GINZA SIX「5周年限定メニュー」

感性に訴える、華やかな期間限定の料理がずらり。 GINZA SIX 5周年!今だけのスペシャルな限定メニューをレポート。 Learn 2022.04.01

2022年4月20日(水)に開業5周年を迎える銀座最大の商業施設、〈GINZA SIX〉。4月1日(金)~5月8日(日)の期間中は「GINZA SIX as your new destination」をテーマにここにしかないもの、ここでしか味わえない体験を提供すべく、新しい試みを展開中。今回はグルメを軸に「5周年限定メニュー」の全貌をお届けします。見逃せないその中身を早速チェック。

「今」にフィットした感度の高いフードが続々登場。

〈GINZA SIX〉では、4月1日(金)から今春しか味わえない「5周年限定メニュー」を提供中。「銀座の新定番」を目指す施設らしく、本物志向の料理はもちろん、目でも楽しめる一皿や話題性のある新店の料理もラインナップしています。ここからはなかでも気になる注目のメニューをご紹介!

〈自由が丘蔭山樓〉の「フカヒレのお刺身と春野菜のサラダ」。
〈自由が丘蔭山樓〉の「フカヒレのお刺身と春野菜のサラダ」。

独自のスタイルでフレンチ×創作中華を提供する〈自由が丘蔭山樓〉の「フカヒレのお刺身と春野菜のサラダ」(1,760円)は、高級食材と季節野菜をカジュアルに味わえる新感覚のメニュー。ふわふわのフカヒレとシャキシャキとした春野菜の食感の対比が楽しい一皿は、上品な味わいで女性でも食べやすいのでおすすめ。

美しいビジュアルの期間限定ドリンクに思わずうっとり。

〈MIXOLOGY SALON〉の「Rose Sent」。
〈MIXOLOGY SALON〉の「Rose Sent」。

厳選茶葉を使ったカクテルとノンアルコールカクテルを提供し、カクテル界のニューウェーブとも言われた〈MIXOLOGY SALON〉が提供する新メニューも一度は体験しておきたい逸品。

〈MIXOLOGY SALON〉

〈エディブルフラワー研究所〉とコラボレーションして作られた「Rose Sent」(1,760円、テーブルチャージ800円)は、10種類以上の農薬不使用栽培のバラを液体窒素で氷に閉じ込め、自家製のウォッカと合わせたカクテル。ほんのり花びらの香りが広がるこちらは、飲み終えた後も幸福な気分に浸れる一杯です(薔薇氷入りは1,870円で4/1~4/30の期間限定で提供)。

乙女心くすぐる、アイコニックな最新スイーツは必見。

〈T's GALLERY〉 の「モダンショート」。
〈T's GALLERY〉 の「モダンショート」。

話題性のあるスイーツを味わいたいときは、スイーツプロデューサーのTSUBASAさんが監修した〈T's GALLERY〉 の「モダンショート」(1,500円)にチャレンジを。目でも楽しさを感じてほしいという思いのもと、現代風にアレンジされたショートケーキは、カクテルグラスに入って登場。雪景色のような表面をスプーンですくい、甘さ控えめの生クリームとフレッシュないちごを味わう新体験を。

〈パティスリー パブロフ〉が手がける「サンクスアニバーサリーケーキ」。
〈パティスリー パブロフ〉が手がける「サンクスアニバーサリーケーキ」。

横浜に店舗を構える〈パティスリー パブロフ〉が手掛ける「サンクスアニバーサリーケーキ」(3,000円)は、高さ12cmと大切な記念日やここぞというときのギフトとしても利用できる、小さな3段ケーキ。しっとりとした食感の生地の上に添えられたルビーチョコレートの薔薇はラズベリーのように甘酸っぱく、華やかな味わいです。

〈MERCER bis GINZA〉の「ピスタチオシフォンケーキ」。
〈MERCER bis GINZA〉の「ピスタチオシフォンケーキ」。

目新しいメニューを狙うなら3月17日(木)にオープンした〈MERCER bis GINZA〉の「ピスタチオシフォンケーキ」(1,200円)をチェック。思わずシャッターを切りたくなるキュートなビジュアルと濃厚なピスタチオ、ふわもち食感の生地に心弾むこちらのケーキ。ホールで9cmとプチサイズなので自分へのご褒美スイーツとしても最適です。

手土産にも最適な見た目もかわいい和スイーツ×お茶。

〈覚王山フルーツ大福弁才天〉の「フルーツ大福+煎茶セット」。
〈覚王山フルーツ大福弁才天〉の「フルーツ大福+煎茶セット」。

その美しい断面と求肥のやわらかな食感でフルーツ大福ブームを牽引したとも言われる〈覚王山フルーツ大福弁才天〉の大福は、ホームパーティーのおやつにぴったり。老舗日本茶専門店〈一保堂 茶舗〉とコラボレーションした「フルーツ大福+煎茶セット」(2,700円)ならキウイとみかんの大福とともに香り高い煎茶を味わえるので、ティータイムのひとときが豊かになること間違いなし。

〈KUGENUMA SHIMIZU〉の「TOKYOもなか」。
〈KUGENUMA SHIMIZU〉の「TOKYOもなか」。

帝国ホテル出身のシェフが和と洋を融合したスイーツを提供する〈KUGENUMA SHIMIZU〉の「TOKYOもなか」(1,296円)もイチオシ。餡は食べる直前に香ばしい最中に挟む挟んでいただくスタイル。招き猫や鯉など縁起物がモチーフで、思わずハッピーな気分にさせてくれるスイーツは手土産としても重宝しそう。

〈Tea Forté〉の紅茶。
〈Tea Forté〉の紅茶。

4月5日(火)にはそのデザイン性の高さで「紅茶の美術品」としても名高いNYの紅茶ブランド、〈Tea Forté〉も館内にオープン。現地の植物園とコラボレーションした先行商品は、USDAオーガニック認証の高品質な茶葉、ハーブのアロマを引き出す為につくられたピラミッド型の形が特徴。5種類のティーバックが2つずつ入った「Paradis Single」(4,968円)はギフトとしても喜ばれそうです。

〈GINZA SIX〉
■東京都中央区銀座6-10-1
■03-6891-3390(GINZA SIX総合インフォメーション 受付時間10:30〜20:30)
■ショップ・カフェ(B2〜5F)10:30〜20:30、レストラン(6F、13F)11:00〜23:00
■不定休
公式サイト

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR