_MG_0828.eps
2018.08.12

カレー、ラーメン、グラタン…! 銀座でおひとりさまランチにぴったり。味もボリュームも大満足なオススメ店3軒

銀座というと、高級フレンチやカウンターのお寿司屋さんなど、敷居の高いお店が集まっているイメージが強いのでは?今日はおひとりさまランチ、なんて時にお腹も心も満たしてくれて気軽に入れるお店もたくさんあるんです!ラーメン、グラタン、カレーといった人気ランチメニューを楽しめるお店をご紹介します。

1.【閉店情報あり】ポタージュのような鶏白湯はヤミツキに。〈銀座 篝 Echika fit銀座店〉

kagari-006_atari

丸鶏を部位ごとに炊き、丁寧な灰汁取りをして完成するスープは、ぽってりと濃厚でコラーゲンたっぷり。

「鶏白湯soba」950円
「鶏白湯soba」950円

彩り鮮やかな季節野菜のトッピングは、春ならフレッシュなウルイの葉や昆布ダシで炊いた新ゴボウなど。国産生姜や玄米酢を途中で加えて味の変化を楽しんでも美味。

(Hanako1153号掲載: Kayoko Aoki, Akira Yamaguchi text : Yumiko Ikeda)

2.店主の地元、新潟県の美味しい野菜とお米を味わえるカレー。〈はるかなるカレー〉

DMA-_MG_0874

銀座でバー経営をしている知人に、ランチ営業をまかされたのが、オープンのきっかけ。真っ先に、新潟県長岡市の実家のおいしい米と野菜を食べてもらいたいと思い、7〜9種類の野菜を使ったオリジナルカレーを出すことにした。メニューは1種類でも、季節ごとに野菜は替わるためリピーターは増えていった。開店から2年して一人で仕切れるサイズでやりたいと、同じエリアで半分の席数の物件を見つけ、いまの場所に移転。

7~9種類の季節の野菜と手羽元の入った「はるかなるカレー」1,000円
7~9種類の季節の野菜と手羽元の入った「はるかなるカレー」1,000円

野菜は大きめにカットし、素揚げしている。野菜とお米は地元新潟から格安で新鮮なものを仕入れている。コーヒー300円、アルコール一律500円。休日、開店時間はFBかツイッター@HarukaCurryで確認を。夜はワインバーに。

(Hanako1130号掲載:photo:Kenya Abe text:Tomoko Kurose)

3.マカロニではなくスパゲッティ。特製ソースで味わう名物グラタン。〈CAFE仏蘭西屋〉

DMA-_DSC3144

1981年創業。銀座で貴重な憩いの場所。名物はマカロニのかわりにスパゲッティを使っ
たオリジナルのスパグラタン。ホワイトソースとトマトソースを合わせて作る特製ソースは、風味付けにニンニクが少量加わりスパゲッティと好相性。

DMA-_DSC3155

ベーコン、アスパラ、ミモレットチーズをトッピングし、285度の高温でサッと焼き上げできたてあつあつを提供している。ミモレットチーズがパスタと絶妙に絡み合う。写真は「ベーコンとアスパラのスパグラタン」1,030円(ランチ価格・税込)。ランチタイム(11:00~16:00)はドリンクがセットに。「スパグラタン」は単品930円(税込)もあり。

(Hanako1130号掲載:photo:Michi Murakami, Eriko Matsumoto text:Etsuko Onodera)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る