CUBE20150409_002

アウトドアだけでなく、食や観光も楽しめる。 【後編】2022年春オープンの〈佐渡アウトドアベース〉を拠点に、佐渡島を満喫。 Learn 2022.01.20

【前編】ではツアーで〈佐渡アウトドアベース〉を中心にご紹介しましたが、【後編】ではオーシャンビューの宿〈Guest Villa on the 美一〉、郷土料理のいごねり、そして牡蠣のフルコースをご紹介いたします。

今回宿泊したのはオーシャンビューの宿〈Guest Villa on the 美一〉。

佐渡 Guest Villa on the 美一
佐渡 Guest Villa on the 美一

〈Guest Villa on the 美一〉は、佐渡島の南西に位置する真野湾に面して建つ複合施設です。今回は、1階のイタリアン・フレンチレストラン〈清助 NextDoor〉と、2階のゲストハウス〈bay lodge BI-ICHI(ベイロッジ ビイチ)〉を利用させていただきました。

佐渡の食材を使ったイタリアン・フレンチレストラン〈清助 NextDoor〉。

佐渡 清助 NextDoor
佐渡 清助 NextDoor
佐渡 清助 NextDoor
佐渡 清助 NextDoor
佐渡 清助 NextDoor
佐渡 清助 NextDoor
佐渡 清助 NextDoor
佐渡 清助 NextDoor
佐渡 清助 NextDoor

オーナーシェフ自ら仕入れた、佐渡の旬の素材を使った繊細なイタリアンとフレンチ。この日のメインは鶏肉のソテー。鶏肉と、カブのやさしい味の後に、エビの風味が口に広がります。デザートにいただいた、佐渡のはちみつを使用したジェラートは、すっきりとしているのに、しっかりとはちみつの味を感じることができました。

お料理がどれもおいしかったのはもちろん、シェフが自ら語る料理のこだわりや、佐渡の食材についてのお話はとても興味深く、佐渡のことがもっと好きになりました。

暮らすように旅ができる宿〈bay lodge BI-ICHI(ベイロッジ ビイチ)〉。

佐渡 bay lodge BI-ICHI
佐渡 bay lodge BI-ICHI
佐渡 bay lodge BI-ICHI
佐渡 bay lodge BI-ICHI
〈Guest villa on the 美一〉
〈Guest villa on the 美一〉
佐渡 bay lodge BI-ICHI

1階のおしゃれなロビーを通り過ぎ、2階へ上がると、そこにはオーシャンビューの共有スペースが。この日はあいにくの空模様だったのですが、晴れている日の景色は格別だそうです。共有スペースのラウンジとキッチンがとてもおしゃれで、食器やキッチン用品も充実しているので自ら調理することも可能です。

佐渡 bay lodge BI-ICHI
佐渡 bay lodge BI-ICHI
佐渡 bay lodge BI-ICHI
佐渡 bay lodge BI-ICHI
佐渡 bay lodge BI-ICHI
佐渡 bay lodge BI-ICHI
佐渡 bay lodge BI-ICHI
佐渡 bay lodge BI-ICHI
佐渡 bay lodge BI-ICHI

ベッドルームはダブル3部屋、ツイン2部屋の計5部屋。オーナーの山内さんによると、ベッドルームには特に力を入れているんだとか。寝具は新潟の〈minka -眠家-〉さんのものを採用していて、ダブルルームとツインルームではベッドのウッドスプリングの種類を変えているのだそう。こだわりのベッドルームはとても快適で、これらの寝具を体験するために新潟から訪れる人もいるそうです。

佐渡の食文化いごねりを伝える〈早助屋〉。

佐渡 早助屋
佐渡 早助屋
佐渡 早助屋
佐渡 早助屋
佐渡 早助屋

いごねりとは、いご草という稀少な海藻から作られた佐渡の郷土料理です。今回は食文化を継承したいと話す4代目見習いの山内さんの奥様のご家族が営む早助屋で製造工程を見学させていただきました。

佐渡 早助屋
佐渡 早助屋
佐渡 早助屋
佐渡 早助屋
佐渡 早助屋
佐渡 早助屋
佐渡 早助屋
佐渡 早助屋
佐渡 早助屋
佐渡 早助屋
佐渡 早助屋

いごねりの材料はいご草と水だけで、添加物を入れない昔ながらの製法を今も忠実に受け継いでいます。とてもシンプルな郷土料理ですが、いご草は採れる場所や漁師によって質が異なるため、味を均一に保つために配合を変えていると話されていました。作り方は、いご草を煮溶か、濾してた後、よく練ったものを薄く伸ばして自然に冷えるて固まるのを待ち、くるくると巻きます。

佐渡 早助屋
佐渡 早助屋

食べ方もいたってシンプル。巻きいごねりを広げ、細く7ミリほどの麺状に切りネギや生姜などの薬味をのせ、お醤油をかけていただくのが一般的です。見た目はこんにゃくに似ていますが、口に入れた瞬間に磯の香りが広がり、ツルッとした食感で食べやすいです。くせのない料理なので、酢味噌やポン酢、めんつゆなどアレンジの幅が広いのも、長く愛されている理由のひとつです。

牡蠣のフルコースが楽しめる〈あきつ丸〉。

佐渡 牡蠣小屋〈あきつ丸〉

加茂湖のほとりに位置する、牡蠣小屋〈あきつ丸〉。ここでは獲れたて、剥きたての新鮮な牡蠣をフルコースで堪能できると、多くのグルメ通が足を運びます。
加茂湖は全国的に珍しい汽水湖。両津湾からの海水と金北山からの山水を湛えた植物プランクトンが豊富な湖水は、通常は2年から3年かけて大きくなる牡蠣を、1年とで立派なサイズに育てるので、ここで育った牡蠣は水中にいる時間が短いことからほとんど臭みを感じません。

フルコース紹介の前に、今回は牡蠣漁の見学をさせていただきましたのでご紹介させてください。

佐渡 牡蠣小屋〈あきつ丸〉
佐渡 牡蠣小屋〈あきつ丸〉
佐渡 牡蠣小屋〈あきつ丸〉
佐渡 牡蠣小屋〈あきつ丸〉
佐渡 牡蠣小屋〈あきつ丸〉
佐渡 牡蠣小屋〈あきつ丸〉
佐渡 牡蠣小屋〈あきつ丸〉
佐渡 牡蠣小屋〈あきつ丸〉
佐渡 牡蠣小屋〈あきつ丸〉

牡蠣小屋に横付けした船に乗り小屋を出発します。湖には沢山の養殖筏(いかだ)がありました。〈あきつ丸〉の筏に到着すると、三代目の伊藤さんは船から筏に移り、吊り下げていたロープを引き上げます。するとそこには大量の牡蠣が。
機械に通して、ロープと牡蠣を分別してから牡蠣小屋に戻ります。

佐渡 牡蠣小屋〈あきつ丸〉
佐渡 牡蠣小屋〈あきつ丸〉
佐渡 牡蠣小屋〈あきつ丸〉
佐渡 牡蠣小屋〈あきつ丸〉
佐渡 牡蠣小屋〈あきつ丸〉

小屋に戻るなり、2人の女性が牡蠣の山から牡蠣を1つずつ丁寧に殻を剥き、サイズごとに分別していました。普段スーパーで何気なく手にしている食材も、どこかの誰かがこうやって愛情を込めて育てているのだと気付かされ、改めて感謝の気持ちが芽生えました。

佐渡 牡蠣小屋〈あきつ丸〉
佐渡 牡蠣小屋〈あきつ丸〉
佐渡 牡蠣小屋〈あきつ丸〉
佐渡 牡蠣小屋〈あきつ丸〉
佐渡 牡蠣小屋〈あきつ丸〉
佐渡 牡蠣小屋〈あきつ丸〉
佐渡 牡蠣小屋〈あきつ丸〉
佐渡 牡蠣小屋〈あきつ丸〉
佐渡 牡蠣小屋〈あきつ丸〉
佐渡 牡蠣小屋〈あきつ丸〉
佐渡 牡蠣小屋〈あきつ丸〉
佐渡 牡蠣小屋〈あきつ丸〉

ついに楽しみにしていた牡蠣のフルコース。内容は牡蠣しゃぶ、殻付き蒸し牡蠣、牡蠣フライ、牡蠣の佃煮、牡蠣の味噌汁、牡蠣ごはん(大盛り)と、今までに食べたことのない贅沢な食べ方でぷりっぷりの獲れたての牡蠣を堪能しました。
牡蠣のシーズンは冬から春にかけて。牡蠣好きの方は、ぜひこのシーズンを狙って佐渡に訪れると、ぷりぷりの牡蠣が思う存分食べられるので、より満足のいく旅行になるかと思います。

このツアーを通して佐渡の魅力を沢山知ることができました。この記事を読んでくださった方にも、少しでも佐渡の魅力が伝わったり、次の旅行の計画をたてる際に、佐渡を思い出していただけると嬉しいです。

〈佐渡アウトドアベース〉
■新潟県佐渡市両津夷271
■0259-58-8081
■9:00 〜 19:00

公式サイト

〈Guest Villa on the 美一〉

公式サイト

〈早助屋〉

公式サイト

〈あきつ丸〉

公式サイト

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR