SHIVA CURRY WARA
2017.11.11

リピート間違いなしのランチはここ! 極上海鮮丼にインドカレープレート…【三軒茶屋】の人気店の看板ランチ3軒

こだわりソーセージのホットドッグに極上海鮮丼、インドカレープレート…グルメ激戦区・三軒茶屋の人気店の看板ランチをご紹介。どれもリピートしたくなること間違いなし!

1.肉汁たっぷり。もちっとしたソーセージがクセになる!〈クジラ荘〉

クジラ荘

三角地帯に2014年オープン。一角にはDJブースが。

ここのメインはホットドッグで、「プレーン」をはじめ、パイナップルなどがトッピングされた変わり種「ハワイアン」など7種類がラインナップ。

「プレーンドッグ」(780円)
「プレーンドッグ」(780円)

自家製ザワークラウトがさっぱりとしたアクセント。ドリンクはセットで300円。ソーセージは全て自家製で、手ごねハンバーグを思わせるもっちりとした食感。池尻大橋のベーカリー〈トロパントウキョウ〉に特注しているパンも食べ応えがあり、満足感大。

クジラ荘

ひと皿料理には、フライドポテトにピリ辛チリコンカンとチーズがたっぷりのった「チリチーズポテト」500円(各税込)も。

クジラ荘

2.遅めのランチにもうれしい、しっかりおいしい海鮮丼。〈海街丼〉

海街丼

東急世田谷線三軒茶屋駅の裏手。

千葉県銚子港であがった新鮮な魚が、店に直送。ばらちらし「海宝丼」にて提供される。

「海宝丼 極上」(1,980円)(各税込)。
「海宝丼 極上」(1,980円)(各税込)。

ごはんは白米で提供され、それにすし酢のジュレを混ぜて酢飯に、さらにダシでいただくという3変化が楽しめる。具材は変更あり。ランクは3種類あり、基本の「並」は、マグロ、タコ、アオヤギ、ベビーホタテ、イクラといった魚介がたっぷり。写真の「極上」となると、それにカニ、ウニ、甘エビ、卵黄がプラス。

海街丼

ランチは16時までなので、昼時に食べ損ねても、きちんと食事がとれる場所として評判。

3.インドカレーを少量ずつ。スパイスの奥深さを味わって。〈SHIVA CURRY WARA〉

SHIVA CURRY WARA

遠方からの客足も絶えない、カレー好きにはすっかりおなじみの人気店。オーナーシェフの山登伸介さんと、インド人シェフで切り盛り。

こっくりとしたインドのカレーをベースに、現地ではイレギュラーな豚肉を使った「ポークチリキーマ」が定番に並ぶなど、ここならではのアプローチも魅力。

「ナマステランチ スペシャル3種盛り」(1,150円)
「ナマステランチ スペシャル3種盛り」(1,150円)

主食はプラス100円で選べる「チーズクルチャ&ミニライス」。食後に「黒糖チャイ」150円でひと息。ランチは日替わりのカレーを1~3種類選んでプレートに。スパイスの深みや旬の食材を味わい尽くすなら、3種盛りが正解!

「チキンティッカ」2ピース(350円)(各税込)
「チキンティッカ」2ピース(350円)(各税込)
SHIVA CURRY WARA

こんな記事もおすすめ!
☆池尻大橋のワインが合う上質な4軒はコチラ!
☆【駒沢】リニューアルした三軒茶屋の人気肉バル2号店〈MOSS Roast Beaf Stand〉はコチラ!

(photo : Mariko Tosa, Michi Murakami text : Nami Hotehama)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る