top13
2018.01.26

自由が丘、中目黒、三軒茶屋の3カ所を線で結んだ三角形のエリア 【学芸大学】の名物ひと皿を味わおう。ランチにもぴったりなおすすめ店3選

自由が丘、中目黒、三軒茶屋。この3カ所を線で結んだ三角形のエリア「学芸大学」には、ちょっと歩く場所にあっても行く価値ありの、名物のひと皿が集結しています。

1.鉄板焼店の名物が専門店に!〈やきそば専門店 ぼんの〉

1.5

桜木町にある人気鉄板焼店〈ぼんの〉でコースの〆メニューとして人気だった焼きそばに特化した専門店が誕生。

使用するのはオーナーの出身地の阿波牛をはじめ、無農薬野菜も徳島産に限定。麺も大阪の製麺所に別注したオリジナルだ。ソース焼きそば700円は、ランチタイムなら野菜or麺の増量も無料!

19

人気の「塩ホルモン焼きそば」には、指定農家から直送の新鮮な阿波牛の小腸がたっぷり。ホルモンをビールのつまみに楽しむ人もいるのだとか。

2.毎日食べても飽きない一杯〈泰雅〉

210

東京ラーメンの先駆けであった浅草の〈来々軒〉。その創業者の孫にあたる長江基泰さんがオープンした店。

もちろん、名物は元祖ともいうべきラーメン600円。鶏7:豚3の割合というあっさり醤油スープに、喉越しを追求した別注品の細麺が見事に絡む。

3.澄んだダシが美味の決め手〈ばりき屋〉

39

「おでんの味はダシで決まる」からと、ここでは利尻昆布と雑味の少ない本枯節、干椎茸だけを使う。

タネには武蔵小山〈柳屋蒲鉾店〉のしゅうまい巻きや、ニラ玉など個性派も登場。これらに合わせるなら、生レモンを1週間漬け込んだ自家製レモンサワーを。

大根、ワカメ、ちくわぶ、ハンペン、高野豆腐各150円
大根、ワカメ、ちくわぶ、ハンペン、高野豆腐各150円

継ぎ足すことなく毎日、新しく引く澄んだダシは風味がよく、〆はダシ茶漬で楽しむ人も。

大根、ワカメ、ちくわぶ、ハンペン、高野豆腐各150円。

こんな記事もオススメ!
☆東横線沿線のおすすめカフェはコチラ!
☆学芸大学でおすすめのカウンターバルはコチラ!

(Hanako1146号:掲載photo : Kanako Nakamura text : Kimiko Yamada)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る