Riko Saito)

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。

今月のスペシャル

進化が止まらない!行列ができるパン特集進化が止まらない!行列ができるパン特集
TOPに戻る