Hanakoのエディターチーム推し!丸の内レストラン&カフェ10軒。飲みに一人ごはん、スイーツまで。
【PR】 2019.10.02

【丸の内・大手町】Hanakoエディターの取材ノート。 Hanakoのエディターチーム推し!丸の内レストラン&カフェ10軒。飲みに一人ごはん、スイーツまで。

【PR/三菱地所】常日頃、いいお店&おいしいメニューへのアンテナを張り続けているのがHanakoのエディターチーム。今回は私たちの取材ノートを特別にチラ見せ! 個人的に行きたいお店の一押しメニューを紹介します。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

1.〈Banksia~World Wine & Australian Bistro~〉本格的なジビエ料理をビストロで。

鶏肉のようなやさしい味わいが女性に人気の、「クロコダイルのシュニッツェル」1,203円。

24種類から選べる世界各国のグラスワインとともに、クロコダイルやカンガルーミートなど、オーストラリアの食文化を楽しめる。

〈Banksia~World Wine & Australian Bistro~〉
■新丸ビル6F
■03-5288-7829
■11:00~ランチ14:30LO 、ディナー22:00LO(日祝~21:00LO)、ティータイム~17:00 無休 
■40席/禁煙

2.〈ドゥバイヨル 丸の内オアゾ店〉熱々のスイーツをイートインで楽しむ。

ベルギーに旗艦店を構える高級パティスリー。

「フィユテ ポム オトンヌ」セット。コーヒーか紅茶(ともにホットorアイス)がついて1,350円。

パイ生地にカスタードとリンゴを敷いて焼き上げたグラスヴァニーユに秋の味覚の栗とカシスのソースを添えた限定メニューが登場! 

〈ドゥバイヨル 丸の内オアゾ店〉
■丸の内オアゾ1F
■03-5224-3565
■9:00~22:00(21:30LO) 無休 
■20席/禁煙

3.〈Looking Good〉ひと手間加えたサンドウィッチが絶品。

トーストしたパンで具材を挟む、“トースティ”の専門店。

スコットランドの郷土料理を挟んだ「ハギストースティ」555円は、レバーペーストのような味わい。

焼きたてサクサクのパンは、キャラメリゼしたオニオンなどの具材と相性抜群! 

〈Looking Good〉
■大手町フィナンシャルシティ グランキューブ1F
■03-6262-2939
■8:00~21:00LO、土11:00~15:00LO 日祝休 
■18席/禁煙

4.〈HENRY GOOD SEVEN〉ラウンジのような空間で楽しむ本格料理。

300g超えの骨付モモ肉を豪快に焼き上げた、「グリルチキン ゴルゴンゾーラソース」1,400円。

東京カフェブームの草分け的存在、山本宇一氏プロデュースの空間も、グリルやパスタ、ステーキなどの本格的な料理も、非の打ち所なし! 

〈HENRY GOOD SEVEN〉
■新丸ビル7F
■03-5220-0267
■11:00~ランチ17:00LO、ディナー1:00LO(日祝ディナー22:00LO) 無休 
■50席/禁煙

5.〈SPICE BISTRO B〉本格的なスパイス料理を、心ゆくまで。

新鮮な海老にさっと火を入れ、甘みを引き出した「天使のエビとピスタチオのリゾット」1,388円。

スパイスやハーブを効かせた料理を、リーズナブルに楽しみたいならココ。「考えるな!感じろ!胃袋で!」という店のコンセプトも納得の、刺激的な味わい。

〈SPICE BISTRO B〉
■丸ビル5F
■03-6256-0455
■11:00~14:30LO、17:00~22:00LO(日祝~21:00LO) 無休 
■49席/禁煙

6.〈ショコラティエ パレ ド オール〉マロンと様々な素材とのペアリングがテーマ。

ショコラティエがカカオ豆の焙煎から手掛ける専門店。新鮮なショコラをシャンパーニュやウイスキーとともに味わえるマリアージュがおすすめ。写真のパフェは1日の数量限定。

自家製チョコや抹茶とのペアリングを楽しむ、秋限定の「パフェ マロン meets ペアリング」2,200円。

〈ショコラティエ パレ ド オール〉
■新丸ビル1F
■03-5293-8877
■11:00~20:30LO(日祝~19:30LO) 無休 
■25席/禁煙

7.〈パティスリー・サダハル・アオキ・パリ〉アオキの個性が光る逸品を。

栗の甘さと抹茶の渋みが絶妙なバランスを奏でる「パリブレスト オ マロン マッチャ」640円。

写真は、香ばしいシュー生地に濃厚な味わいのマロンクリームと渋みのある抹茶クリームをたっぷり絞った一品。和素材使いを得意とするアオキならではの味わい。

〈パティスリー・サダハル・アオキ・パリ〉
■新国際ビル1F 
■03-5293-2800
■11:00~20:00、サロン11:00~19:45(19:00LO) 無休 
■約26席/禁煙 

8.〈コム・フォー 丸の内店〉手軽にヘルシー! ひとりごはんの強い味方。

女性に人気のフォーの専門店。

白ゴマと黒ゴマをたっぷり使った「ゴマのフォー」741円は、美容意識の高い女性に人気。

米粉を使った太めのフォーと、たっぷりとのせられた新鮮野菜が人気の秘訣。8割以上が女性客なので、手軽なひとりごはんにも最適。

〈コム・フォー 丸の内店〉
■丸の内オアゾB1
■03-3216-0564
■9:00~22:00(土日祝~21:00 ) 無休 
■16席/禁煙 

9.〈Marunouchi Happ. Stand & Gallery〉コーヒースタンドのトーストは必食!

次々とテーマが入れ変わるギャラリーの奥には、毎日変わらないおいしさを提供するコーヒースタンド。

もちもち食感の食パンにサラダをのせた「サーモンとアボカドのサラダトースト」650円。

オリジナルの食パンを使ったトーストが人気。

〈Marunouchi Happ. Stand & Gallery〉
■丸の内二丁目ビル1F
■03-6206-3343
■8:00(土日祝・祝前日11:00)~21:00LO(日祝~19:00LO) 無休 
■15席/禁煙

10.〈ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション 丸の内店〉食通のあの人に送りたい限定ギフトを。

「ラ デギュスタシオン ~おしまるや~」3,149円

フランス料理界の巨匠ジョエル・ロブション氏のエスプリが詰まったパティスリー&ブーランジュリー。丸の内ブリックスクエア店では丸の内ハニーを使ったパウンドケーキ「ケークおしまるや」や丸の内限定の焼き菓子詰め合わせなど多数取り揃えています。大切な人や、グルメな人へのギフトにぜひ!

〈ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション 丸の内店〉
■丸の内ブリックスクエア1F 
■03-3217-2877
■11:00~21:00(カフェスペースは、フード20:00LO, ドリンク20:30LO) 無休
■34席(テラス席20席)/禁煙 

(Hanako1177号掲載/photo : MEGUMI (P.90, 92, 94), Chihiro Oshima (P.96~97, 100) illustration : Mariko Fukuoka text : Kahoko Nishimura, Ami Hanashima, Yuya Uemura)

編集部

丸の内のおいしいお店を多数ご紹介しています!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
yokoyoko_sidebar
TOPに戻る