IMG_5121

老舗の新展開を銀座で楽しむ。 スイーツ調査隊その25 〈空也〉のDNAを継ぐ〈空いろ〉に銀座本店が登場! Learn 2018.06.06

Hanako本誌で毎号紹介しているスイーツのページから、最新ニュースをお届けしています。ニューオープンやリニューアル、ウワサのアイテムなど、甘いお菓子の情報をお楽しみに!今回は銀座の〈空いろ〉本店。

DSC25441

Anbon Chocolat
あんボン ショコラ
銀座本店のオリジナル。新しいあんこの世界へ。2個1,296円。

銀座にあるもなかで大人気の老舗〈空也〉。そのDNAを継ぐ店として2011年にオープンし、あんこの可能性を広げてきた〈空いろ〉が、満を持しての銀座本店を構えた。〈空也〉からも歩いてすぐともあり、「両方のお菓子をおみやげにしたいという声にも、やっと応えられるようになりました」と語るのは〈空也〉五代目の山口彦之さん。あんこは豆のジャムであるという考えに基づき作られた瓶詰「ほし」のほか、あんこをクッキーでサンドした「つき」など定番の人気商品が並ぶ。さらに以前からバレンタインシーズンに人気だった「チョコレートあんこ」の最新作として、「ショコラトリーのボンボンショコラのような、あんことチョコレートのお菓子」が登場。
 
なにより特筆すべきは、銀座の老舗に必ずある顧客との親密な距離感。店内の小上がりで、サービスのお茶をいただきながら購入したお菓子の味見をしつつ箱詰めの選定ができたり、ゆったり過ごせる。予約必須の〈空也〉と共に、銀座の手土産アドレスに加えたい新店が、また一つ増えた。

DSC2563

Taiyo
たいよう
小麦粉と米粉を使用。皮ごとつぶした「○あん」など3種類が。8個1,232円。

DSC2612

Tsuki
つき
つぶあんをクッキーでサンド。ほのかな塩味があんこを引き立てる。8個2,100円。

DSC2556

Hoshi
ほし
皮ごとつぶした「○(まる)あん」、定番の「つぶあん」を様々な豆で。各584円。

DSC2593

Soyokaze
そよかぜ
夏場に大人気の水菓子は、ピオーネ、いよかん、あずきなど4種類が。各281円。

DSC2578

Shizuku
しずく
〈トリバコーヒー〉とコラボしたオリジナルブレンド。5袋540円(全て税込)。

DSC2526

〈空いろ 銀座金春通り本店〉
〈銀座久兵衛 銀座本店〉に向かってすぐ左隣。外国人観光客からも早くも大人気。
■東京都中央区銀座8-7-6 平つかビル1F 
■03-3571-7550 
■11:00~19:00(土~17:00) 
■日祝休

前回の〈ワイヤード ボンボン パフェ アンド ベイク〉はこちら
連載トップはこちら

Videos

Pick Up

記事4_top_1Peachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅④ | カヌーで巡るマングローブ原生林、海が青すぎる展望台…世界自然遺産を体感!絶滅危惧種を含むユニークな動植物が数多く生息する鹿児島県の奄美大島。奄美群島のひとつである徳之島、沖縄島北部、西表島とともに2021年に世界自然遺産に登録され、海外からも熱い視線が集まっています。 サンゴを育む奄美ブルーの海と白砂がまぶしいビーチ、アマミノクロウサギをはじめとする天然記念物も暮らす亜熱帯の森やマングローブの原生林。地球の宝ともいえる、奄美ならではの美しい自然を味わってみませんか? 奄美大島は「アクセスが良くない」というイメージもありますが、LCCのPeachが運航する直行便なら、成田空港から約3時間、関西空港から約2時間。そして時期によっては片道4,990円からとリーズナブル! “遠い楽園”が身近になるPeachの直行便で奄美大島2泊3日の旅に出たのは、ハナコラボパートナーである藤井茉莉花さん。今回は美しい海岸と展望台、マングローブの森でのカヌーツアーを体験した絶景&アクティビティ編をお届けします。 ※奄美群島のアクティビティの情報は、「あまみシマ博覧会」のサイトでも探せます。 https://www.amami-shimahaku.com/ 公式サイトはこちらTravel 2023.03.22 PR
お散歩がてら“おいしい”を満喫!東京・町田のレトロなグルメスポット5選お散歩がてら“おいしい”を満喫!東京・町田のレトロなグルメスポット5選いま最も注目を集めるスポット・町田。活気あふれる商店街を始め、地元の人に愛される洋食店、100年以上続く名店など、気になるお店が盛りだくさんなんです。そこで、今回は“レトロ”をキーワードに、いま行くべきグルメスポットを厳選。次の休日、きっと町田に行きたくなる!(PR/町田市)Food 2023.03.22 PR
SPpeachPeachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅。2021年に世界自然遺産に登録された鹿児島県の奄美大島。一年を通して比較的温暖で豊かな森も美しい海も楽しめ、旅先に選ぶ人が増えています。 簡単におさらいしておくと、奄美大島は鹿児島本土と沖縄の間の洋上に浮かぶ離島。加計呂麻島や徳之島、沖永良部島など周辺の島々を合わせて奄美群島と呼び、フェリーや飛行機を使って群島ホッピングも可能です。 そんな奄美大島、いざ行くとなると「アクセスが良くなさそう」「航空券も高くなるのでは」と心配の声が聞こえてきますが…。大丈夫です! 日本のLCCを代表するPeachなら、奄美への直行便があるのです。成田空港から約3時間、関西空港から約2時間、そして(時期にもよりますが)片道4990円からとリーズナブル。これは、躊躇していたら損!Travel 2023.02.28 PR
記事2_top_1Peachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅② | とれたての海鮮丼から、島唄居酒屋で歌って踊って!?2021年に世界自然遺産に登録された鹿児島県の奄美大島。一年を通して比較的温暖で、豊かな森も美しい海も楽しめ、「沖縄より混雑していない」ことでも注目されて、旅先に選ぶ人が増えています。 簡単におさらいしておくと、奄美大島は鹿児島本土と沖縄の間の洋上に浮かぶ離島。加計呂麻島や徳之島、沖永良部島など周辺の島々を合わせて奄美群島と呼び、フェリーや飛行機を使って群島ホッピングも可能です。 そんな奄美大島、いざ行くとなると「アクセスが良くなさそう」「航空券も高いのでは」と心配の声が聞こえてきますが…。大丈夫です!日本のLCCを代表するPeachなら奄美への直行便があるのです。成田空港から約3時間、関西空港から約2時間、そして(時期にもよりますが)片道4,990円からとリーズナブル。これは、躊躇していたら損! そこで、ハナコラボ パートナーである藤井茉莉花さんが奄美大島2泊3日の旅へ。 奄美に魅せられて移住し、現在は多拠点でライターや通訳士として活動する藤原志帆さん(https://enjoy-amami.com/)に教わったおすすめスポットをまわります。 今回は海鮮丼、島唄割烹、お土産のセレクトショップなど、グルメ&お買い物編をお届けします。 公式サイトはこちらTravel 2023.03.07 PR