〈にほんものストア〉

「おむすび」と「日本茶」で初夏を楽しむ。 〈にほんものストア〉の「サブスク米」で結ぶおいしい「おむすび」。 Learn 2022.06.03

元サッカー日本代表の中田英寿さんがクリエイティブディレクターを務める〈にほんものストア〉は、中田さんが現役引退後の旅のなかで、実際に足を運んできた日本全国約3,000カ所のなかから厳選した逸品などが見つかるオンラインストアです。前回は、お米の博士号ともいわれる五つ星お米マイスター秋沢さんがセレクトした「朝食にぴったりなお米」2種類と「カレーにぴったりなお米」2種類の他に、「炊き込みご飯にぴったりなお米」を紹介しました。今回は、「おむすびにぴったりのお米」を2種類と、〈にほんものストア〉で買える日本茶を紹介します。

おむすびに適した「お米」を知ろう。

〈にほんものストア〉

お米の博士号ともいわれる五つ星お米マイスターの資格を持つ、秋沢さんは東京都調布市にある山田屋本店の6代目です。
おむすびに適したお米は、「粒厚」(つぶあつ)があり、ほどよい粘りのあるお米です。
粒厚は、お米の粒の厚みのこと。ぷっくりとふくらみのあるお米は、程よい粘り気とほぐれ感があり、具材との親和性もよいと秋沢さんは話し、他にも「つや姫」「いちほまれ」「にこまる」「ひとめぼれ」などもおむすびに合うと教えてくれました。

〈にほんものストア〉

●秋沢毬衣さんのプロフィール
五つ星お米マイスター、米・食味鑑定士。
全国の田んぼを訪問し、日本の精密かつ受け継がれゆく米作りや生産者の想いを国内外へ発信。
お米の専門店〈米屋彦太郎〉を運営し、お米館調布本店・三越銀座店に出店。

「鳥取県産 奥大山江府米 星空舞」と「北海道産 中村農園 おぼろづき」。

〈にほんものストア〉

「鳥取県産 奥大山江府米 星空舞」と「北海道産 中村農園 おぼろづき」は、どちらもおにぎりにピッタリなのですが、それぞれのお米に特徴があり、具をお米と相性のよいものと合わせると更においしく味わえます。

〈にほんものストア〉

●鳥取県産 「奥大山江府米 星空舞」
標高1,200mの奥大山の麓にある江府町産の「奥大山江府米 星空舞」は、粒立ちが良く、弾けるような弾力があります。米粒の見た目の美しさ、きらきらとした輝き、比較的大きな粒で食べごたえが特徴のお米です。

【秋沢さんおすすめの具】
「星空舞」には昆布の佃煮、山椒ちりめん、甘辛のそぼろなど、歯ごたえのある具と相性がピッタリ。

〈にほんものストア〉

●北海道産 「中村農園 おぼろづき」
道央圏の南方に位置し、東西及び北部の三方が山に囲まれ、南部が太平洋に面しているむかわ町産の「中村農園 おぼろづき」は、炊きたてのもっちり感とジューシーな甘み、冷めてからも唸るうま味の持続力が特長。お弁当やおむすびに適したお米です。

【秋沢さんおすすめの具】
ごはんの甘みがしっかりと感じられるので、酸っぱい梅干しと相性がバツグンです。

秋沢さんにきいた「おむすび」をおいしく結ぶポイント!

〈にほんものストア〉

●「炊き方のポイント」
おむすびの炊き方は通常の炊飯よりも少なめの水加減で炊くのがポイント。
炊飯器の場合の水加減は、目盛りの2mm下を目安で。水を減らして炊く場合は、しっかりと浸漬(夏場30分以上、冬場1時間)することを忘れずに!
少なめの水で炊いたご飯は、粒感がしっかりとした印象となりお米の弾力が楽しめます。

〈にほんものストア〉

●「アツアツのご飯で、優しく握る」
アツアツご飯でふんわり握ると、米と米の間にふっくらと空気が入り、冷めたときもご飯同士が詰まりすぎず、ふっくら感を保ちながら形をキープすることができます。

〈にほんものストア〉

●「食べる時間によって、塩加減を変える」
すぐ食べるか、あとで食べるかによって塩加減を変えましょう。
握ってすぐ食べる場合の塩加減は、少なめ。時間がたってから食べる場合は、多めがおススメ。
塩加減の目安は、すぐ食べる場合は、人差し指と中指の腹に軽く塩をつけたくらい、お弁当として持ち運ぶ場合は、指3本分の腹に塩をつけてしっかりと手になじませてから握ると◎。

秋沢さんおすすめの具で結んだ「おむすび」2種を食べ比べ!

〈にほんものストア〉

「奥大山江府米 星空舞」のおむすびの具は、秋沢さんおすすめの「昆布の佃煮」、「中村農園 おぼろづき」には「紀州の梅干し」を入れて結んでみました。
今回は食べ比べをするために、それぞれのお米を炊いたのですが、具によってお米を変えるなんておむすび専門店でもやらないかも。 お米の特徴がそれぞれ違い、とても贅沢な食べ比べになりました(笑)。

酸味の強い紀州梅でしたが、ごはんの甘みが倍増! 疲れているときに食べたら癒されそう。
酸味の強い紀州梅でしたが、ごはんの甘みが倍増! 疲れているときに食べたら癒されそう。

おむすびに合うお茶も〈にほんものストア〉でお取り寄せ!

左から〈星野製茶園〉「八女特煎S印 《2021》」、「星野さつき」(新茶)、〈放香堂〉「宇治玉露」、〈お茶の油谷〉「水出し 加賀棒ほうじ茶 にほんものエディション」。
左から〈星野製茶園〉「八女特煎S印 《2021》」、「星野さつき」(新茶)、〈放香堂〉「宇治玉露」、〈お茶の油谷〉「水出し 加賀棒ほうじ茶 にほんものエディション」。
〈星野製茶園〉「八女特煎S印 《2021》」。
〈星野製茶園〉「八女特煎S印 《2021》」。

おむすびと合わせるのはやっぱり「お茶」ですよね。
同ストアでは、老舗茶店や茶師がセレクトした味わい深い日本茶も各種取り揃えています。
中でもお茶好きな中田英寿さんが、老舗〈お茶の油谷〉とポッカサッポロフード&ビバレッジ監修の下開発した、“究極”の水出し用加賀棒ほうじ茶「水出し 加賀棒ほうじ茶 にほんものエディション」などにも注目です。

〈にほんものストア〉
公式サイト
農家さんのサブスク 米

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR