top42

内側からも外側からもアプローチ! 【Hanako女子におすすめ】疲れが溜まった心とカラダに。美しくなるデトックスアイテム9選 Learn 2018.02.08

体の中に老廃物や毒素がたまると、肌や体に悪影響が…!内側と外側からしっかりアプローチして気持ちのいい体を手に入れる、デトックスアイテムをチェックしよう。オススメアイテムをご紹介。

定期的な毒出しが必要!

224

〈CLEANSING CAFE〉のレギュラークレンズセット

体内を洗浄し、高いデトックス効果が期待できるジュースクレンズ。消化器官を一時的に休ませることで、内臓機能の回復、疲労回復が期待できる。ビギナーには利尿・整腸作用が高い、にんじん、きゅうり、ジンジャーをメインにしたセットを。要予約。9,000円

128

〈ラ・サロルジュ・ドゥ・ラ・ヴェルトンヌ〉のソルト

フランス西部のオレロン島で濃度が高くなった塩田から結晶を丁寧にすくいあげて作った塩はミネラルを豊富に含み、一般的な塩よりも風味豊か。余計な味付けをしなくても、料理が数段おいしくなる。

(A)3種類の胡椒入り海塩 700円、(B)塩の花 940円

74cf41e046916325b2b86dc6fd20d178

C.〈ニールズヤードレメディーズ〉のボディケアブラシ

太ももや二の腕など体を強めにマッサージできる木製突起面と入浴前のスキンブラッシングができる天然毛ブラシが1 本に。スキンブラッシングは代謝があがるので朝起きた時にするのも効果的。2,200円

D.〈ケアオブヤード〉のリンゴンベリーマッサージオイル

野生のベリーを原料にスウェーデンのラップランドの美しい水を配合した100%天然由来のオイル。デトックス効果が高いコショウ種子のエッセンシャルオイルを配合。大人ニキビに悩むオイリー肌の人へも。5,500円

E.〈ナガエプリュス〉のコリネットリンプ

富山県高岡の鋳物職人が作るリラクゼーションツール。持ちやすさ、使いやすさを追求した独特のカーブが全身にフィット。軽くて錆びにくいアルミニウム製。お風呂でも使用でき、汚れたら洗えるので衛生的。5,000円

dd930fab9c32d46fd8b3a8a96bb6b99a

F.〈ブッシュフラワーエッセンス〉のセンシュアリティミスト

古くからアボリジニも使うというオーストラリア原生の花、ブッシュフラワーをエッセンスに凝縮したミストはルームフレグランスとして使用。心を解きほぐすような甘い香りで、自分の気持ちを素直に表せる効果があるとか。3,000円

G.〈パッチフラワーエッセンス〉のファイブフラワーナチュラルクリーム

配合成分はすべて自然由来のもので作られたクリーム。肌をいたわる効果に優れたカレンデュラを配合し、敏感肌の人も安心して使える。モイスチャライザーやハンドクリーム、ボディクリームとして使用できる。肌トラブルなどにも効き目があり、乾燥が厳しくなるこれからの季節に1 本あると心強い。3,100円

H.〈ファイブフラワー〉のレスキューレメディ

植物のエネルギーでメンタルを整える自然療法=フラワーエッセンス。直接飲むことで心身の平穏を保つ効果が期待できる。5種類のフラワーエッセンスがブレンドされたレスキューレメディはその名の通り、緊急時やパニックに陥った時に使うと効果的。2,500円

(Hanako1123号掲載photo:Tetsuo Kashiwadastyling:Tomomi Nagayama text:Mariko Uramoto)

こんな記事もおすすめ!
☆上質なキッチングッズ6選はコチラ!
☆中身も見た目も可愛いギフト・手土産はコチラ!
☆冬に取り入れたいファー小物6選はコチラ!

Videos

Pick Up

SPpeachPeachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅。2021年に世界自然遺産に登録された鹿児島県の奄美大島。一年を通して比較的温暖で豊かな森も美しい海も楽しめ、旅先に選ぶ人が増えています。 簡単におさらいしておくと、奄美大島は鹿児島本土と沖縄の間の洋上に浮かぶ離島。加計呂麻島や徳之島、沖永良部島など周辺の島々を合わせて奄美群島と呼び、フェリーや飛行機を使って群島ホッピングも可能です。 そんな奄美大島、いざ行くとなると「アクセスが良くなさそう」「航空券も高くなるのでは」と心配の声が聞こえてきますが…。大丈夫です! 日本のLCCを代表するPeachなら、奄美への直行便があるのです。成田空港から約3時間、関西空港から約2時間、そして(時期にもよりますが)片道4990円からとリーズナブル。これは、躊躇していたら損!Travel 2023.02.28 PR
サントリーvol3SP文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.3「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2023.02.28 PR
サントリーホールのオルガンは、オーストリアのリーガー社謹製。職人たちが1年がかりで手作業で作ったパイプをはるばる船で運び、半年かけて設置したのだとか。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.2「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2023.01.27 PR
記事3_top_1Peachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅③ | 絶景サンセットから、夜の森でアマミノクロウサギに遭遇!絶滅危惧種を含むユニークな動植物が数多く生息する鹿児島県の奄美大島。奄美群島のひとつである徳之島、沖縄島北部、西表島とともに2021年に世界自然遺産に登録され、海外からも熱い視線が集まっています。 サンゴを育む奄美ブルーの海と白砂がまぶしいビーチ、アマミノクロウサギをはじめとする天然記念物も暮らす亜熱帯の森やマングローブの原生林。地球の宝ともいえる、奄美ならではの美しい自然を味わってみませんか? 奄美大島は「アクセスが良くない」というイメージもありますが、LCCのPeachが運航する直行便なら、成田空港から約3時間、関西空港から約2時間。そして時期によっては片道4,990円からとリーズナブル! “遠い楽園”が身近になるPeachの直行便で奄美大島2泊3日の旅に出たのは、ハナコラボパートナーであるフォトグラファーのもろんのんさん。今回はサンセットの名所と森のナイトツアーを体験した絶景&アクティビティ編をお届けします。 公式サイトはこちらTravel 2023.03.14 PR
記事2_top_1Peachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅② | とれたての海鮮丼から、島唄居酒屋で歌って踊って!?2021年に世界自然遺産に登録された鹿児島県の奄美大島。一年を通して比較的温暖で、豊かな森も美しい海も楽しめ、「沖縄より混雑していない」ことでも注目されて、旅先に選ぶ人が増えています。 簡単におさらいしておくと、奄美大島は鹿児島本土と沖縄の間の洋上に浮かぶ離島。加計呂麻島や徳之島、沖永良部島など周辺の島々を合わせて奄美群島と呼び、フェリーや飛行機を使って群島ホッピングも可能です。 そんな奄美大島、いざ行くとなると「アクセスが良くなさそう」「航空券も高いのでは」と心配の声が聞こえてきますが…。大丈夫です!日本のLCCを代表するPeachなら奄美への直行便があるのです。成田空港から約3時間、関西空港から約2時間、そして(時期にもよりますが)片道4,990円からとリーズナブル。これは、躊躇していたら損! そこで、ハナコラボ パートナーである藤井茉莉花さんが奄美大島2泊3日の旅へ。 奄美に魅せられて移住し、現在は多拠点でライターや通訳士として活動する藤原志帆さん(https://enjoy-amami.com/)に教わったおすすめスポットをまわります。 今回は海鮮丼、島唄割烹、お土産のセレクトショップなど、グルメ&お買い物編をお届けします。 公式サイトはこちらTravel 2023.03.07 PR
記事1_top_1Peachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅① | 島とうふにスパイスカレー、超地元スーパーでおかいもの。2021年に世界自然遺産に登録された鹿児島県の奄美大島。一年を通して比較的温暖で、豊かな森も美しい海も楽しめ、旅先に選ぶ人が増えています。 簡単におさらいしておくと、奄美大島は鹿児島本土と沖縄の間の洋上に浮かぶ離島。加計呂麻島(かけろまじま)や徳之島(とくのしま)、沖永良部島(おきのえらぶじま)など周辺の島々を合わせて奄美群島と呼び、フェリーや飛行機を使って群島ホッピングも可能です。 そんな奄美大島、いざ行くとなると「アクセスが良くなさそう」「航空券も高いのでは」と心配する声が聞こえてきますが…大丈夫です! 日本のLCCを代表するPeachなら、奄美への直行便があるのです。成田空港から約3時間、関西空港から約2時間、そして(時期にもよりますが)片道4990円からとリーズナブル。これは、躊躇していたら損! そこで、ハナコラボ パートナーでフォトグラファーでもあるもろんのんさんが奄美大島2泊3日の旅へ。 奄美に魅せられて移住し、現在は多拠点でライターや通訳士として活動する藤原志帆さん(https://enjoy-amami.com/)に教わったおすすめスポットをまわります。 まずは、島とうふの定食にスパイスカレー、超地元スーパーでショッピングなど、グルメ&お買い物編をお届けします。公式サイトはこちらTravel 2023.02.28 PR