今こそテーブルにワインと花を用意しよう!〈メルシャン〉が提案する『気軽に楽しむ♪エシカルライフ』。
2020.09.05

ワインと花のある生活を日常に。 今こそテーブルにワインと花を用意しよう!〈メルシャン〉が提案する『気軽に楽しむ♪エシカルライフ』。

自宅で仕事をする時間が増えた今、おうちでのオン・オフの切り替えが難しい…なんて方も多いのでは?そんな時、ワインとお花をテーブルに用意すれば、仕事モードも一旦リセットできちゃいそう。“エシカル”をテーマにオーガニックワインを展開している〈メルシャン〉が新商品の販売に合わせて、オンラインイベント『気軽に楽しむ♪エシカルライフ』を開催。お花とオーガニックワインのある暮らしを提案しています。
花村すみれ
花村すみれ / レポーター

「客室乗務員としてタイで8年間暮らす。食にもワインにもコスパを求める、関西人なソムリエライター。 」

花村すみれさんの記事一覧 →

今、注目される“エシカルライフ”。

メルシャン オーガニックスパークリングN... ビストロオーガニック

オーガニックワインの販売を通して、“エシカルライフ”を提案している〈メルシャン〉。エシカルとは「道徳的に正しい」という意味で、オーガニックワインのような地球に優しい商品を選ぶことは“エシカルな消費”のひとつです。コロナ禍の新しい暮らしの中、人や環境に対して配慮する意識はさらにアップ。エシカルなアイテムを取り入れた暮らしにより注目が集まっています。

オーガニックワインを準備して…オンラインイベントスタート!

オーガニックスパークリングワインN... ビストロオーガニック メルシャン

事前に家に送って頂いた〈メルシャン〉の新発売のオーガニックワインと共にスタンバイ!〈メルシャン〉のオーガニックワインの販売量は前年比の約1.6倍。価格が高いイメージのあるオーガニックワインを、デイリーに楽しめる価格で提供し、毎日の暮らしに取り入れやすい気軽さが魅力です。

メルシャン 気軽に楽しむエシカルライフ
写真左より、山口さん、河島さん、長尾さん。

今回のイベントの発表者は3名。オーガニックワイン市場や新商品について説明してくれた〈メルシャン〉マーケティング部の山口さんと長尾さん。中央は株式会社RIN代表でドライフラワーを使用した空間装飾やアクセサリーを手がける河島春佳さんです。

新発売の「ビストロオーガニック ペットボトル」。

メルシャン ビストロ オーガニック

ペットボトルの気軽さが嬉しい、「ビストロオーガニック ペットボトル」は無農薬の有機栽培ぶどうを使用した、メルシャン藤沢工場で製造した国内製造品。醸造家のブレンダー技術により日本人に合うおいしさが追究されています。
試飲しましたが、赤・白共に軽い飲み心地が特徴で、するすると飲める優しい味わいでした。特に赤はブドウの甘い香りそっと広がり、柔らかいタンニンで口当たりの良さが格別。疲れた時ってこういう優しい味わいのワインが飲みたくなるんですよね。どちらも暑い日には冷やして飲んでもOKです。

メルシャン ビストロオーガニック ペットボトル

“フードマッチ製法”により「ビストロオーガニック ペットボトル」は家庭料理に合わせておいしくいただけるのが魅力です。このワインおいしいんだけど、今晩のおかずには合わない…なんて心配は無用。日々の暮らしに取り入れやすい味と価格って本当にありがたいですよね。

こちらは泡!新発売の「オーガニックスパークリングN...(エヌ)」。

オーガニックスパークリングN...

「オーガニックスパークリングN...(エヌ)」は、スペイン産の有機栽培ぶどうを100%使用し、メルシャン藤沢工場で丁寧に製造されたオーガニックスパークリングワイン。商品名のNにはNeo(新しい)、Natural(自然な)、Non chemical(化学肥料未使用)の3つの意味が込められています。こちらも「ビストロオーガニック ペットボトル」同様、するすると飲める軽やかな飲み心地。白・ロゼ共にほどよく果実の凝縮感が感じられ、ジューシーな味わいが楽しめます。

メルシャン オーガニックスパークリングN,,,

「オーガニックスパークリングN...」は、食事と合わせるだけでなく、おつまみと共にカジュアルに飲むのもオススメ。生ハムやチーズ、パンや食後のデザートに合わせてみたりと、気軽な食前・食後酒としても用意したい1本です。

密接な関係にある“ワイン”と“花”。

河島春佳さん メスタ メルシャン オーガニックワイン

廃棄直前の花を回収し、ドライフラワーにして空間装飾やアクセサリーなどの作品づくりを行っている河島さん。生花店でのアルバイト時に、廃棄になる花の多さにショックを受けたことから、独学でドライフラワーづくりを始めました。

メルシャン 気軽に楽しむエシカルライフ 河島春佳さん

パリでの花留学を経験した河島さん。そこで気付いたのはフランスの日常の食卓には“ワイン”と“花”が欠かせないということ。休日の朝はホストファミリーと共にマルシェに行き、お肉とチーズ、ワインとお花を購入。毎晩のディナーでは花をテーブルの中央に飾り、ワインと同様に花は食卓のマストアイテムだったそうです。

メルシャン 気軽に楽しむエシカルライフ オーガニックスパークリングワインN

ちょっぴりハードルが高く感じる、オーガニックワインやお花。でも生活に少し取り入れるだけで、心を豊かにしてくれます。お花を買っても花瓶がない!なんて人は、ワインボトルを花瓶代わりにするのもオススメ、と河島さんは提案します。

メルシャン ビストロオーガニック ペットボトル

「グラスや空き瓶にお花を飾るのも今っぽくてオススメ」と語る河島さんの言葉を聞いて、私も近所の花屋にいそいそ出かけて真似してみました。数本のお花を飾るだけで、部屋が明るくなり気持ちもなんだか晴れやかに。ワインとお花って、相性がいいんだなとしみじみしました。

おうちで過ごす時間が増えた今、手軽に飲めるオーガニックワインとお花で暮らしに彩を添えてみてはいかがでしょうか。

今月のスペシャル

いまこそ免疫UP!働く女子こそ知っておきたい“腸活”特集いまこそ免疫UP!働く女子こそ知っておきたい“腸活”特集
TOPに戻る