トースト2枚、ゆで卵、サラダ。山パンにはローゼルジャム、黒ゴマパンには小倉付きで、小倉とポテトサラダは尾藤さんの母の手作り。「モーニングセット」飲み物代+165円
2022.02.06

名古屋モーニング温故知新。 【名古屋】70年代創業の名店〈喫茶ニューポピー〉は今、母と作る新しい店に。

喫茶店の街として不動の地位を築いている名古屋。ここもまた、新陳代謝を繰り返しながら文化を受け継いできた。コーヒー1杯の値段にトーストや卵がつくモーニングサービスも群雄割拠の名古屋ならではの発展を遂げている。Hanako特別編集『喫茶店に恋して。[改訂版] 』よりお届け。
トースト2枚、ゆで卵、サラダ。山パンにはローゼルジャム、黒ゴマパンには小倉付きで、小倉とポテトサラダは尾藤さんの母の手作り。「モーニングセット」飲み物代+165円
トースト2枚、ゆで卵、サラダ。山パンにはローゼルジャム、黒ゴマパンには小倉付きで、小倉とポテトサラダは尾藤さんの母の手作り。「モーニングセット」飲み物代+165円
DMA-20211025HN_3906
無題(18)
トースト2枚、ゆで卵、サラダ。山パンにはローゼルジャム、黒ゴマパンには小倉付きで、小倉とポテトサラダは尾藤さんの母の手作り。「モーニングセット」飲み物代+165円
DMA-20211025HN_3906
無題(18)

1960〜70年代、名古屋でも喫茶店の開店ラッシュが訪れた。各店が競うように増やしたサービスは、“モーニング”に代表される。77年開業の〈喫茶ポピー〉も、そのうねりの中で誕生した店の一つ。現在は〈喫茶ニューポピー〉として新たな歴史を作り始めたところだ。マスターの尾藤雅士さんは、母から店を受け継いだ後、一時は焙煎卸売の仕事に転向。コーヒーのスペシャリストとなり、卸売業〈BEANS BITOU〉の喫茶部を開くことに。

2階に上がるとロフト席があり、レトロ喫茶の建築を思い起こさせる。3.カレーモーニング(飲み物代+550円)も。ご飯はコーヒーで炊いてあり、スパイシーなルーに合う。
2階に上がるとロフト席があり、レトロ喫茶の建築を思い起こさせる。3.カレーモーニング(飲み物代+550円)も。ご飯はコーヒーで炊いてあり、スパイシーなルーに合う。
〈喫茶ポピー〉時代の尾藤さんと母。忙しいビジネスマンのためにスピーディなサービスを届ける昔ながらの喫茶店だった。この頃のコーヒー豆は業者か3ら仕入れて使っていた。
〈喫茶ポピー〉時代の尾藤さんと母。忙しいビジネスマンのためにスピーディなサービスを届ける昔ながらの喫茶店だった。この頃のコーヒー豆は業者か3ら仕入れて使っていた。
2階に上がるとロフト席があり、レトロ喫茶の建築を思い起こさせる。3.カレーモーニング(飲み物代+550円)も。ご飯はコーヒーで炊いてあり、スパイシーなルーに合う。
〈喫茶ポピー〉時代の尾藤さんと母。忙しいビジネスマンのためにスピーディなサービスを届ける昔ながらの喫茶店だった。この頃のコーヒー豆は業者か3ら仕入れて使っていた。

さらに母が営んだ店名「ポピー」を受け継ごうと考えたとき、縁あって名古屋市西区の四間道へ。ここは江戸時代の町家や蔵が立ち並ぶ風情ある街並みだ。〈喫茶ニューポピー〉は新築だが、伝統の工法で作られた土蔵に入居。歴史を感じながら新しさに触れられるのは、提供されるメニューもまた同じ。母のレシピを加えたフードに、尾藤さんが自分の手で見出したコーヒーを合わせている。

〈喫茶ニューポピー〉

無題(19)

豆のフェアトレードや福祉にも貢献。
■愛知県名古屋市西区那古野1-36-52
■052-433-8188
■8:00~17:30LO(金土~22:00、モーニング~11:00)不定休
■34席

(Hanako特別編集『喫茶店に恋して。』掲載/ photo : Miyu Yasuda illustration : Junichi Koka text : Kahoko Nishimura)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る