1個287円(税込)
2021.03.30

中身がぎっしり。 【東京】手土産にもぴったりな絶品あんぱん4選。東京駅をモチーフにした「新・東京土産」も!

明治時代からある日本発祥のパン・あんぱん。今回は一度は食べてみたい、東京都内で買える元祖あんぱんからクリームを入れた変わり種のあんぱんをご紹介します。

1.〈キムラミルク〉の「渋谷あんぱん」/渋谷

〈キムラミルク〉の「渋谷あんぱん」
〈キムラミルク〉の「渋谷あんぱん」

創業150年を迎えたあんぱんの〈木村屋〉が新たに手掛ける、テイクアウト専門のミルクスタンドが渋谷に新登場。ここでしか味わえない「渋谷あんぱん」(301 円、個数:50 個/日)と極上ミルクの組み合せがおすすめ。可愛らしいロゴやパッケージにも注目です。

〈キムラミルク〉
■東京都渋谷区渋谷2‐24‐12 渋谷スクランブルスクエア第1期(東棟)B2階
■03-6427-5401
■10:00~21:00

(photo&text:Riho Nakamori)

2.〈金麦〉の「白金あんぱん」/白金

〈金麦〉の「白金あんぱん」

静かな白金の住宅地にある〈金麦〉さんは地元の方々で賑わうあったかみのあるパン屋さん。白金台の駅からも、目黒駅からも、広尾駅からも、結構歩かないとたどり着けないという立地がなかなかにくい。「白金あんぱん」の真っ白なパン生地を見ると、ついついモチモチした柔肌を期待しますよね。安心してください、こちらの期待にしっかりとしたもっちり感で応えてくれます。

もっちりを抜けると、中には宝物たちが詰まっているのです。小豆餡とクリームチーズ、そしてドライ杏。小豆とクリームチーズのタッグは小豆の甘みをクリームチーズの淡い酸味がすっきりとまとめてくれています。そこにドライ杏という刺客。あんみつの経験から、杏と小豆の相性の良さは知っている。だが、そこにクリームチーズともっちりパン生地が加わることは想定外!小豆とクリームチーズタッグのあっさりとした仕上りに、ドライ杏がねっとりとしたコク深い甘みを絡めてくるんです!

(photo&text:Yuki Hanai)

3.〈東京あんぱん豆一豆〉の「東京レンガぱん」/東京

1個287円(税込)
1個287円(税込)

こだわりの小豆入り生地で赤練り飴を包み、ふっくらと焼き上げ特製のクリームを入れ東京駅の赤レンガをモチーフにした商品。東京駅の文字入りなのでお土産にも最適です。

4.〈銀座木村屋〉の「酒種あんぱん(桜)」/銀座

〈銀座木村屋〉のあんパン

創業者の木村安兵衛は、パンの発酵に酒種を使うことを発明。あまり膨らまない酵母であるため、試行錯誤の結果生まれたのが、饅頭のようにあんこを詰めるあんパンだった。「桜」のあんぱんを明治天皇に献上したことが、広く受け入れられるきっかけに。

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る