cd7b17cf222ca8bde9e825f892935a7c2
2018.07.29

谷根千エリアのイチオシスポット。 喫茶にバーに、八百屋のスムージーも。「根津」を楽しめる!おすすめ4軒

いま、海外からの観光客にも人気の「谷根千」エリアの中でも、古き良きレトロな雰囲気と新しさが共存する根津は特に押さえておきたい街。老舗の喫茶店からふらりと寄りたいバーまで、その魅力をご紹介!

1.地元民も観光客もとりこにするサンドは必食。〈カヤバ珈琲〉/根津

KA-6016_atari12

大正時代からの民家を改修して営業を続ける〈カヤバ珈琲〉。実は12年前に一度閉業したのだが、創業者の家族や町の人の熱望を受け、2年後に再スタートした。

KA-6040_atari1

ふわふわのパンに、しっとりとした卵焼きが優しい「たまごサンド」500円は、再開後もメニューに並ぶ看板の品。近ごろは谷根千を観光する外国人にも大人気。コーヒーは〈フグレントウキョウ〉の豆を使用。

(Hanako1150号掲載/photo : Yoko Tajiri text : Kahoko Nishimura)

2.八百屋さんで楽しめる、フレッシュなスムージーとは?〈VEGEO VEGECO 根津〉/根津

aff76ed9ccfcfb3194fb41cf080eb3a2

スムージーのセットやこだわり抜いた野菜の通信販売で人気の〈べジオべジコ〉が八百屋さんをオープン。九州を中心に各地の農家をハッピーにすることを使命に、クラウドファンディングによって実現した店舗だけあって、旬の野菜をそのまま食卓にお届け。

右は小松菜のグリーンスムージー500円、左はニンジンのオレンジスムージー600円
右は小松菜のグリーンスムージー500円、左はニンジンのオレンジスムージー600円

珍しい野菜も扱い、どのように調理すればいいかのヒントも教えてくれるのがうれしい。旬の野菜をそのまま搾ったスムージーはバナナやオレンジなどをブレンドした飲みやすい味。
散歩途中にそのまま食べられるカップ入りカットフルーツなども販売。

(Hanako1144号掲載/photo : MEGUMI (DOUBLE ONE) text : Noriko Maniwa)

3.自家製あんのやさしい味に癒されて。〈芋甚〉

52A2618_atari
あん好きにオススメは「小倉あんみつ」480円(税込)
あん好きにオススメは「小倉あんみつ」480円(税込)

あんと小倉アイス、共に自家製で甘さ控えめのやさしい味。

4.粋なバーでほっと一息〈バー長谷川〉

6d5041aa30d92b427b92b64b492b91ea

高級感がありながらも、根津の地にふさわしいアットホームな空気に安らげる〈バー長谷川〉。

cd7b17cf222ca8bde9e825f892935a7c1

軽食メニューも豊富で、特にふわふわの食感がたまらないタマゴサンドはぜひ試して。谷根千散策の終わりに、ほっと一息つける。

(Hanako1144号掲載/photo : MEGUMI (DOUBLE ONE) edit & text : Noriko Maniwa)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る