top37

お風呂やリビング&ベッドルームで毎日使いたい 【Hanako女子におすすめ】デイリー使い×身体を芯から温めるぬくぬくグッズ9選 Learn 2018.02.07

寒さが厳しくなるとなかなかベッドから抜け出せない。そんな冬を乗り越える秘訣は、ぽかぽかアイテム。毎日使いたくなる、グッドルッキングなぬくぬくグッズを厳選して紹介します。

バスルームで使いたい!

126

1.〈ハンスグローエ〉のシャワーヘッド(右)

ドイツの老舗シャワー&水栓金具ブランドが世界で初めて“エア入り”のシャワーを開発。自然の雨のようなやわらかなシャワーは水一粒あたりの表面積が大きいので、じんわりと体を温める。21,000円

2.〈木頭柚子〉のゆず湯(左)

柚子で有名な徳島県那賀町木頭地域。柚子を使った醤油やみそ、マーマレードなどさまざまな商品を作っていて、この時期はゆず湯が特に人気。農薬・化学肥料を使わず栽培した柚子を搾った後の皮や種を乾燥させ粉砕してパックにしたゆず湯は、血行を良くし、冷え性に効果的。864円(30g×5パック)

222

3.〈Kashwére〉のフード付きショートローブ

柔らかな風合いと素材のクオリティの高さで多くのセレブをトリコにしてきた〈カシウエア〉。ソフトな肌触りはまるでカシミアのよう。寒い冬は頭まですっぽりかぶれるフードタイプがおすすめ。26,000円

リビングであったまろう

323

4.〈The Tastemakers & Co.〉のウールブーティー(右)

足元からくる寒さをしっかり防ぐためにはルームシューズにもきちんとこだわりたい。100%ウールのルームシューズは軽くて温かく、吸湿性に優れているので蒸れにくい。写真のナチュラルカラー以外にライトグレー、濃いグレーの全3色展開。6,000円

5.〈Dyson Pure Hot +Cool link〉(左)

冬はヒーター、夏は冷風機として使え、さら
に空気清浄機能もついた一年中大活躍の一台。専用のアプリをダウンロードすればスマートフォンでリモコン操作ができる。ベッドの中からも外出先からも操作ができ、帰った瞬間から暖か。ナイトモードも搭載し、就寝中は風量を抑えて音が静かに。72,800円

オースキン

6.アルパカファーのテディベア(右)

アルパカの原毛を使ったぬいぐるみは1 点ずつ手作り。表情や毛色など個体差があり、それもご愛嬌。子どもだけでなく、大人の女性も癒されること間違いなし。〈la kagu〉10,600円

7.〈オースキン〉のクッション(左)

柔らかな毛並みと弾力が心地よいクッションはオーストラリアのムートンメーカー。〈オースキン〉製ならではのクオリティ。適度に放湿するので蒸れにくく快適。赤ちゃんのいる家庭も安心して使える。一番人気は定番のアイボリー。10,000円

ブランケット

8.〈天の製茶園〉の生姜紅茶(右)

熊本県水俣市、標高約600m以上の山頂にある〈天の製茶園〉は無農薬・化学肥料不使用でお茶の栽培に取り組んでいる。特に女性に人気なのが生姜紅茶。650円

9.〈シルケボー〉のブランケット(左)

デンマークのテキスタイルメーカー〈シルケボー〉のブランケットはスウェーデン北部の島にのみ生息している羊の毛で作られている。軽くて、ふんわり柔らか。15,000円

(Hanako1123号掲載photo:Tetsuo Kashiwadastyling:Tomomi Nagayama text:Mariko Uramoto)

こんな記事もおすすめ!
☆上質なキッチングッズ6選はコチラ!
☆中身も見た目も可愛いギフト・手土産はコチラ!
☆冬に取り入れたいファー小物6選はコチラ!

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR