Dessert カカオの枝/ムースカカオ/枝パウダー/枝チョコレート/クランブル、Drink カカオの枝/カカオニブ/チャフ/ジャスミン
メニュー名は「根づき」。カカオの殻とカカオニブを使ったムースショコラ、カカオの廃材を混ぜ込んだクランブルからなり、カカオが秘める力強さを表現した一品。コーヒーの焙煎時に残る薄皮「チャフ」、カカオの枝、カカオニブを合わせてコールドブリューにしたドリンクは、ジャスミンの香りとタンニンのような渋みがあり、デザートの甘みを切ります。

繊細なデザートとドリンクが示す、新たな可能性。 廃材の利活用で、カカオを取り巻く環境に変化を。 Learn 2022.03.23

幅広いシーンを彩るチョコレートは、世界中で愛されているお菓子です。しかし、実はチョコレートには、ネガティブな一面も。チョコレートの原料であるカカオは、その大部分が生産過程で廃棄されているのです。3月14日、東京の新宿御苑にて、こうした社会課題を起因とするイベント『LIFE OF CACAO』が開催されました。本イベントで披露されたのは、廃棄されてしまう部位も含め、カカオを丸ごと味わうというユニークな試み。当日は、創意あふれる魅力的なスイーツとドリンクが提供されました。

あらゆるステークホルダーを幸せにするためのプロジェクト。

イベント『LIFE OF CACAO』は、新宿御苑の温室で開催されました。
イベント『LIFE OF CACAO』は、新宿御苑の温室で開催されました。
新宿御苑は“都会のオアシス”として知られており、温室では、熱帯・亜熱帯の植物を中心に約2,700種が栽培されています。
新宿御苑は“都会のオアシス”として知られており、温室では、熱帯・亜熱帯の植物を中心に約2,700種が栽培されています。
『LIFE OF CACAO』のキーパーソン。左から、〈LIFULL〉執行役員CCOの川嵜 鋼平さん、人気若手シェフの江藤英樹さん、世界的有名バリスタの井崎英典さん。
『LIFE OF CACAO』のキーパーソン。左から、〈LIFULL〉執行役員CCOの川嵜 鋼平さん、人気若手シェフの江藤英樹さん、世界的有名バリスタの井崎英典さん。

イベント『LIFE OF CACAO』の主催は、事業をとおして社会課題の解決を目指す〈LIFULL〉。同社は2018年より『地球料理-Earth Cuisine-』というプロジェクトのもと、地球上でまだ光が当たっていない食材を活かす取り組みを行ってきました。

同社の川嵜 鋼平さんいわく、『地球料理-Earth Cuisine-』は、社会課題の原因となっている素材に“食べる”という新しい可能性を見出すプロジェクト。このプロジェクトを通し、持続可能な社会を実現させたいと語ります。なお、プロジェクトを進めるにあたり特に大切にしてきたのが、「新しいおいしさ」を追求する姿勢なのだとか。「シェフや生産者、地球環境など、あらゆるステークホルダーが幸せになれるようなおいしさを追求したいです」と、川嵜さん。

ちなみに『地球料理-Earth Cuisine-』としての取り組みは、過去に3回、実施されています。第一弾として実施されたのは、間伐材を使用したパウンドケーキ「Eatree Plates〜木から生まれたケーキ〜」の開発および販売。これは、間伐材が未利用資源となっている問題を受けての取り組みです。また、第二弾では、国内各地で問題視されている放置竹林にスポットが当てられ、「Bamboo Sweets-竹害から生まれた和菓子-」と「Bamboo Galette-竹害から生まれたガレット-」が開発・販売されました。そして第三弾では、カカオの廃材でできたチョコレート「ECOLATE」を開発・販売。なお、今回のイベント「LIFE OF CACAO」は、第三弾となる取り組みの一環として開催されました。

新宿御苑の温室には、カカオが植えられているスペースも。
新宿御苑の温室には、カカオが植えられているスペースも。

チョコレートの生産量が増えても、貧困から脱却できないカカオ農家。

Dessert カカオパルプ/カカオ豆の殻/カカオニブ/ブランマンジェ/ジュレ、Drink カカオパルプ/コーヒーの蜂蜜/アールグレー茶葉/ディル/炭酸
「誕生」 と題されたメニュー。カカオ豆の殻とカカオニブからできたブランマンジェ、カカオの果肉を使ったジュレなどから構成され、一口ごとに異なる味わい。また、カカオ豆の殻のパリッとした食感と、香ばしさがアクセントに。まるでシャンパンのような口当たりのドリンクは、華やかな香りと爽やかさが持ち味。
Dessert カカオパルプ/カカオ豆の殻/カカオニブ/ブランマンジェ/ジュレ、Drink カカオパルプ/コーヒーの蜂蜜/アールグレー茶葉/ディル/炭酸

「誕生」 と題されたメニュー。カカオ豆の殻とカカオニブからできたブランマンジェ、カカオの果肉を使ったジュレなどから構成され、一口ごとに異なる味わい。また、カカオ豆の殻のパリッとした食感と、香ばしさがアクセントに。まるでシャンパンのような口当たりのドリンクは、華やかな香りと爽やかさが持ち味。

今回の『地球料理-Earth Cuisine-』でカカオにフォーカスが当てられた背景には、さまざまな社会問題があります。川嵜さんは、こう説明しました。

「この10年間、チョコレートの市場は成長し続けています。また、コロナ禍を迎えて以降、チョコレートの需要は大きく増加しています。にも関わらず、市場におけるカカオの買い取り価格は、長らく最低ラインにあります。つまりカカオ農家は、低賃金で大量のカカオを作り続けており、貧困から脱却できない状況に置かれているのです。私たちは、こうした状況を解決する糸口をつくろうと、カカオの廃材に目を向けました」

Dessert カカオの枝/ムースカカオ/枝パウダー/枝チョコレート/クランブル、Drink カカオの枝/カカオニブ/チャフ/ジャスミン
メニュー名は「根づき」。カカオの殻とカカオニブを使ったムースショコラ、カカオの廃材を混ぜ込んだクランブルからなり、カカオが秘める力強さを表現した一品。コーヒーの焙煎時に残る薄皮「チャフ」、カカオの枝、カカオニブを合わせてコールドブリューにしたドリンクは、ジャスミンの香りとタンニンのような渋みがあり、デザートの甘みを切ります。
Dessert カカオの枝/ムースカカオ/枝パウダー/枝チョコレート/クランブル、Drink カカオの枝/カカオニブ/チャフ/ジャスミン

メニュー名は「根づき」。カカオの殻とカカオニブを使ったムースショコラ、カカオの廃材を混ぜ込んだクランブルからなり、カカオが秘める力強さを表現した一品。コーヒーの焙煎時に残る薄皮「チャフ」、カカオの枝、カカオニブを合わせてコールドブリューにしたドリンクは、ジャスミンの香りとタンニンのような渋みがあり、デザートの甘みを切ります。

カカオポッドのなかには数十粒のカカオ豆が入っており、このカカオ豆を加工することで、チョコレートの原料となるカカオニブが出来上がります。つまり、チョコレートに用いられるのは、カカオ豆に含まれるカカオニブだけ。チョコレートの生産現場では、カカオ豆の殻やカカオパルプ、枝、葉は不要とされており、現状、ほぼすべてが廃棄されています。

カカオ全体のおよそ7割が廃棄され、収益につながらないことも、カカオ農家が貧困に陥ってしまう要因の一つ。「私たちは、廃材を利活用して食材に変える取り組みを通し、農家の収益が増える仕組みを構築しています」と、川嵜さん。

Dessert カカオの葉/テリーヌカカオフィーユ/葉クリーム/葉クランブル/葉アイスクリーム、Drink カカオの葉/ミルク
「息吹」と題されたペアリング。テリーヌ、クリーム、クランブル、アイスクリームの全てにカカオの葉っぱが使われています。ドリンクは、カカオの葉の粉末をミルクに漬け込むことで抽出された一品。また、カカオの葉っぱの粉末がトッピングされています。デザート、ドリンクともに、葉の風味が心地よく感じられ、後を引きます。
Dessert カカオの葉/テリーヌカカオフィーユ/葉クリーム/葉クランブル/葉アイスクリーム、Drink カカオの葉/ミルク

「息吹」と題されたペアリング。テリーヌ、クリーム、クランブル、アイスクリームの全てにカカオの葉っぱが使われています。ドリンクは、カカオの葉の粉末をミルクに漬け込むことで抽出された一品。また、カカオの葉っぱの粉末がトッピングされています。デザート、ドリンクともに、葉の風味が心地よく感じられ、後を引きます。

『LIFE OF CACAO』で提供されたのは、カカオ豆の殻やカカオパルプなど、生産過程で廃棄されてしまう部分を使ったデザートとドリンク。全5種類のペアリングメニューを通し、カカオが誕生してから土に還るまでの姿を表現したそう。デザートやドリンクの美しさ、おいしさは圧倒的で、もとは廃材だったとは信じられないほど。シェフの江藤英樹さん、バリスタの井崎英典さんの卓越した技術や発想力が感じられました。

Dessert シャンティカカオパルプ/コンポートフランボワーズ/苺/ソルベカカオパルプ/エスプーマカカオニブ、Drink カカオ豆の殻のコンブチャ/カスカラのシロップ/炭酸
「実り」。カカオパルプのソルベに、カカオのハスクとカカオニブの香りを移したエスプーマを。北海道・余市の「ソウマファーム」のラズベリーでできたコンフィチュール、埼玉県秩父市の「和銅農園」のイチゴ「あまりん」もトッピングされています。軽やかな食感と控えめな甘さが持ち味のデザートと、爽やかな酸味と香りがあるコンブチャは、お互いを引き立てます。
Dessert シャンティカカオパルプ/コンポートフランボワーズ/苺/ソルベカカオパルプ/エスプーマカカオニブ、Drink カカオ豆の殻のコンブチャ/カスカラのシロップ/炭酸

「実り」。カカオパルプのソルベに、カカオのハスクとカカオニブの香りを移したエスプーマを。北海道・余市の「ソウマファーム」のラズベリーでできたコンフィチュール、埼玉県秩父市の「和銅農園」のイチゴ「あまりん」もトッピングされています。軽やかな食感と控えめな甘さが持ち味のデザートと、爽やかな酸味と香りがあるコンブチャは、お互いを引き立てます。
Dessert カカオ豆の殻/枝/葉、Drink エルサルバトル シェキーナ農園ブルボン種のコールドブリュー
「還元」として提供されたのは、『地球料理-Earth Cuisine-』の一環として江藤さんが手がけた「ECOLATE」。カカオ豆の殻と枝、葉が30%ずつ含まれており、一口かじった瞬間、葉を中心とする素材の香りがたっぷりと広がります。ドリンクは、深入りした水出しのコーヒーで、「ECOLATE」のチョコレートの風味を助長します。
Dessert カカオ豆の殻/枝/葉、Drink エルサルバトル シェキーナ農園ブルボン種のコールドブリュー

「還元」として提供されたのは、『地球料理-Earth Cuisine-』の一環として江藤さんが手がけた「ECOLATE」。カカオ豆の殻と枝、葉が30%ずつ含まれており、一口かじった瞬間、葉を中心とする素材の香りがたっぷりと広がります。ドリンクは、深入りした水出しのコーヒーで、「ECOLATE」のチョコレートの風味を助長します。

最後に登場したスイーツである「ECOLATE」は、webサイト「LIFULL Table」で購入することができます。カカオの新しい魅力をたっぷりと感じさせる「ECOLATE」を味わいながら、カカオを取り巻く環境について、思いを巡らせてみては。

『地球料理-Earth Cuisine-』
◼️公式サイト

「ECOLATE」販売サイト
◼️公式サイト

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR