IMG_5567

「お茶しよう」が合言葉。 Hanako’s Tea Time Club #6 フランス老舗紅茶ブランドの、旅するお香 。【マリアージュ フレール】 Learn 2023.02.02

仕事や家事の合間に、友達と会う口実に。一息ついて、好きな飲みものや甘いものをお供に過ごす時間は誰にとっても幸せなひととき。
Hanako編集部内に発足したのは「お茶の時間」をこよなく愛するチーム、その名もHanako’s Tea Time Club。酸いも甘いも知り尽くしたHanako編集部員おすすめのティータイムアイテムをレポートします。

編集部で働きはじめてから、そのままPC画面に身体ごと突っ込んで行くような毎日。
密度あるにぎやかな街並みや人々を見て心踊る反面、さわやかな空気や茂る緑が恋しく思えます。
目に映る"今"に夢中になっていても、時にあの症状がうずうずとやってくることが。

どこでもいいから、どこか遠くにいきたい!誰も自分を知らないところへ...。

そんな考えで頭がいっぱいになると、深呼吸をして、いつもの”あれ”に火をともすようにしています。
私の空想への入り口となってくれるアイテム、紅茶専門店<マリアージュ フレール>のお香です。

香りで旅するお茶の世界 。【マリアージュ フレール】のお香

IMG_5567

<マリアージュ フレール>といえば紅茶の茶葉で有名ですが、お茶の香りをテーマにしたお香があると知ってから、すっかりその虜に。

たとえ、今すぐ荷物をまとめて出掛けることが叶わなくても、少しの間椅子に腰掛けてお香に火を灯す時間を過ごせば、忘れていたこの世界の広さをも思い出せるような気がします。

お香『テ オ チベット - チベットでのお茶』

テ オ チベット (お香立て  付き)50本入 ¥3,740
                                                        20本入 ¥1,650
テ オ チベット (お香立て 付き)50本入 ¥3,740
20本入 ¥1,650

何よりこのお香の魅力は、想像力を掻き立てるポエティックな世界観。

私が愛用している「テ オ チベット - チベットでのお茶」は「黄金色に輝く寺院を包む静謐、瞑想をうながしてくれる貴重な樹木とユキノハナの甘い蜜」の香りと表現され、火をつければあたりに深い静寂が訪れます。
その他に「テ アンテルディ - 禁断のお茶」という香りは「時を忘れた豪華絢爛な世界が繰り広げられていた紫禁城の記憶」と表現され、時空をも超えるそのファンタジーな世界観に、身も心も神聖な気持ちに。

アールグレイ フレンチブルー 90g缶入 ¥3,456
アールグレイ フレンチブルー 90g缶入 ¥3,456

日々、時間は自分の思い通りになかなか使えないもの。
お香とともにまだ見ぬ世界へ思いを馳せる時間は、心に新たな活力を取り戻してくれます。

ティータイムこそ、好きな世界へのトリップが許される時間。
自分をたっぷり甘やかして、同ブランドの紅茶「アールグレイ フレンチブルー」も淹れれば、準備完了です。

Videos

Pick Up

記事4_top_1Peachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅④ | カヌーで巡るマングローブ原生林、海が青すぎる展望台…世界自然遺産を体感!絶滅危惧種を含むユニークな動植物が数多く生息する鹿児島県の奄美大島。奄美群島のひとつである徳之島、沖縄島北部、西表島とともに2021年に世界自然遺産に登録され、海外からも熱い視線が集まっています。 サンゴを育む奄美ブルーの海と白砂がまぶしいビーチ、アマミノクロウサギをはじめとする天然記念物も暮らす亜熱帯の森やマングローブの原生林。地球の宝ともいえる、奄美ならではの美しい自然を味わってみませんか? 奄美大島は「アクセスが良くない」というイメージもありますが、LCCのPeachが運航する直行便なら、成田空港から約3時間、関西空港から約2時間。そして時期によっては片道4,990円からとリーズナブル! “遠い楽園”が身近になるPeachの直行便で奄美大島2泊3日の旅に出たのは、ハナコラボパートナーである藤井茉莉花さん。今回は美しい海岸と展望台、マングローブの森でのカヌーツアーを体験した絶景&アクティビティ編をお届けします。 ※奄美群島のアクティビティの情報は、「あまみシマ博覧会」のサイトでも探せます。 https://www.amami-shimahaku.com/ 公式サイトはこちらTravel 2023.03.22 PR
お散歩がてら“おいしい”を満喫!東京・町田のレトロなグルメスポット5選お散歩がてら“おいしい”を満喫!東京・町田のレトロなグルメスポット5選いま最も注目を集めるスポット・町田。活気あふれる商店街を始め、地元の人に愛される洋食店、100年以上続く名店など、気になるお店が盛りだくさんなんです。そこで、今回は“レトロ”をキーワードに、いま行くべきグルメスポットを厳選。次の休日、きっと町田に行きたくなる!(PR/町田市)Food 2023.03.22 PR
SPpeachPeachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅。2021年に世界自然遺産に登録された鹿児島県の奄美大島。一年を通して比較的温暖で豊かな森も美しい海も楽しめ、旅先に選ぶ人が増えています。 簡単におさらいしておくと、奄美大島は鹿児島本土と沖縄の間の洋上に浮かぶ離島。加計呂麻島や徳之島、沖永良部島など周辺の島々を合わせて奄美群島と呼び、フェリーや飛行機を使って群島ホッピングも可能です。 そんな奄美大島、いざ行くとなると「アクセスが良くなさそう」「航空券も高くなるのでは」と心配の声が聞こえてきますが…。大丈夫です! 日本のLCCを代表するPeachなら、奄美への直行便があるのです。成田空港から約3時間、関西空港から約2時間、そして(時期にもよりますが)片道4990円からとリーズナブル。これは、躊躇していたら損!Travel 2023.02.28 PR
記事2_top_1Peachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅② | とれたての海鮮丼から、島唄居酒屋で歌って踊って!?2021年に世界自然遺産に登録された鹿児島県の奄美大島。一年を通して比較的温暖で、豊かな森も美しい海も楽しめ、「沖縄より混雑していない」ことでも注目されて、旅先に選ぶ人が増えています。 簡単におさらいしておくと、奄美大島は鹿児島本土と沖縄の間の洋上に浮かぶ離島。加計呂麻島や徳之島、沖永良部島など周辺の島々を合わせて奄美群島と呼び、フェリーや飛行機を使って群島ホッピングも可能です。 そんな奄美大島、いざ行くとなると「アクセスが良くなさそう」「航空券も高いのでは」と心配の声が聞こえてきますが…。大丈夫です!日本のLCCを代表するPeachなら奄美への直行便があるのです。成田空港から約3時間、関西空港から約2時間、そして(時期にもよりますが)片道4,990円からとリーズナブル。これは、躊躇していたら損! そこで、ハナコラボ パートナーである藤井茉莉花さんが奄美大島2泊3日の旅へ。 奄美に魅せられて移住し、現在は多拠点でライターや通訳士として活動する藤原志帆さん(https://enjoy-amami.com/)に教わったおすすめスポットをまわります。 今回は海鮮丼、島唄割烹、お土産のセレクトショップなど、グルメ&お買い物編をお届けします。 公式サイトはこちらTravel 2023.03.07 PR