_13A1904

夏子の大冒険 〜美術館をめぐる旅〜 ポーラ美術館の『モネからリヒターへ』へ。「残っているということ」編 Learn 2022.06.01

今回の大冒険の舞台は〈ポーラ美術館〉。Googleマップで調べてみると “森の中にある地下美術館” の文字が。気になる気になる。この連載で行かない訳にはいきません。というわけで、現在公開中の超大型企画『モネからリヒターへ―新収蔵作品を中心に』展にお邪魔してきました。

森で“ととのう”。

-ロニ・ホーン《鳥葬(箱根)》2017-2018年  ©Roni Horn
-ロニ・ホーン《鳥葬(箱根)》2017-2018年 ©Roni Horn

到着してまず案内していただいたのは、美術館を囲む「森の遊歩道」です。鬱蒼とした緑の中に点在する作品を鑑賞しながら散歩を終えた頃には、すっかり感覚も研ぎ澄まされ、俗に言う、“ととのった”状態に。さあ、いよいよモネやリヒターの作品に会いにいくんだ。抑えられないワクワクを抱えて、いざ入館です。

----------------------------------------------------------------

「残っているということ」

_13A2012

どこからが友だちなのか、その線引きが難しい。先輩と仲良くなることが多いせいか、勝手に友だちと呼ぶのも気が引けて、結果、自信を持って友だちと呼べる人数は片手に収まる程度なのだ。

_13A1622

そんな数少ない友だちの一人に、幼なじみ K がいる。K とは生まれた時から同じマンションに住んでいたらしい。言葉にならない“バブバブ言葉”を交わしてきた仲、正真正銘の友達である。

_13A1866

そんな K と3年前、〈ポーラ美術館〉のある、ここ強羅(ごうら)へと来たことがある。平日の昼下がり、「暇〜」のひと言で新宿に集合。どういう訳か、「箱根に一泊しよう〜!」と盛り上がり、小田急線のロマンスカー乗り場を目指した。もちろん宿なんて決めていない。

_13A1768

小田急線の改札まで来て驚愕した。ロマンスカーはおろか、特急も動いておらず、箱根へは鈍行で向かうしかないらしい。しかし、すっかり箱根の気になっている私たちは、もうどんな手段を使ってでも箱根へ行かなくてはならなかった。持て余した車内の時間で宿を予約し、強羅駅の宿に着いた頃にはあたりはすっかり暗くなっていた。

_13A1599

無事に着いた安堵と、宿の飲み放題プランのおかげで“へべれけ”になった私たち。箱根の雰囲気に酔いしれて、深夜の俳句大会を催した。

_13A1899

「大人かも 電車で宿を ポチッとにゃ」(K)

_13A1779

この日、金賞の句。部屋のメモ帳に書き殴った相当数の中から選ばれた。季語は無視。ザ・酔っぱらいクオリティ。でも残っていることが大切なのだ。メモ用紙に書かれた十七文字が、あの一泊を思い出させてくれる。人はいろんな形で忘れたくない一瞬を残してきた。それが芸術になったりもした。

_13A2016

「歳重ね また開きましょう 俳句会」(N子)

_13A1967

今のところ私たちの芸術はこんなである。翌日、芦ノ湖の手漕ぎボートで流されて半泣きになった話なんかもあるんだけど、それはまた今度。

----------------------------------------------------------------

今回訪れたのは…〈ポーラ美術館〉

_13A1927

強羅の思い出話みたいになってしまったけど、言いたかったのは、いろんな美術品が残っているって偉大だなということ。展示、素晴らしかったです。モネとリヒターが並んでいる光景はもちろん、ルノワールに始まり、セザンヌ、振り向けばピカソ。こんな豪華な並び見たことないというオールスター揃いでした。ポーラ美術館の熱意に感動させられた一日でした。

森の中に突如として現れるガラス張りの建物は、まるでアート作品の一部のよう…!
森の中に突如として現れるガラス張りの建物は、まるでアート作品の一部のよう…!
感覚を研ぎ澄ました状態で楽しみたい、戦後日本の多様な抽象作品たち。
感覚を研ぎ澄ました状態で楽しみたい、戦後日本の多様な抽象作品たち。

ポーラ美術館

■神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285
■0460-84-2111
■9:00~17:00(受付締切16:30)
■無休
■1,800円

photo : Yumi Hosomi

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR