原宿 Jennifer Seven

アメリカで仕入れたヴィンテージ雑貨も販売! アメリカのクラシックなバーガーを原宿で!雑貨店の裏に隠れた名店〈Jennifer Seven〉がオープン。 Learn 2022.08.09

トレンドの飲食店が軒を連ねる東京・原宿に、オールドスクールなバーガーショップ〈Jennifer Seven〉がオープン!アメリカ映画に出てくるようなどこか懐かしさ漂う店内と、こだわり抜いたクラシックスタイルのバーガーメニュー、そして併設のジェネラルストアをたっぷりご紹介します!

原宿 JENNIFER SEVEN
原宿 JENNIFER SEVEN

原宿駅から徒歩10分程、系列店のバーガーショップ〈THE GREAT BURGER SHOP〉に佇む店舗。コーヒースタンドを併設したおしゃれなヴィンテージショップです。
店内へ入ると、アメリカの田舎などにある食料品や、食器をはじめとするヴィンテージ雑貨などを販売する〈General Store〉が。ひと昔前のアメリカを連想させる古き良きアイテムは、どれも店主が何年もかけて集めてきた名品ばかり。アメリカでは既に生産終了していて、この店でしか手に入れることのできないものもあるんだとか。

また、系列店である〈GOOD TOWN COFFEE〉のオリジナル焙煎コーヒーや、チャイニーズアメリカンな中華まんがテイクアウト可能です。

フレッシュなフルーツや野菜(写真左下)は、どれも産地直送。その時々で届いた旬のものを販売しているんだそう。
フレッシュなフルーツや野菜(写真左下)は、どれも産地直送。その時々で届いた旬のものを販売しているんだそう。
お店オリジナルロゴが入った古着テイストのTシャツも。
お店オリジナルロゴが入った古着テイストのTシャツも。
原宿 Jennifer Seven
原宿 Jennifer Seven

ここまで日本のよろず屋のようなジェネラルストアをご紹介したのですが、肝心なバーガーショップはどこへ???と店内を見渡すと、奥に「welcome」の看板と共に怪しげな扉が。

マクドナルドのロゴを反対してWに見立てた発想も面白い!
マクドナルドのロゴを反対してWに見立てた発想も面白い!
広々40席の店内。扉は、アメリカの高校で実際に使われていたものを買い付けてきたそう。
広々40席の店内。扉は、アメリカの高校で実際に使われていたものを買い付けてきたそう。
お手洗いまで抜かりなくアメリカンレトロ。
お手洗いまで抜かりなくアメリカンレトロ。

扉の向こうは、まるで70年代のアメリカ映画の世界に迷い込んだようなダイナー。ここが、〈Jennifer Seven〉のバーガーショップです。

100年近くやっている田舎のダイナーや学食からインスピレーションを受けて設計したという店内は、白とヴィンテージウッドを基調にブルーグレーイッシュグリーンをアクセントカラーにした、シンプルかつクラシックモダンな空間に。

一般的な学校やオフィスでも使われているシステム天井をあえて使用したり、床には商業施設やオフィスビルで使用されるテラゾー(大理石などの砕石を樹脂などと混ぜたもの)を敷き詰めたりなど、内装へのこだわりはひとしお。

注文はモバイルオーダーで。QRコードを読み取ると写真付きのメニューが表示される仕組み。
注文はモバイルオーダーで。QRコードを読み取ると写真付きのメニューが表示される仕組み。
カウンターもアメリカ仕様。ケチャップやマスタードは好きなだけ。
カウンターもアメリカ仕様。ケチャップやマスタードは好きなだけ。
原宿 Jennifer Seven
ドリンクホルダーもアメリカ製。独特な形!
ドリンクホルダーもアメリカ製。独特な形!

そんな細部まで作り込まれたアメリカンな世界で楽しむハンバーガーは、〈THE GREAT BURGER〉で提供しているグルメバーガーとはテイストの違った、スナック感覚で楽しめるシンプルなメニュー構成。

「本来のバーガーってこうだった!」と思わせてくれるようなクラシカルなものばかりです。なぜわざわざ系列のバーガー店の隣にバーガー店を?と思っていたのですが、メニューを見て納得。

「クラシック スマッシュ チーズバーガー」1,400円(税抜)。
「クラシック スマッシュ チーズバーガー」1,400円(税抜)。

今回は、パティを鉄板で潰してカリカリに仕上げた「スマッシュバーガー」をオーダー。バンズにパティ、玉ねぎ、ピクルスとシンプルな構成なのですが、それぞれが「ふわ、ザク、シャキ、ポリ。」と異なる食感で面白い!和牛脂を混合したビーフ100%のパティは、焦げの部分が香ばしく、素朴さもありながら癖になる味。

「スイートポテトフライ」800円(税抜)。
「スイートポテトフライ」800円(税抜)。
原宿 Jennifer Seven

サイドには、細切りにしたさつまいもを揚げた「スイートポテトフライ」を。日本ではあまりお目にかかることがないのですが、アメリカでは人気の高い商品なんだとか。自然の甘みがふわっと香り、衣との相性も抜群。止まらなくなるおいしさです。

箸休めとして嬉しいのが付け合わせの唐辛子ピクルス。さっぱりとお口の中がリセットされつつしっかり辛味も感じる、ちょっぴり危険なオアシスです。

「バニラミルクシェイク」900円(税抜)。
「バニラミルクシェイク」900円(税抜)。
原宿 Jennifer Seven

デザートには、映画「パルプ・フィクション」を連想させるアイコニックなシェイクを。バニラ、チョコレート、ストロベリーの3種の味があるので、レトロな配色のテーブルを背景に、並べて撮影したくなってしまう可愛さです。
なめらかな舌触りのシェイクをズズッと啜ると、バニラの甘さとミルクの優しさが体中に染みわたる・・・!バーガーを食したあとのシェイクってなんでこんなにおいしいんでしょうね。お腹いっぱいでも頼む価値ありな一品です。

原宿 Jennifer Seven

今回ご紹介した〈Jennifer Seven〉は、8月9日(火)オープン。バーガーやポテトはテイクアウトも可能です。原宿に佇む小さなアメリカを体験しに、ぜひ足を運んでみてください!

〈Jennifer Seven〉
■東京都渋谷区神宮前6-12-6 J-cube C棟 1F
■03-6427-3274
■11:30〜22:00
■40席(カウンター9席、テーブル18席、ボックス18席)
General Store公式Instagram
 Burger Shop公式Instagram

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR