Hanako_2010_防災BOOK_P07_地震_屋外
Hanako_2010_防災BOOK_P07_地震_屋外

地震や記録的な大雨がやってきた! 災害発生!そのとき、何が起こる? 7選 〜家の外編〜 Learn 2023.01.25

想定外の大きな地震は、いつ起きるかわからない。
自宅の中のどこにいるのか、はたまた屋外にいるのか。
例えば、家にいるとき、そして外にいるときに
どんなことが起きるか、シミュレーションしてみよう。

想定されること

1.エレベーターの中では…

エレベーターが緊急停止し、狭い密室に長時間閉じ込められると、極度のストレスにさらされる。空腹やトイレ問題のほか、夏場は脱水症状や熱中症のリスクも高くなる。救助の人が来てくれるまで、大きな不安が。

対策
比較的新しいエレベーターなら、最寄りの階で止まるようになっているが、すべての階のボタンを押して、停止した階で降りるのが基本。非常用ボタンは外部との連絡に。隅に非常用セットが置かれているエレベーターも。

2.オフィスでは…

コピー機やスチールワゴンなどキャスター付きの機器は縦横無尽に動くので、ぶつかったり挟まれたりすると非常に危険。ロッカーが倒れたり、パソコンが落ちたり、窓が割れたり、ものの多いオフィスは騒然とした状態に

対策
まずは机の下に隠れること。キャスター付きの機器は凶器になるので、必ずストッパーをつけておくこと。日頃から整理整頓を心がけ、ものが「倒れてこない、落ちてこない、移動してこない」避難スペースを作っておこう。

3.商業ビルの中では…

売り場はものがあふれているため、商品棚からの落下物が床に散乱。ショーウィンドウのガラスが割れ、棚やマネキンが倒れたりする。シャンデリアなど大きな照明が落下する恐れも。出口や階段などに避難する人が殺到する。

対策
ガラス製の商品棚や照明の下から離れ、落下物でケガをしないよう、カバンで頭部を守る。その際、頭から少し浮かせて持つと衝撃を抑えられる。動いていたとしてもエレベーターでの避難は避け、誘導係員の指示に従おう。

4.路上では…

電柱や自動販売機、古いブロック塀などが、強い揺れによって倒壊。頭上からは屋根瓦やエアコンの室外機、看板、ベランダに置かれた植木鉢など落下物も多い。住宅や商店の窓ガラスが割れて、路上に散乱する。

対策
狭い路地にいるときは、崩れた塀や倒れてくるものの下敷きにならないよう、揺れを感じたら塀から離れて、駐車場など広いスペースに避難しよう。頭部を守ることも忘れずに。車が来ることもあるので、飛び出しは厳禁。

5.地下街では…

一般的には、地下は地上の建物よりも揺れが小さいといわれている。しかし閉じ込められてしまうのではという恐怖心からパニックになりやすく、避難する人が非常口に殺到し、将棋倒しになる恐れも。停電時は特に混乱。

対策
まずは落下物から頭を守り、ガラスや看板などから離れること。非常口も含め出口は複数あるので、混んでいないところから地上に出よう。停電しているときは、壁づたいに移動すると必ず出口に行き当たるので焦らずに。

6 .飲食店では…

飲食店は当然ながら火を使っているので、火災が発生する可能性が大。カウンター越しに火を使っているような小さな飲食店は、あっという間に火が回ってしまいかねない。皿やグラス類が床に散乱して足元も危険。

対策
テーブルやカウンターの下にもぐり、揺れが収まるのを待つ。ビル内の飲食店は非常口に人が殺到してパニックになりやすいので、落ち着いて行動しよう。複雑な構造の場所は特に、日頃から非常口を確認する習慣を。

7 .電車の中では…

急ブレーキがかかった勢いで転んだり、バランスを崩した人と接触してケガをしてしまう。安全確認が長引いて、車内に閉じ込められてしまうことも。場合によっては電車から降りて、線路を歩いて避難しなければならない。

対策
電車は揺れを感知して緊急停車するので、立っている場合はつり革や手すりにしっかりつかまること。座っているときは、なるべく低い姿勢で頭を保護しよう。停車しても勝手に外に出ないで、係員の指示に従って避難を。

illustration : naohiga navigation : Yukiko Okamoto text : Ikuko Hyodo

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR