the sons  the great burger  ザ グレート バーガー 原宿

原宿で行列必至のバーガーショップの人気メニューがお取り寄せに。 〈THE GREAT BURGER〉のあの絶品ソーセージをご自宅で。 Learn 2022.01.14

原宿の超人気バーガーショップ〈THE GREAT BURGER〉が人気メニューのひとつである、ソーセージ「The Sons」のオンライン販売をスタート。“バーガー屋でありながらソーセージ目当てに来店するお客様が続出する”という噂の味わいを自宅でお試ししてみました!

お取り寄せしたソーセージはこちら。

「レッドホットチリペッパー」と「トロピカルマンゴーハラペーニョ」。
「レッドホットチリペッパー」と「トロピカルマンゴーハラペーニョ」。

「The Sons」は、全10種類のラインナップ。今回、チョイスしたのは「レッドホットチリペッパー」と「トロピカルマンゴーハラペーニョ」の2種類です。
他にもドライトマトとモッツァレラを混ぜ合わせた「サンドライトマト」や蝦夷鹿とクランベリーを組み合わせた「エゾジカクランベリー」などオリジナリティに溢れ、どんな味わいなんだろう?!と好奇心&食欲を刺激されるものばかり。

生ソーセージ「The Sons」をおいしくいただくコツは?

「The Sons」は新鮮な肉を生の状態で加工した生ソーセージ。商品は冷凍で届くので、解凍後しっかり火で加熱していただきます。商品は、店舗で提供しているものと全く同じもの。茹でたり、蒸し焼きにすると本来のおいしさにはならないので要注意です。冷凍で半年保存(長い!)が可能ですが、保存料を一切使用していないため、解凍後の賞味期限は冷蔵庫で3日間です。

食べる前日には冷蔵庫に。調理開始30分前から冷蔵庫から出して常温に戻しておきます。
食べる前日には冷蔵庫に。調理開始30分前から冷蔵庫から出して常温に戻しておきます。
弱火でじっくり両面を焼きます。
弱火でじっくり両面を焼きます。
オーブンがあれば、仕上げに200度に予熱したオーブンに10分ほどいれておけばよりおいしく仕上がるそう!
オーブンがあれば、仕上げに200度に予熱したオーブンに10分ほどいれておけばよりおいしく仕上がるそう!

「トロピカルマンゴーハラペーニョ」の味わいは?

the sons  the great burger  生ソーセージ 原宿

まず頂いたのが、「トロピカルマンゴーハラペーニョ」。味の想像ができない…と思いつつパクリと口に入れてみると、思わずうなるほどのおいしさでした。ハラペーニョの辛味とマンゴーの甘味が絶妙なコンビネーションで、粗びきのお肉のジューシーな味わいに何ともよく合います…!「これまでにないソーセージを作りたい」というオーナー車田篤さんの言葉通り、まさに新しい味わいのソーセージでした。

辛いもの好きにはたまらない「レッドホットチリペッパー」。

the

辛いもの好きにオススメと聞き、楽しみにしていたこちら。期待通りのピリッとスパイシーな風味と共に、お肉の旨味が口に広がり、これはまさにビールを呼ぶ味わいです!ただ辛いだけじゃない、粗びきのお肉の食感やジューシーさをしっかり感じるこの味わいは、ボリューム満点ながらも飽きずに最後のひと口まで「おいしい!おいしい!」と感動しながらいただけました。

ソーセージを食事のメインに。

圧倒的な存在感の「The Sons」ソーセージ。おいしくても、やや単調になりがちなソーセージのイメージを覆すグルメな味わいは、一度味わえば虜になること間違いなしです。ボリュームもさることながら、複雑な旨味を感じられるので、食べた後の満足感は十分。しっかり食べたい朝に、ビールのお供に、いろいろなシーンで楽しめそうです。

「トロピカルマンゴーハラペーニョ」はソテーしたほうれん草や目玉焼きと共にいただきました。病みつきになる味わいです!
「トロピカルマンゴーハラペーニョ」はソテーしたほうれん草や目玉焼きと共にいただきました。病みつきになる味わいです!
「レッドホットチリペッパー」はビールが恋しくなる味!パンに載せても美味でした。
「レッドホットチリペッパー」はビールが恋しくなる味!パンに載せても美味でした。

ソーセージの旨味を存分に味わう「ホットドックキット」も。

the sons  the great burger  生ソーセージ 原宿

ソーセージの旨味を最大限に楽しむならば、やはりホットドック!こちらの「ホットドックキット」もオンラインで購入可能になった商品です。ホットドックキットの内容はオリジナルバンズに、生ソーセージ、ザワークラフト、シューストリングポテト。こちらは2食分のセットになります。

the sons  the great burger  生ソーセージ 原宿

ホットドックのバンズはオーブントースターでも焼けますが、フライパンで焼いた方がおいしく焼けるそう。ソーセージは前回と同様にフライパンの弱火でじっくり焼いてオーブンで温めたら準備完了です。

バンズの切り込みは、フライパンで焼く前に入れておきます。
バンズの切り込みは、フライパンで焼く前に入れておきます。
ザワークラフトを敷きつめて…。
ザワークラフトを敷きつめて…。
ソーセージをオン!
ソーセージをオン!

名脇役のフライドポテトも準備。

フライドポテトは冷凍のまま180度の脂で3〜5分揚げます。
フライドポテトは冷凍のまま180度の脂で3〜5分揚げます。
カリカリのフライドポテトの完成!味見が止まりませんでした。
カリカリのフライドポテトの完成!味見が止まりませんでした。

完成!リピート必至の味わいです。

the sons  the great burger  生ソーセージ 原宿

お皿にポテトとホットドックを載せて完成です。口いっぱいに、バンズとソーセージを味わう喜びを噛みしめました!ソーセージの味がしっかりしているので、ケチャップやマスタードは最初はつけずに食べるのがオススメです。私もケチャップとマスタードを用意したものの、ソーセージが最高においしかったので、味わいを壊したくないなーと思い結局使いませんでした。フライドポテトも自分ではなかなか作れない、絶妙な味と食感にちゃんと仕上がっていて、感激。

お店の味わいをご自宅で。

the sons  the great burger  生ソーセージ 原宿

一度味わえば、その味の虜になる「The Sons」ソーセージ。10種類ある全ての味を、全部制覇してみたくなる人もきっと多いはず。この魅惑の味わいを、自宅で手軽に楽しめるのは嬉しいですね。

〈THE GREAT BURGER〉
■東京都渋谷区神宮前6-12-5 1F
■03-3406-1215
■11:30〜23:00(22:30LO)
■無休
■禁煙
公式サイト 
オンラインショップ

〈THE GREAT BURGER STAND〉
■東京都渋谷区渋谷3-21-3 渋谷ストリーム 1F
■03-6450-5332
■11:00~23:00(22:30LO)
■無休
■禁煙

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR