DSC_0161

それぞれのやりがいや思いをインタビュー。 「宇宙まわり」で働く女性たち。/ANAホールディングス 宇宙事業チーム・松本紋子さん Learn 2022.01.02

一見、男性ばかりなのでは?という印象を持たれがちな宇宙業界。実は多くの女性たちが生き生きと活躍しているという。宇宙にまつわる仕事をしている方の、やりがいや思いとは?今回は、ANAホールディングス 宇宙事業チーム・松本紋子さんにお話を伺いました。12月25日(土)発売Hanako1204号「幸せをよぶ、神社とお寺。」よりお届けします。

飛行機への熱い思いが、宇宙への扉を開いてくれた。

DSC_0161

航空会社〈全日本空輸〉を擁する〈ANAホールディングス〉で、宇宙事業を先導する松本紋子さん。「実は宇宙が大好きというわけではないんです」と打ち明けた彼女が、この事業に従事するようになったのは、「より安全に飛行機を飛ばしたい」という思いがあったから。

入社してすぐ配属されたのは、主にパイロットの飛行計画を練る運航支援の仕事。天気図を読み、どのルート、どの高度で飛ぶのが安全でエネルギー効率がいいかを考える仕事だ。羽田、成田、北京で運航支援を行う中で運航管理者の国家資格を取り、運航計画も作れるように。「大学では流体力学の勉強をしていて、翼の周りの空気の流れには興味がありました。飛行機が安全に飛ぶにはどうしたらいいか、考え続けています」

その後6年間は、パイロットのマニュアルを作る仕事に。各国の空港ごとに異なるルールをパイロットに共有するためだ。そのうちに、「衛星を使って、最適な飛行航路を見つけたい」と思い立つ。これを内閣府のビジネスアイデアコンテストに応募すると、見事大賞を受賞。その後すぐ、同年の2018年1月から開始したANAの宇宙事業化プロジェクトに専任として参加。

「飛行機をより安全に運航するために、宇宙を役立てる。」

最初は2人の専任担当から始まったチームだったが、2021年からはプロジェクトから事業チームに格上げ。より本格的な業務に就くことになった。

現在は、衛星データと飛行機が運航中に集めたデータを活用し、温室効果ガス観測や乱気流予測などの実現に向けて進んでいる。たとえば、これまで風のデータは気象衛星ひまわりから送られてくる2次元の情報しかなかった。衛星から3次元の風予測ができれば、より安全で正確な飛行計画が組めるかもしれない。

「最初の10年の運航支援業務がなければ、宇宙や衛星に目を向けることはなかったと思います。宇宙関連の仕事に就くとは予想もしませんでしたが、飛行機がとても親和性の高い分野だというのは発見でした」

飛行機の中は宇宙船内と環境が似ているともよくいわれる。「〈ポーラ・オルビスグループ〉と取り組む『CosmoSkin』プロジェクトでは、宇宙で使える化粧品を開発中です。実証実験には客室乗務員に協力してもらっていますが、地上でも水が使えない災害時などに需要があるかと」。発売は2023年を目指しているという。ほか、小型衛星打ち上げや有人宇宙飛行など事業は広範囲に及ぶ。「社内でも、もっとチームを広げていければいいなと思います」

飛行機と宇宙をつなげるヒントになる松本さんの参考図書。

DSC_0142

宇宙法入門書などの専門書に加え、立花隆の『宇宙からの帰還』、JAXAの機関紙『JAXA’s』を愛読。日向なつおの漫画『宇宙めし!』にはANAが登場するストーリーも。

Profile…松本紋子(まつもと・あやこ)

ANAホールディングス グループ経営戦略室 事業推進部 宇宙事業チーム所属。同社の宇宙事業のほとんどを管轄。

【BIOGRAPHY】
2008 ANAホールディングス入社。

2008-2009 ANA東京空港支店にて運航支援業務に従事。

2010 ANA成田空港支店にて運航支援業務に従事。

2011 ANA北京空港支店にて運航支援業務に従事。

2012-2017 ANAオペレーションサポートセンターフライトオペレーション推進部にて運航基準業務に従事。

2018-2020 ANAホールディングス デジタル・デザイン・ラボにて宇宙事業専任担当。

2021 ANAホールディングス グループ経営戦略室事業推進部 宇宙事業チームに。

(Hanako1204号掲載/photo : Shu Yamamoto, Wataru Kitao text : Kahoko Nishimura, Momoka Oba)

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR