IMG_2608

20年以上の知見を生かした〈焼肉トラジ〉の集大成! 世界3大珍味が彩る!〈焼肉excellent 銀座店〉の 「白トリュフコース」を実食レポ。 Learn 2022.01.05

〈焼肉トラジ〉が20年以上培ってきた焼肉に関する技術・目利き・開発力を表現する店舗として、「大人の焼肉」をコンセプトにした〈焼肉excellent 銀座店〉。そんな同店が2022年1月31日までの期間限定で、冬の時期に最高の香りと値段を誇る、“世界3大珍味”と“至極の逸品”で冬を彩る「白トリュフコース」の提供がスタート。早速味わいに行ってきました。

20年以上培ってきた〈焼肉トラジ〉の集大成!銀座で楽しむ大人の焼肉〈焼肉excellent 銀座店〉。

〈焼肉excellent 銀座店〉があるのは銀座中央通りのビルの7階。
〈焼肉excellent 銀座店〉があるのは銀座中央通りのビルの7階。
〈焼肉excellent 銀座店〉内観。
〈焼肉excellent 銀座店〉内観。

銀座駅から徒歩3分ほど、百貨店や高級店舗が並ぶ銀座中央通りに面した〈焼肉excellent 銀座店〉。陰陽五行の「木・火・土・金・水」をテーマにしたアートギャラリーと、焼肉を融合させたお店となっています。

同店の特徴は、各席に担当の焼き手が付き、部位に合わせて最適な焼き加減のお肉を提供してくれること。食用の肉全般に関する幅広い知識を有していることを認められた人が所有できる資格・焼肉ソムリエも在籍。同店舗では指名で予約することで、焼肉ソムリエがテーブルの専属の焼き手となり、最高の一枚を焼き上げてくれます。

アワビやキャビア、フォアグラまで!焼肉を高級食材と味わう「白トリュフコース」。

「白トリュフコース」30,000円。
「白トリュフコース」30,000円。

期間限定でスタートした「白トリュフコース」は、最高品質のトラジ和牛だけでなく、世界3大珍味の特徴を最大限に活かしたメニューと食後のドリンクがついた全13品味わえるコースになっています。

希少で高級な白トリュフとアワビを使ったリゾット。

「アワビの軽いリゾットアルバ産白トリュフの香りを添えて」。
「アワビの軽いリゾットアルバ産白トリュフの香りを添えて」。

焼肉で知られる韓国では最初にお粥が食べられ文化があるそうで、一品目は「アワビの軽いリゾットアルバ産白トリュフの香りを添えて」が登場しました。トリュフの中でも特に希少で高級な香り豊かなイタリア・アルバ産の白トリュフと、パルミジャーノチーズを削りかけ、アワビをトッピングしています。メニュー名はリゾットですが、お粥のようにお米が溶けており量もちょうどよく、前菜として申し分ありません。

「トラジ和牛サーロインの生ハム フルーツカクテルとベリーのソース」。
「トラジ和牛サーロインの生ハム フルーツカクテルとベリーのソース」。

2品目は「トラジ和牛サーロインの生ハム フルーツカクテルとベリーのソース」。埼玉県にある自社牧場で育てられたトラジ和牛のサーロインの生ハムで、賽の目になったリンゴやキウイ、柿などのフルーツを包んでいただきます。トラジ和牛サーロインの脂身に、フルーツの甘酸っぱさがマッチしていました。

「旬の海鮮と高知県産フルーツトマトのデトックスサラダ ハーブのドレッシング」。
「旬の海鮮と高知県産フルーツトマトのデトックスサラダ ハーブのドレッシング」。

3品目は「旬の海鮮と高知県産フルーツトマトのデトックスサラダ ハーブのドレッシング」。高知県産の甘いフルーツトマトにディルやセルフィーユ、タイムやローズマリーにビネガーオイルを混ぜ合わせたオリジナルハーブドレッシングをかけています。

特上タンはキャビアと柚子コチュジャンで食べ比べ!

「特選塩焼き2種 特上タン イタリアンキャビアと柚子コチュジャン」。
「特選塩焼き2種 特上タン イタリアンキャビアと柚子コチュジャン」。
焼肉excellent 銀座店
焼肉excellent 銀座店

4品目は、「特選塩焼き2種 特上タン イタリアンキャビアと柚子コチュジャン」。柔らかく弾力のある牛タンは一方を素早く何回もひっくり返しレアな火入れにしてイタリア産キャビアをトッピングし、もう一方はこんがりと焼き上げ、特製の柚子コチュジャンをつけて食べ比べるという一皿になっています。同じ牛タンなのに火入れと味付けで違った表情を見せてくれました。

シャトーブリアン×フォアグラという贅沢なロッシーニも!

「黒毛和牛シャトーブリアンとフレッシュフォアグラのロッシーニ仕立て」。
「黒毛和牛シャトーブリアンとフレッシュフォアグラのロッシーニ仕立て」。

5品目は、あのフランス料理をアレンジした「黒毛和牛シャトーブリアンとフレッシュフォアグラのロッシーニ仕立て」。低温真空調理を施したフォアグラはコンフィのようで、1頭の牛からわずかしか取れないシャトーブリアンと合わせています。シャトーブリアンはまずは一口そのままで。赤身のようでありながら、繊維質に上質な脂が潜んでいるようでやわらかな食感も魅惑的。その後フォアグラと合わせていただくことで味の違いを楽しめました。

「黒毛和牛サーロインの“焼き霜降り”海鮮のミルフィーユ 黒糖風味の煮切り醤油」。
「黒毛和牛サーロインの“焼き霜降り”海鮮のミルフィーユ 黒糖風味の煮切り醤油」。

6品目は「黒毛和牛サーロインの“焼き霜降り”海鮮のミルフィーユ 黒糖風味の煮切り醤油」。低温調理した黒毛和牛サーロインに、生のウニ、イクラ、ホタテなどの海鮮を包んでいただきます。トロッと濃厚な海鮮の味わいに、ジューシーな黒毛和牛サーロインが合わさりこってり贅沢な味わいです。

黒毛和牛ミスジの“すき焼き”には冬トリュフをトッピング!

黒毛和牛ミスジ。
黒毛和牛ミスジ。
ロースターで表面をサッと炙る。
ロースターで表面をサッと炙る。
割下を合わせ、冬トリュフをトッピング。
割下を合わせ、冬トリュフをトッピング。

「黒毛和牛と燻製キャビアのタルタルユッケ」に続き、8品目には「黒毛和牛ミスジの“すき焼き”冬トリュフの香りを添えて」が登場。黒毛和牛ミスジをロースターでサッと焼き、割下の入った鉄鍋ですき焼き風に仕上げ、最後に冬トリュフを削りかけた贅沢な〝すき焼き” です。割下には八丁味噌も隠し味に入っていてコクのある味わいで、とろけるミスジと相性抜群でした。

「コムタンスープで煮込んだトラジ和牛テールの炙り焼き 自家製ポン酢添え」。
「コムタンスープで煮込んだトラジ和牛テールの炙り焼き 自家製ポン酢添え」。

9品目は「コムタンスープで煮込んだトラジ和牛テールの炙り焼き 自家製ポン酢添え」。トラジ和牛テールの炙り焼きは、牛すじ煮込みのように筋までホロホロで濃厚な味わいなので、たっぷりと自家製ポン酢をつけていただくのがおすすめです。

「国産牛ハラミのステーキ冬トリュフ香るグレービーソース」。
「国産牛ハラミのステーキ冬トリュフ香るグレービーソース」。

10品目は「国産牛ハラミのステーキ冬トリュフ香るグレービーソース」。歯応えの良いハラミステーキに、冬トリュフ入りのグレービーソースを合わせており、さらに上からトリュフを削りかけています。

〆は、高級な魚介類と黒毛和牛ヒレ肉が乗った宝石箱!

「黒毛和牛ヒレ肉と海鮮の牛バラチラシ寿司“冬の宝石箱”」。
「黒毛和牛ヒレ肉と海鮮の牛バラチラシ寿司“冬の宝石箱”」。

締めは、その名の通り華やかな見た目をした「黒毛和牛ヒレ肉と海鮮の牛バラチラシ寿司“冬の宝石箱”」。白米の入ったお重に、ウニやエビ、イクラやカニなど高級な魚介類、黒毛和牛ヒレ肉があしらわれ、さらにキャビアまでトッピングされた贅のつくしようです。一口食べるごとにさまざまな素材の味を楽しめる、冬の味覚を詰め込んだ宝石箱のようでした。

「本日のデザート」。
「本日のデザート」。

食後の「本日のデザート」には、コーヒーまたは紅茶がつきます。この日は杏仁豆腐とマンゴーのプリンにフレッシュフルーツが数種類添えられていました。しっかりとお肉を食べた後なので、甘酸っぱいフルーツがありがたかったです。

20年以上〈焼肉トラジ〉が培ってきた知識と技術を活かしたメニューを展開する〈焼肉excellent 銀座店〉ならではの、豪勢なコース。新年のお祝いや、特別な日のディナーにいかがでしょうか?

〈焼肉excellent 銀座店〉
■東京都中央区銀座6-9-9 かねまつビル7F
■03-5537-7229
■11:00〜15:00(14:30LO)、17:00〜23:00(22:00LO)
■日休
公式サイト

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR