top

「伝統」×「新提案」の極上てんぷらに感動! 話題のGINZA SIXにオープンした老舗「てんぷら山の上Ginza 」のサックサク天ぷらを堪能してきました! Learn 2017.05.17

2017年4月20日(木)、松坂屋の跡地に銀座エリア最大の商業施設「GINZA SIX」がオープン。今回、「GINZA SIX」で唯一ホテルレストランとして出店を果たした山の上ホテルが手掛ける「てんぷら山の上Ginza」の、内覧会の様子をお届けします!

伝統を継承しながら、銀座の地で新たなおいしさの世界を開く

P1010002

「てんぷら山の上」入口の看板

1954年創業、神田駿河台「山の上ホテル」と時を同じくして開店した「てんぷら山の上」。ホテルと同様に多くの文豪に愛され続けた伝統の味は今も変わらず受け継がれており、その伝統を守ると共に新しい価値を掲げ、今回「GINZA SIX」へ出店を果たしました。

茶屋をイメージしたエントランスに、臨場感あふれるライブキッチン

P1010013

茶屋をイメージしたエントランス

茶屋をイメージしたエントランスを横目に、小路を通り入店。暖簾をくぐると、左手に落ち着いた雰囲気のバーカウンターがあり、正面のメインホールには樹齢200年を超える檜のカウンターが設置され、職人の息づかいも感じられるライブキッチンになっています。

P1010028

落ち着いた雰囲気のバーカウンター

P1010054

檜カウンターが特徴的なライブキッチン

店内には通常のテーブル席の他、専用の入り口が設けられた隠れ家的なカウンター席の個室と、岩石のアートが施されたテーブル席の個室の2箇所も用意。

P1010022

隠れ家的なカウンター席の個室

椅子やテーブルをはじめ、随所に日本の家具職人による無垢材を使用した受注生産のハンドメイド品が使用されています。

P1010047

岩石アートが施されたテーブル席の個室

料理は「てんぷら山の上Ginza」限定メニューも

P1010037

「てんぷら山の上Ginza」限定の特製天丼「豪麓(ごうろく)」

お昼は「てんぷら山の上Ginza」限定の特製天丼「豪麓(ごうろく)」6,800円(税・サービス料抜き)をはじめ、バラエティ豊かに季節限定の食材をふんだんに使ったお料理を提供。夜はお品書きに具体的な食材が明記されておらず、木曾檜のネタ箱に並んだ旬の食材から提供される、おまかせコースになっています。

食材を新鮮に保つ「氷の冷蔵庫」と鮮度の良い「100%胡麻油」が生む「極上のてんぷら」

P1010092

食材の説明をする寺岡料理長(左)

天ぷらに使用するのは、全国から取り寄せた四季折々の野菜に、刺身でも食べられるほど新鮮な魚介類など厳選された食材ばかり。そんな食材の鮮度の維持に欠かせないのが、山の上ホテルが独自で使用している伝統の「氷の冷蔵庫」です。

P1010084

創業時より使用されている「氷の冷蔵庫」

寺岡料理長によると、創業時より使用されているこの「氷の冷蔵庫」は、氷が臭気を吸い溶け出す氷が水となり運び出すことによって、適度な湿度を保ち、食材を乾燥から防ぐのだと言います。

P1010136

100%胡麻油と2つの鍋使いで揚げる江戸前てんぷら

てんぷらを揚げる油にもこだわりが。油は100%胡麻油をオリジナルで使用しています。胡麻油は継ぎ足しせず、数人分を揚げるごとに新しい胡麻油に入れ替え、常に鮮度の良い状態を保つことで食材本来の味を引き出すそう。また、山の上では一人の揚げ手が2つの鍋を使うことで、魚介は高温でカラッと、野菜は低温でサクッと揚げていると言います。

職人の技が生きた「極上てんぷら」の数々にうっとり

P1010097

試食会で使用された食材

今回メディア向けの内覧会では、コースの中でも提供されているメニューを一部試食させていただきました。

P1010113

こしあぶらのてんぷら

最初にいただいたのは晩春が食べごろの「こしあぶら」という山菜のてんぷら。塩をつけていただくと、春菊のような少し苦みのある味わいがクセになるおいしさで、胡麻油が効いた軽やかな衣と相性抜群。

P1010126

ホワイトアスパラのてんぷら

続いては北海道産の「ホワイトアスパラ」。土を盛ることで直射日光を避けるという、手間暇かけた栽培で作られたホワイトアスパラは、通常よりも味が濃く、断面も黄色くホクホクとした芋のような味わい。茎の方ほど食感も味も濃く、先端に行くにつれみずみずしくフレッシュ。ホワイトアスパラ一つでこんなにも味の違いが楽しめるのかと驚くほどでした。

P1010118

こだわりの大根おろし

てんぷら専門店でもお店によって違うのが大根おろし。こちらでは大きなおろし金を使い、一晩大根おろしを寝かせることで、辛さが飛ばし繊維が残った甘みのある大根おろしに仕上げていると言います。そのまま食べられるほど辛みが少なく、てんぷらの油っぽさをさっぱりとしながら、衣と素材の味を引き立ててくれる名脇役です。

P1010129

ハマグリのてんぷら

こちらは、ハマグリの水分を抜いてから油で揚げ、吉野川産のすじ青のりと塩、しょうゆを粉末にしたものをかけて味付けした「ハマグリのてんぷら」。水分を抜いてあることでハマグリのエキスがギュッと凝縮されており、噛めば噛むほどうまみが溢れだすおいしさ。すじ青のりも香り高く、日本酒や白ワインと一緒に頂きたい大人な味わいの一品でした。

P1010142

白エビの天丼

最後に出てきたのが一般的な天丼のイメージである「大きいエビ」「こってり」「濃い味」とは一線を画した「白エビの天丼」。みりんと薄口しょうゆなどで上品に味付られた天丼は、口に入れた途端みりんの甘さと白エビの香ばしく華やかな香りがふわっと広がり、噛むほどに優しい唯一無二の味わい。老若男女誰でもおいしくいただけそうな、滋味深い天丼でした。

ソムリエや利き酒師によるお酒とのペアリングの提案も

P1010057

常時7種類以上のグラスワインや日本酒、焼酎を用意

今回「てんぷら山の上GINZA」は、シニアソムリエの資格を持つ寺岡料理長をはじめ、ソムリエや利き酒師が複数人在籍。そのため、ワインや日本酒とのペアリングの提案も行っているそう。旬の食材に合わせたペアリングの提案など、今までにないおいしさのハーモニーをゆったりと楽しみたいですね。

【店舗情報】

〈てんぷら山の上 Ginza〉
〒104-0061 東京都中央区銀座 六丁目10番1号 GINZA SIX 最上階13階
TEL:03-6264-5516
営業時間
ランチ  11:00~15:00(L.O. 14:00)
ディナー 17:00~23:30(L.O. 20:30)
定休日 第2水曜日
http://www.tempura-yamanoue.jp/ginza/

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR