スパイシーカリーハウス 半月 Mrs.Dada Bangera’s Kitchen 銀座
2020.07.23

銀座で何食べる?その答えは「カレー」です。 新・カレー激戦区!【銀座】カレーを愛するモデル・村田倫子さんがおすすめする絶品カレー店3軒

実は、銀座はカレー激戦区!どこがおすすめ?どんなカレーを楽しめるの?カレーをこよなく愛するモデル・村田倫子さんが銀座のおすすめカレーを教えてくれました。

1.カレー好き必食の人気店が銀座に!〈スパイシーカリーハウス 半月〉

「チキンカレー」880円
「チキンカレー」880円
スパイシーカリーハウス 半月 銀座
トッピング「サバエッグサラダ」150円
トッピング「サバエッグサラダ」150円
スパイシーカリーハウス 半月 銀座
スパイシーカリーハウス 半月 銀座
スパイシーカリーハウス 半月 銀座
「チキンカレー」880円
スパイシーカリーハウス 半月 銀座
トッピング「サバエッグサラダ」150円
スパイシーカリーハウス 半月 銀座
スパイシーカリーハウス 半月 銀座
スパイシーカリーハウス 半月 銀座

2020年の春にオープンした2号店。1号店は西新宿で店を構えており、すでにカレー好きの間では話題の人気店だ。ミントグリーンを基調とした店内、光が柔らかく差し込む窓際のテーブル席、スパイスの香りを鼻腔に惜しみなく取り込めるカウンター。ピリッっと背筋が伸びる銀座のど真ん中、不思議と肩の力が抜けるお店。

不動のレギュラー「チキンカレー」。ターコイズブルーのお皿に、浮かび上がる黄色の半月。欠けた月を抱き抱える、褐色のチキンカレー。野菜の甘味とスパイスの鋭角な芳香を纏ったグレイビーソース。異国の空気を纏いながら、日本人の舌先に優しく馴染む絶妙なスパイス配合は、妙に懐かしさと親近感を醸す。「サバ」に目がない(大好物)な私が、即決でトッピング追加した「サバエッグサラダ」。サバの旨味、玉ねぎの甘味、卵とフライドオニオンのコク、スパイス…黄金比で固められたサバの新形態。これだけでも、ご飯とお酒がのめそうな完成度。看板娘のチキンカレーと、混ぜ合わせたらそりゃもう…禁断の錬金術ね。

〈スパイシーカリーハウス 半月 2号店〉
■東京都中央区銀座6-4-15 銀座数寄屋橋ビル1F
■03-3573-3001
■11:00〜16:00 不定休

(photo:Kayo Sekiguchi)

●さらに詳しい内容は 【カレーときどき村田倫子】第11回をチェック!

2.洗練された空間で食べる上品なカレー。銀座の真ん中に突如現れた〈Mrs.Dada〉

「シュリンプカレー」
「シュリンプカレー」
Mrs.Dada 銀座
「チキンカレー」
「チキンカレー」
Mrs.Dada 銀座
Mrs.Dada 銀座
「シュリンプカレー」
Mrs.Dada 銀座
「チキンカレー」
Mrs.Dada 銀座
Mrs.Dada 銀座

ここでは、定番の「チキン」「シュリンプ」「ラム」の3種類のカレーに加え、週替わりカレーが用意されており、計4種の味を楽しむことができる。ベースから調理方法を変えているので、それぞれのカレーは全くの別物。〈Mrs.Dada〉の生みの親である、オーナーの大川原さん。彼は、とあるお店でインド人がふるまうチキンカレーを食べたとき、はじめて本当の意味でカレーという食べ物に焦点があった。「あぁ、カレーって本当に美味しいな。」自分がうけたこのシンプルな衝撃と事実。我々の国民であるカレー。近くに寄り添っていたはずなのに、知ってるようで知らなかった。久々の地元の同窓会、学生の頃はなんとも思わなかった幼馴染に、ふとドキドキ…、淡い恋心を抱いてしまう瞬間。近すぎて気づけないことってあるよね…これぞ灯台下暗し。

〈Mrs.Dada〉のカレーは、洗練された貴婦人のような只住まい。白ベースのルゥに優雅に浮かぶシュリンプ、黄色く色づいたライスに咲き乱れるパパドのブーケ。あぁ、美しい。視覚からの魅力的な情報は、より一層興味を引き立てる。あぁ、美しい。視覚からの魅力的な情報は、より一層興味を引き立てる。そして一口。玉ねぎの甘みがふわりと広がり、ココナッツミルクがさらに優しく抱え込む。一呼吸おいて、すっーと鼻を通るスパイスの香りと辛味。濃密な余韻とスパイスが、ちょうどよく重なり、この絶妙な塩梅がたまらない。どこか遠い国、晴れやかに着飾った貴族達がいただくカレーはこんな味なのかも。オーナーおすすめのチキンは、シャバッとしたルゥにごろごろとチキンが贅沢に転がっている。皿の淵に波立つ褐色色のオイルの層をみると、ごくりと喉が鳴る。ぎゅんとつまった旨味にシャープな辛味。トマトの甘みと酸味が舌先を優しくタッチする。甘みが際立つシュリンプカレーとは全く違うアプローチだ。優雅なカレーにご満悦。お腹もほくほく満たされてきた。

〈Mrs.Dada〉
■東京都中央区銀座1-14-10 松濤ビルB1F
■03-6875-2753
■11:00〜17:00 日曜休

(photo:Kayo Sekiguchi)

●さらに詳しい内容は 【カレーときどき村田倫子】第7回をチェック!

3.大好きな南インド料理店がひしめき合う魅力〈Bangera’s Kitchen〉

こだわりフィッシュターリ 1,700円(各税込)。
こだわりフィッシュターリ 1,700円(各税込)。
メニューはすべてディナーから。マンガロールビリヤニ 鯛 3,229円。
メニューはすべてディナーから。マンガロールビリヤニ 鯛 3,229円。
バンゲラズオリジナルスパイスカクテル 1,069円。インドラムベースでジンジャーなどを使用。
バンゲラズオリジナルスパイスカクテル 1,069円。インドラムベースでジンジャーなどを使用。
Bangera’s Kitchen 銀座
Bangera’s Kitchen 銀座
こだわりフィッシュターリ 1,700円(各税込)。
メニューはすべてディナーから。マンガロールビリヤニ 鯛 3,229円。
バンゲラズオリジナルスパイスカクテル 1,069円。インドラムベースでジンジャーなどを使用。
Bangera’s Kitchen 銀座
Bangera’s Kitchen 銀座

〈バンゲラズキッチン〉は、スパイス歴3年の私のお気に入りのお店です。2018年1月にオープンしてまもなく食事に来て、あっという間に虜に!南インド料理は、毎日食べても飽きないくらい大好きですね。何よりはまったのがミールス。ご飯、味噌汁、惣菜、漬物がセットの和定食に通じるスタイルで、食べていてしっくりくる。

同店のフィッシュターリは、豊洲市場で仕入れる魚のカレーやフライ、海老のふりかけまでひと皿にのっています。それぞれで食べてもおいしいけど、ライスと混ぜ合わせて味を作る楽しさは、日本にはない食べ方ですよね。おいしいスパイス料理の噂を耳にすると地方へも出向きますが、銀座のインド料理店はまだビギナー。脳内リサーチだけは進めていて、南インド系のお店が多いので興味津々。魚料理を幅広くそろえる〈バンゲラズキッチン〉のように、ビリヤニに特化した〈カーン・ケバブ・ビリヤニ〉も、注目している一軒です。銀座で一番歴史があるインド料理店の〈ナイルレストラン〉は、実はまだ行ったことがなくて……。まずは、大半のお客さんがオーダーするという、名物の「ムルギーランチ」デビューに、出かけてみようかな。

〈Bangera’s Kitchen〉
■東京都中央区銀座西2-2 銀座インズ2 2F 
■03-3561-5516 
■11:00~22:30LO(ディナーは17:00~)※平日17:00までと土日祝14:40~17:00はセットのみ 無休
■28席/禁煙 

(Hanako1177号掲載/photo : MEGUMI, Kayo Sekiguchi text : Yumiko Ikeda)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る