無題 (13)
2021.04.27

吉祥寺がクセになる理由。 地元民に愛され続けるおやつ12選!【吉祥寺】定番土産からユニークな逸品まで勢揃い。

吉祥寺好きに話を聞くと「あのお店にも寄っていきたい」「あの人にも会って話したい」…と気がつけば吉祥寺から離れられなくなってるみたいだ。ただ「好き」というのだけとは違う、足を運ぶほどに虜になってしまうこの感覚を味わえる吉祥寺には、「クセになる」という言葉がぴったり。吉祥寺をこよなく愛する人たちに教えてもらった、クセになる理由。今回は、街の人に愛される、こだわりのおやつが勢ぞろい。定番土産からユニークな逸品まで、喜ばれること間違いなし。

1.〈L'EPICURIEN(レピキュリアン)〉のクイニアマン

「バターの風味がじゅわっと広がる」(水野学)
「バターの風味がじゅわっと広がる」(水野学)

ミルフィーユなどが人気のパティスリー。ざくざくと香ばしい食感が楽しいクイニアマンは隠れた逸品。230円。
■東京都武蔵野市吉祥寺南町1-9-5
■0422-46-6288
■12:00~19:00 *月~金休
■8席

2.〈Dragon Michiko(ドラゴン ミチコ)〉のマフィン

「味わい豊かで、食べ応えもある」(甲斐みのり)
「味わい豊かで、食べ応えもある」(甲斐みのり)

ヘルシーなだけでなく、食べ応えや味も◎なヴィーガンスイーツ専門店。マフィン400円~、クッキー850円~。
■東京都武蔵野市吉祥寺本町2-18-7 1F
■0422-22-7668
■11:30~17:00(なくなり次第終了)*月火水休

3.〈クレープハウスCIRCUS(サーカス)〉のクレープ

「甘すぎず、ボリュームも満点」(kame)
「甘すぎず、ボリュームも満点」(kame)

ボリュームたっぷりな人気クレープ店は、「ジャンボでやすい!」の看板が目印。クレープ 250円(税込)~。
■東京都武蔵野市吉祥寺本町 1-12-13 センチュリーホーム吉祥寺ビル 1F
■0422-21-4257
■13:30~20:00 *火休

4.〈Boulangerie Bistro EPEE(ブーランジェリー ビストロ エペ)〉のパン

「公園に向かいつつ購入したい」(甲斐みのり)
「公園に向かいつつ購入したい」(甲斐みのり)

食事との相性を考え抜かれたパンがずらり。食パン280円、コンプレあんバター 230円、紅茶のブリオッシュ 300円。
■東京都武蔵野市吉祥寺南町1-10-4 1F
■0422-72-1030
■ブーランジェリー9:30~18:30、ビストロ10:30~23:00(日祝~22:00) *無休
■30席

5.〈金井米穀店(かないべいこくてん)〉のシフォンケーキ

「ふわふわで軽い食感がお気に入り」(引田かおり)
「ふわふわで軽い食感がお気に入り」(引田かおり)

米粉100%のシフォンケーキは火・木限定。午前中で完売することも。プレーン 270円(税込)。
■東京都武蔵野市吉祥寺本町2-26-9
■0422-22-5439
■9:00~19:00(土祝~18:00)※シフォンケーキの販売は火・木のみ *日休

6.〈アテスウェイ〉のケーキ

「気心の知れた友人への定番手土産」(勝山龍一)
「気心の知れた友人への定番手土産」(勝山龍一)

丁寧に作られた絶品スイーツは、並んででも食べたいおいしさ。ガトー・フレーズ 620円、焼き菓子ギフト2,100円。
■東京都武蔵野市吉祥寺東町3-8- 8 カサ吉祥寺2
■0422-29-0888
■11:00~19:00 *不定休

7.〈A.K Labo(エーケーラボ)〉の焼き菓子

「パティシエの作るお菓子のファンです」(藤森陽子)
「パティシエの作るお菓子のファンです」(藤森陽子)

素材の味が活きたフランス菓子はリピーターも多数。ガレットブルトンヌ3枚組770円、ブリオッシュ 183円(各税込)。
■東京都武蔵野市中町3-28 -11
■0422-38-9727
■10:00~18:00 *水、第1・3木休

8.〈レモンドロップ〉のチーズケーキ、レーズンサンド

「吉祥寺のケーキ屋さんといえばここ!」(永原真夏)
「吉祥寺のケーキ屋さんといえばここ!」(永原真夏)

素朴なおいしさで愛され続ける、吉祥寺の老舗ケーキ店。チーズケーキ 518円、レーズンサンド1 枚300円(各税込)。
■東京都武蔵野市吉祥寺本町1-2-8 レモンビル1F
■0422-22-9681
■10:30~21:30 *無休

9.〈ビストロ パッサテンポ〉のマドレーヌ

「ずっしりとボリューム感がある」(前田龍一)
「ずっしりとボリューム感がある」(前田龍一)

シンプルな材料で作られたマドレーヌは、ふんわりミルキーな味わい。1個346円(税込)~。
■東京都武蔵野市吉祥寺本町1-27-7
■0422-23-5125
■11:30~14:30(金~14:00)、17:30~22:00(日~21:00) *月~木休
■18席

10.〈Dans Dix ans(ダンディゾン)〉のパン

「人に勧めたくなるパンばかり」(吉田恭子)
「人に勧めたくなるパンばかり」(吉田恭子)

原材料にこだわった滋味深いパン。BE20 350円、クルスティヨン 180円、クロワッサン 240円(各税込)。
■東京都武蔵野市吉祥寺本町2-28-2 B1
■0422-23-2595
■11:00~12:00、13:00~なくなり次第終了 *火水休

11.〈ウッドベリーズ〉の「生フローズンヨーグルト」

「たまに無性に食べたくなる味わい」(chico)
「たまに無性に食べたくなる味わい」(chico)

できたての生フローズンヨーグルトはさっぱり爽やか。季節限定フレーバーも要チェック。Sサイズ 370円~(税込)。
■東京都武蔵野市吉祥寺南町1-4-1 井の頭ビル1F
■0422-48-3315
■12:00~21:00 *年末年始休

12.〈hamaya(ハマヤ)〉の「ジンジャーエールのもと」

「炭酸水で割るだけで贅沢な気分に」(トリンドル瑠奈)
「炭酸水で割るだけで贅沢な気分に」(トリンドル瑠奈)

一般的なものとは一味違う、スパイシーながらも優しい甘さが魅力。大サイズ 900円(税込)。
■東京都武蔵野市吉祥寺本町4-25-9
■0422-23-6110
■10:00~19:00 *月、第2・4 日休

Recommender

◆甲斐みのりさん(かい・みのり)/数多くの菓子や手土産の本を執筆。週1で足を運ぶほどの吉祥寺好き。最新刊『たべるたのしみ』(ミルブックス)が発売中。

◆勝山龍一さん(かつやま・りゅういち)/〈journal standardFurniture〉 プレス兼吉祥寺店ストアマネージャー。餃子とアウトドアと吉祥寺を愛する38歳。20代の時に吉祥寺に移り住み、利便性と自然環境を備えた街に惚れ込む。

◆chicoさん(ちこ)/スイーツライター。スイーツトレンドに精通し、多数メディアで執筆や企画監修を行うほか、ギフトのセレクトショップ監修も手がける。吉祥寺在住。

◆藤森陽子さん(ふじもり・ようこ)/ライター・編集。コーヒーや台湾茶、お酒を愛する嗜好系ライター。約15年間の吉祥寺在住時には『Hanako』の吉祥寺特集を長年担当。

◆大澤千穂さん(おおさわ・ちほ)/ライター・編集。物心ついた時から吉祥寺っ子。最近は井の頭公園から玉川上水をウォーキングしながら植物と野鳥を観察するのが日課。

◆前田龍一さん(まえだ・りゅういち)/五日市街道にある、外から展示が見える大窓が目印の〈GALLERY IRO〉を手がける。週末を中心に展示を開催。

◆永原真夏さん(ながはら・まなつ)/吉祥寺在住。2009年SEBASTIANXとしてデビューし、その後ソロ活動を開始。最新曲『忘れられない日々となって』配信中。

◆吉田恭子さん(よしだ・きょうこ)/吉祥寺の東急裏3階にある〈コマグラカフェ〉の店長。味も見た目も美しい食事とスイーツが楽しめる。

◆水野学さん(みずの・まなぶ)/井の頭公園近くにある紅茶専門店の店主。上質な茶葉を使ったチャイが人気。現在は予約制テイクアウトも実施中。

◆kameさん(かめ)/書籍や広告イラストなどで幅広く活動。GINZAwebにて漫画『ふたりといっぴき、はじめました』連載中。@kame_illust

◆引田かおりさん(ひきた・かおり)/吉祥寺で〈ギャラリーフェブ〉と〈ダンディゾン〉を営む。新刊『どっちでもいいをやめてみる』(ポプラ社)発売予定。

◆トリンドル玲奈さん(とりんどる・れな)/モデル・女優。ファッション誌でモデルとして活動する傍ら女優としても活躍。幼少期を過ごした吉祥寺は、また住みたい街No.1。

(Hanako CITYGUIDE「クセになる、吉祥寺。」掲載/illustration:Takeshi Tomoda)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る