回転レストラン、ホテルスイーツ、待ち合わせ喫茶店。大人の女性デビューの第一歩に選びたい街「日比谷」の人気カフェ&スポット!
2018.03.25

30才になったHanakoもおすすめ。 回転レストラン、ホテルスイーツ、待ち合わせ喫茶店。大人の女性デビューの第一歩に選びたい街「日比谷」の人気カフェ&スポット!

レトロモダンな雰囲気を怯えずに堪能できるのも大人の女性って証だってことに、この街できっと気づくはず。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

1.変わっていく景色に、私の心も動く。〈銀座スカイラウンジ〉

東京交通会館の最上階に位置し、有楽町の景色が一望できる〈銀座スカイラウンジ〉。ここは80分で一周する回転レストランになっており、開店当初はかなりの注目を集めたそうだ。昔からフレンチを中心とした料理を提供し、記念日など特別な日に訪れるお客さんが多かったが、今では眺めの良い景色をバックにカジュアルに喫茶を楽しむ人も多い。

中でも人気のメニューは、マロンと生クリームのシンプルな作りだけにパティシエの腕がダイレクトに表れる、これぞ洋菓子というマロンシャンテリーだ。

銀座スカイラウンジ

銀座スカイラウンジ

  • フレンチ/洋食
  • 有楽町駅

2.どっぷり、非日常に浸る時間が大切。〈帝国劇場〉

1911年に日本初の西洋式演劇劇場として竣工された歴史ある〈帝国劇場〉は、演劇好きならす必ずともいつかは訪れたい憧れの地。『レ・ミゼラブル』『ミス・サイゴン』『エリザベート』などの作品や、堂本光一さん主演の『Endless SHOCK 』まで数々の名作が上演され続けている。皇居のお堀のすぐ近くに位置する素晴らしいロケーションで、劇場に一歩入れば猪熊弦一郎によるモニュメントとステンドグラス、ルネッサンス調の美しい内装が迎えてくれ、名作を観る気分を盛り上げてくれる。

写真提供:東宝演劇部

昔は「今日は帝劇 、明日は三越 」というキャッチフレーズがあったほど人気の劇場は、今もなお色褪せることなく多くのファンを惹きつける。劇場内は1,900席ほどあり通常1時間前から開場しているので、早めに足を運んで、非日常を思いっき味わうのもいい。


〈帝国劇場〉
■03-3213-7221
■東京都千代田区丸の内3-1-1
■定休日は演目に準ずる


(Hanako1153号 P147 photo : Shinji Serizawa text : Masako Serizawa)

3.変わらない私は、パンケーキが好きな私。〈帝国ホテル 東京 パークサイドダイナー〉

28年にわたる歴史を積み重ねてきた日比谷のランドマーク的存在の帝国ホテル。この由緒あるホテルで60年前から出されている定番メニューとして知られるのが、パンケーキだ。みゆき通りに面し、日比谷の景色が気持ちよく見渡せる〈パークサイドダイナー〉 では、1953年のパンケーキ誕生以来、専用の厚さ3センチの鉄板で、その日の専任のシェフが火加減を細やかに微調整しながら一枚一枚、毎日丁寧に焼き上げている。

4.相手が待ち合わせに遅れるのが、ちょっとうれしい。〈珈琲館 紅鹿舎〉

劇場の街としても知られる日比谷。1957年に創業し、歴史を感じさせる外観が印象的なこちらの老舗喫茶店は宝塚劇場にも近く、タカラジェンヌやファンが観劇前や後にテンションを高くして訪れることで有名だ。

ぎっしり書き込まれたメニューの中でも人気なのは「カフェタカラヅカ」というコーヒー。繊細なグラスの底にブルーキュラソーや香りづけの砂糖、カラースプレー、バラの生ク リームが入れられており、店員さんがそこにコーヒーを注ぐとホイップクリームがクルクルと回り出す。まるでそれはタカラジェンヌが舞台の中心で踊っているかのよう。コーヒーが注がれてホイップが溶けていく様子は、最後にタカラジェンヌがスポットライトを浴びているのをイメージしているそうだ。美しく儚いカフェのお供には、この〈紅鹿舎〉 のもう一つの名物、元祖ピザトースト注文したい。たっぷりチーズがのっているので、パンの食感も残すため厚めにスライスされたトーストも、あまりのおいしさにペロリと完食してしまう。

(Hanako1153号 P42,43 photo : Ayumi Yamamoto text : Masako Serizawa)

café 紅鹿舎

café 紅鹿舎

  • 喫茶店/洋食
  • 有楽町駅
編集部

回転レストランに老舗喫茶…流行から少し離れてみてわかる良さがここにあるかも。

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
TOPに戻る